2017年05月23日

忘却するなら適当に

昼寝研究所寝言レポート#1158

いつも通り昨日の日記は何を書いたっけと思って見てみたらありゃなんとアップし損ねているようでべつに酔っ払っていたわけでもないのにきっとタイトルを入れ忘れてエラーが出ているのにアップが終わったと思ってふふふふーんなどといい気になっていたに違いありませんと己の失敗を適当に分析しながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

そうそう、田中圭一先生の『うつヌケ』ですが、なんと、Kindle版はオールカラー!
おお、これぞ電子書籍ならではのサービスです。
あ、そうか。いまから昨日今日と二日ぶんまとめて日記をアップしようとしているんだから、こっそり上の二行を追加しておこう。
でも間違えて三行コピーしたりして。

=====================

TSUKUMOもゲーミングPC出していたんか……G-GEARシリーズ。
mouseコンピュータのG-Tuneと区別がついていませんでした……

というわけで、本日もゲーミングPCのことばかり考えていてどうしたもんかなあと。
これはもう他の事が手につかない状態。

うーむ、新作小説を進めるためにも買わざるを得ないのでは……
こうして責任の所在をぼやかしながら、飽くまでも自分は被害者であるという立場をさりげなく主張しながら、こう、なんというか狡猾に立ち回っていくわけです。これで間違いなく自分は騙せそうです。などと適当に分析しながらお送りした寝言日記でございました。

=====================

昨日2017年5月22日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は4冊でした。
既読ページ数は1471ページ。ありがとうございました。

まあ、そうはいいつつ今日は帰りの電車の中で小説書いていました。
今回のネタはアレとアレしかないような……うわ、内容の薄い話だなあ……
……まあ、どれもそうか。

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい




posted by Red56 at 23:19| Comment(0) | 日記

意表を突かれた話題作『うつヌケ』

昼寝研究所寝言レポート#1157

いつも通りどんなそよ風にだって心流されてふらふらしながらお送りする寝言日記でございます。

==================

はい。読みました。
優しい絵柄のお下劣マンガ家として不動の地位を築いている田中圭一先生の話題作『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』を!

田中先生の作品に初めて触れたのは週刊誌か月刊誌で昆虫を擬人化した下品なマンガでした。
その後も何作か読んだことはありますが、もうバカバカしいやら下らないやら。
それがクセになるという恐ろしさ……

さて、そんな先生が、実は十年ばかしうつ病になっていたというのです。
このマンガは田中先生、そして他の様々な人のうつ病の長く暗いトンネルを何とか生きて出られた人達の体験&インタビュー集です。
と言っても、うつ病は一生続くことが多いので、田中先生はいまでもぶり返しに苦しむことがあるそうです。
どん底、そしていまの状況をどうやったら切り抜けられるのか。
人それぞれの貴重な経験談が語られております。

おお、スゴイ。
マンガでここまで描けるんだ。
内容は重いのですが、そこは田中圭一ワールドなので、すらすらと読めます。

いやあ、これはどれだけ多くの人を救うことか。
スゴイ作品です。

そして、近所の本屋の売れている本の第四位に入っていました。
おお、すごい……

なんと! 今年の1月に出た本ですが、レビューがすでに204件!

そして、星一つを付ける人達もいます。
うつには色々なカタチがあるという、この本にも書かれていますが、その通り。
この本が役に立つ人もいれば、まったく役に立たないと思う人もいるわけです。



そして、この作品に感謝する人達が次に手にするのが『神罰』になるわけですね……

==================

いやあ、今日はもうこの本の話だけでよしとしましょう。
そうそう、田中圭一先生の『うつヌケ』ですが、なんと、Kindle版はオールカラー!
おお、これぞ電子書籍ならではのサービスです。
あ、そうか。いまから昨日今日と二日ぶんまとめて日記をアップしようとしているんだから、こっそり上の二行を追加しておこう。

昨日2017年5月21日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は4冊でした。
既読ページ数は1881ページ。ありがとうございました。

あ、やばい。今日は電車の中でうつヌケを読んでいたので、小説がまったく進んでおりません……
まあ、この本のおかげでちょっと楽になったからよしとしましょう。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい

2017年05月21日

今日のブログが何回目かわからない人に耳寄りな情報

昼寝研究所寝言レポート#1156

いつも通り鉄砲町イオンの3Fの吹き抜けそばのソファに座って2F1Fを行き交うちっぽけな人々を見下ろしながら尊大な感じでお送りする寝言日記でございます。

==================

いろいろと迷うことがありますが、その一つは米国のLenovo製品との値段の差です。
いえ、買うつもりはありませんよ。
でも、例えばわたしが「もし、この中で一つ手に入るならどれにする?」と修学旅行の布団の中でその日のあわただしいスケジュールによる心地よい疲れに包まれつつ多くの級友と同じ部屋で寝るという状況にやや興奮した状態で質問されたとしましょう。ここではそれなりに真剣に考えた方が盛り上がるというものじゃないですか。
まあ、修学旅行って数十年も前なので記憶は一切残っていませんが。
で、気になるのが値段の差。

USでは直販のLegion Y720の最低価格が$1029.59から。1$=\115としても118000円ほどですよ。
日本ではLegion Y720は149850円から。どちらも常時適用されているクーポンでの値引き後の値段です。
ああ、いまスペックを比べたら、日本の方が最安値の構成でもちょっとメモリが多いんですね……
USの方は四つの構成で製品を選べて、そのうち一つはカスタマイズ可能ですが、日本は二つしかモデルがなくて、カスタマイズ不可。
うーむ……なぜ……
もしかすると、いまは日本モデルで4Kディスプレイが選べないから、それが準備できればカスタマイズ可能になるのかもしれません。

日本モデルとまったく同じにできませんが、メモリを同量、HDDの容量がちょっとUSの方が多い状態にしても$1185.59です。

まあ、それだけです。
買うわけではないので、ちょっと気になったと。

==================

今日気がついたショックなこと。

いよいよ『カラスは真っ白』の曲を繰り返し聞くようになってきました。
Amazonプライムミュージックで聞けるアルバムの発表順が気になってWikipediaでカラスは真っ白を調べたら……
最初に『2010年から2017年まで活動していた日本のファンクポップバンドである。』と説明が。

……あれ?
もう活動していないような書き方だな……

と思って詳細を調べたら……

今年の三月で解散していました!

がーん。

それでか。

それでプライムミュージックで聞けるようになったのか!

……というわけで、明日からもまた彼等の曲を聴き続けますが、ちょっとむなしい感じがすることは否めません。

==================

はっ!
また色々とゲーミングPCのことを調べていたらもう23時を超えていました……
まあ、こういう時間が楽しいというか充実しているわけですよ。
突如購入候補に躍り出たFX502VM-FY324Tの日本語キーボードの画像がどこにも出ていない……

==================

昨日2017年5月20日の自作Kindle有料版ダウンロード数は5冊。無料版は1冊でした。
既読ページ数は1033ページ。ありがとうございました。
おお、ぎりぎり1000ページ超えです。

この二日で少しは進みましたが……まあ、ちょっとずつしか進めないのです。

そういえば今日はこのブログの1156回目。
いい五郎と覚えるといいかもしれません。

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
posted by Red56 at 23:20| Comment(0) | 日記

2017年05月20日

まあ、何もなくてもいいじゃない

昼寝研究所寝言レポート#1155

いつも通りゲーミングPCのあれやこれやを見ているうちにもう自分が何をしたいのかもわからなくなってきてありゃーこれはいったいどうしたものかと途方に暮れたまま一日の終わりを迎えつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

なんかですね……
まあ、ゲーミングノートのスペックをあれこれ見ていて、もうなんかどうでもよくなってきました。
新しいMacBook Proの15インチにRadeonの新しいヤツが組み込まれていたら、もうそれでいいと。

……まあ、25万円ぐらいしそうですが……
むむ……やっぱり高いなあ……

実は、LenovoのゲーミングPCであるLegionシリーズが一番有力な候補で……
あ、別に買わないですよ。でも、もしも買うとしたら、万が一手に入れるとしたら、どれがいい?
という単なる机上のクーロンです。
で、DellのInspironのゲーミングモデルはヤマダ電機で実物を見ました。
が、Legionシリーズは店舗に並んでいるのを見たことがなかったのです。
調べてみると、ネットの通販以外にLenovoのカスタムショップでもゲーミングノートの購入ができるらしいと。
そして、それは難波のビックカメラにあると!

さっそく電話してLegionノートを触ることができるのかと聞いてみたら……
「在庫は一切ありませんが注文はできて、それを受注生産で作ってお届けするという仕組み」だそうで……
ってことはどこでも触ることができないということですかね?
と訊ねたら「たぶん、どこにも置いていないと思います」とのこと。

……なんじゃそりゃ〜

=====================

今日は午前中に買い物に行きました。
カレー作りました。にんじんじゃがいもタマネギたっぷりです。
久しぶりにスプラトゥーンやりましたが、まったく下手で驚きました。
これでゲーミングPCとか言っている自分がもはや哀れにすら思えてきました。

が、愛聴しているポッドキャストbackspace.fmのB-side #103で、PC用リュックやらプロデュースをしているいしたにまさきさんがdrikinさんとゲームというものについてサラッと良いことを言っていて、まあ、要するに世界でも突出しているスゴい技術をハード込みでわずか数万円で体験できるというのは贅沢なことであると。
で、drikinさんもゲーミングPCの優位性を以前から熱く語っていて、でもわたしはPCは小説を書く道具であるという認識だったのですべてスルーしてきたわけです。
ところがここへきてdrikinさんが2台目のゲーミングノートPC買おうかなあとおかしなことを言っているのさえ心強いと思ってしまっているという……
パーソナリティ及びリスナーの散財で盛り上がるという危険なポッドキャストです……

=====================

まあ、そんな感じで特に何をするでもなく過ぎていったような一日でした……

昨日2017年5月19日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は6冊。
既読ページ数は1756ページでした。ありがとうございました。

小説はいま70枚ぐらい。やばい。1/4ぐらいしか進んでいないぞ……

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
posted by Red56 at 23:29| Comment(0) | 日記

2017年05月19日

おお、例のアレに10件目のレビューが!

昼寝研究所寝言レポート#1154

いつも通り朝にコンビニで自動車の重量税をコンビニで支払って便利になったなあとほくほくしながら昼にはSwitchのスプラトゥーン2同梱モデルを予約しようとヤマダ電機へ行ったら予約時に全額支払う必要があってケイタイdeクレジットではNGと聞いて愕然としていたら店員が特別に消費税分だけでも予約できますと言ってくれたけど朝に従量税払った財布には1000円しかないからムリです明日来ますと言ったのが昨日で今日改めて全額支払う準備をしてヤマダ電機に行ったらもう昨日の夕方で予約定員に達したと言われて難波の街を涙に暮れて這いずり回りながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

そんな哀しさを紛らすには素晴らしい映像しかない。
ペイモとかいう割り勘アプリのCM映像だけど、そんなことはどうでもよくて、ここまでスゴいこだわりを見たらもう楽しい溜め息しか出てこないっす。



=====================

そして、夕方に気がつきました。
もう一つ嬉しいことが!

なんと拙著『青い月夜の特別なこと』に10件目のレビューがつきました〜!
自作Kindle本は全部で13冊(うち日記1冊)ですが、初めてレビュー件数が二桁に。
ありがとうございました!

あまりこういった作品は読まないけど、無料なので読んだらおもしろかった、というような短い感想。
好きなジャンルではないけど、オモシロい。
これは読みたくなるに違いない!
まあ、普段は無料じゃありませんけど。

というわけで、Switchショックから完全に立ち直りました。

まあ、レビューは前触れもなく消えることがありますから、油断はできないのですが……



=====================

六花抄を本日最後まで読みました。
このお話ができる切っ掛けになった最後の章を読み終えて……

あれ?

これって……こんなにわかりにくい話でしたっけ?

うっひゃー、ぼんやり読んでいたらよくわからないままに終わりますよ〜

ヤバイ。
そうか……このわかりにくさ。

うーむ……

何が起こっているのか、起こったのか、知っているはずのわたしでもちょっと置いてきぼり食らった感じでした。

最初の方よりも最後の章にちょっとした修正が必要かと。

まあ、もともと最後の章が短編として存在していて、そこから膨らませた話なのですが……

……考えます。

=====================

昨日2017年5月18日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は2冊。無料版は7冊でした。
既読ページ数は1740ページ。ありがとうございました。

新作は今日も1000字ぐらい進みました。
話が一向に進展しませんが……

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・LenovoのLegionは実機がどこにもない!

posted by Red56 at 23:29| Comment(0) | 日記