2017年10月18日

それは何の値段かと

昼寝研究所寝言レポート#1306

いつも通り新しいSurface Book Pro 2の発表記事を見てそのプロっぷりに惚れ惚れしつつもすぐに日本では肝心の15インチ発売がないと知って惚れ惚れした分だけ落胆も大きくぎゃぎゃーっと叫んでしまいたいところを大人なのでため息をそっと吐き出したらアドバルーン三つ分ぐらいになってしまって二酸化炭素では空に浮かべることもできないのでなんとか湯船に隠しつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

で、日本では13インチのみ発売。
https://www.microsoft.com/ja-jp/surface/devices/surface-book-2/overview
これにもNVIDIA GTX 1050が搭載されるモデルがあって、それはそれでありがたいのですが……15インチはGTX 1060が搭載されているという……あの薄さで。廃熱処理は大丈夫なのでしょうか。まあ、MAX-Qであれば処理を遅くして、という対応になるのでしょうか。

ここは13インチにも1060を載せてほしかった。

別に1050でもいいんですよ。13インチというあの筐体にそれだけのモノが入っていると考えれば、それで十分にクールです。

ただ、値段が……税込み262,224円。
おお、なんてことだ。2が多すぎる! じゃなくて高すぎる!
米国では$1,999ですよ。ちょっと為替レート無視しすぎじゃないですか……
これが199,800円だったら、かなりリアルに欲しくなります。しかし、26万円って……

まあ、これが発表されたことで、他のメーカーも「GTX 1060でここまで薄くできる」ということを意識せざるを得ないかと(除く日本のメーカー)
特にXPS 15あたりが気合いと共に1060を積んできたりしないかと期待です。

Microsoftの発表ではMacBook Proとの比較がされていたとどこかに書いてありましたが、Appleはこれをどう思うのでしょう。
年末のiMac Proの発売と共にGPUをアップデートしたMacBook Proが出ると信じているのですが……

=====================

さて、本日からWindows 10のFall Creators UpdateがWindows Updateで可能になったようです。
とりあえずGPD PocketとASUS TransBook T90 Chiをアップデート。と思ったらGPD Pocketは失敗しているのか?
Chiだけ早々とアップデート完了しました。

いまGPD Pocketは再々挑戦をしていますが……「更新プログラムをインストールする準備をしています64%」で長い間止まっているようです。

あ、ちょっとよそ見をしていたら65%になったぞ。
何分かかっているんだか……

=====================

おお『刻刻』がアニメ化。
http://kokkoku-anime.com/
最終巻を読む前にKindle版購入を決意して紙の本を売り払ってしまいました。
で、結局Kindle版を買っていないという……
蔵書電子書籍化に犠牲は付きものなのです。

来年1月からAmzonプライムビデオで配信されるらしいから、これで最後まで見るか。

=====================

今日、昼休みに大阪日本橋へ向かって歩いていたのです。
難波パークスとオタロードの間にごちゃごちゃと色々なビルがあるのですが、つい最近まで古い下宿があったのです。
まさに男おいどんの舞台になってもおかしくないような木造の。
ここ二ヶ月ぐらいで壊されて、ああ、また一つ古いものが失われてしまったことよ、と思っていたのですが、あっという間に新しい建物になりました。
いくらなんでも早すぎると思っていたら……
なんと建物の壁は綺麗に生まれ変わりましたが、骨格はそのまま。
古い窓なんかはそのままリサイクルされているのです。
変色した木枠の窓が真新しい白い壁に規則正しく並んでいるという、なんだかいい感じです。
これはこれでお洒落なのか。

で、その近くの道端でおっちゃんが果物を並べて売っていたのです。
梨やらミカンやら。
値札もボール紙に油性ペンで手書きです。
で、プラスチックのバケツに山盛りにミカンが入っており、その前にボール紙。そこには『バケツ 500円』とあります。
いやいやいや、そこは『ミカン 500円』でしょ?
バケツはあくまでいれ物でしょ?
心の中で激しくツッコミを入れつつ通り過ぎました。

=====================

というわけで昨日2017年10月17日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版も0冊でした。ぎゃぎゃーっ!
既読ページ数は369ページでした。ありがとうございました。

あ、先月のロイヤリティ合計が出てるぞ……8532円!
減っている! これが平均ならば税金の心配をしなくても済むのになあ……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』読みました
posted by Red56 at 23:25| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

iPad, iPad mini, BABY DRIVER, アラーム

昼寝研究所寝言レポート#1305

いつも通り夜になったら雨が上がっていたのでちょっと楽だな〜と思いつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

昨日職場で非常階段から足を滑らせて落っこちて救急車で運ばれた社員がいたのですが、全治三ヶ月という大けが。
雨が降っていなければそんなことにもならなかったと思うのですが、実に人の運命は容易く変わってしまうものです。

=====================

iPad miniから消したKindleアプリは、特に何もしなくてもちゃんとインストールできました。
ああ、よかった。

とはいえ、あまりに遅いので何とかしたいところではあります。

選択肢としては
三世代前のCPU A8を積んだiPad mini 4を買う(128GB 税抜き45800円)
二世代前のCPU A9を積んだiPadを買う (32GB 税抜き37800円)
そんなところかと。

Androidのタブレットは……ないな。
今日もちょっとヤマダ電機で在庫チェックして心揺れ動いておりました。
展示されているものを動かすと、どちらも快適です。どちらも欲しいです。

で、なぜiOSを選ぶのかというと、まあ、Appleという会社が何億台も売れている自分の製品のために全力で作っているOSだからです。

Androidにここまでの覚悟は……
いや、わたしが日頃使っているのはAndroidのZenPhone2ですし、microSDも使えますし、アプリを入れるのも楽ですし、音楽だってPCに繋いで簡単に入れることができます。この気軽さがとても好きです。

が、まあ、それぞれの端末を出す会社で自由にアレンジを加えることができるため、使い方がマチマチなのです。
Nexus5のアラームはちょろっと出てくるミニメニューで『あと少しで鳴るアラームを予め止めておく』ことができたのです。これがちょっと早めに目が覚めたときなどにとても便利だったのですが、いまのZenFone2には一切そんな機能はありません。

まあ、そんなことがあるので、とりあえずiOSの新しい転換期を迎えたという現時点で触っておかなければと思っているわけです。

=====================

最新のbackspace.fm経由で知ったBABY DRIVERという映画の予告(冒頭6分)を見てちょっとシビれました。
公開はこの夏だったようですが……見たかった。



=====================

というわけで昨日2017年10月16日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は4冊でした。
既読ページ数は413ページでした。ありがとうございました。

サマータイムリバースの修正は滞っております。
六花抄は……これ、オモシロいなあ……頭の中で全体を知っているからオモシロいのでしょうか。わからん。
でも、何人かこの作品を高く買ってくれている人もいるので、もうそれで良しとしましょう。
もちろんちょっとわかりやすく修正するという作業は進めますが。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』読みました






posted by Red56 at 23:10| Comment(0) | 日記

2017年10月16日

『Once Upon A Time Machine』のサゲのうまさ

昼寝研究所寝言レポート#1304

いつも通りなくなったと思っていたiPad miniがやっぱり家の中からひょっこり見つかってうれしいやらちょっとがっかりやら複雑な心持ちでお送りする寝言日記でございます。

=====================

ああ、眠い……
いろいろあって結局のところ眠いのです……
もう23時になってしまう……

=====================

えー、引き続き広瀬正先生の『タイムマシンのつくり方』を読んでおります。紙の本で。
これ、全部紙で持っているんだっけ……忘れました。

で、二作目の『Once Upon A Time Machine』ですが、これが短いながらも『親殺しのタイムパラドックス』に挑んだ意欲作。
未来の世界でタイムマシンを作り上げた青年が、このパラドックスを確認すべく自分の先祖を殺しに来たところから話が始まります。
殺されると聞いた『私』は当然そんな話を受け入れるわけにはいきませんが……
落語のような見事な終わり方。まったくなんの矛盾もなく綺麗にまとめ上げていて、お見事。やられた、という感じです。
これ、何故かずっと小松左京先生の短編だと思っていました。
『タイムマシンのつくり方』に入っているのを見て大いに安心しました。

続いて『化石の街』です。
こちらはアメリカを舞台に、とある青年が迷い込んだ田舎の町での不思議なできごと。
奇想のすごさ。描写のうまさ。乾いた感じがどことなくブラッドベリの作品を思わせます。



=====================

はい、本日はヒジョーに短いですが、これまで。
というか、初代iPad miniからうっかりKindleを消したら、App Storeからインストールできない問題が発生中。
どうなっとるんじゃ……

=====================

あ、それからいつかの小説の続きを望む声が、結局1件きりですよ……
へへ……なんとなくオイラそんな気がしていたんだ。もちろん平気さ、たった一人きりであのロクでもない街で生きてきたんだぜ。

というわけで昨日2017年10月15日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は10冊でした。
既読ページ数は989ページ。ありがとうございました。

また六花抄を地味に修正しております。サマータイムリバースが停滞中……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』読みました
posted by Red56 at 23:45| Comment(2) | 日記

2017年10月15日

贅沢な作品でした『がらくたストリート』

昼寝研究所寝言レポート#1303

いつも通り素晴らしいマンガが突然終わってしまう事への虚しさに深い溜め息と寝息を交えつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

はい、昨日も紹介した山田穣(やまだ みのる)先生のマンガ『がらくたストリート』最終3巻読みました。
おお、何でもなく終わっていった……
とはいえ、作者は3巻の単行本化にあたって80ページほど描き下ろししているそうです。

たくさんのネタがてんこ盛りに突っ込まれた贅沢なお話でした。これに小学校の頃に出会っていたら、きっとその後の考え方が大きく違ったかと。

いくらでも続けられそうではありますが、ここまでの密度となると無理なんでしょうか……

主人公の友達が孔子の言葉をちょくちょく出してくるのですが、それがいずれもシチュエイションとずれており、もう一人の博識の友達が「xxってこと?」「そうそれ」と孔子の別の言葉に言い直すというお約束があるのです。

孔子好きの娘に言ったらすごい食いついてきました。
これは紙版を買ってもいいかもなあ……Kindle版だとコマの細かいところがよくわからんことがあったし……
というわけで紙版をまとめて注文。
が、1巻と3巻が数週間かかるとのこと。まあ、待ちます。

とりあえずはKindle版のリンクです。


また今後何度も読み返して楽しめる作品と出会えました。

=====================

そして、夕方に何気なくリアルを読み始めてしまって一気に14巻まで。

あちこちで泣けるマンガですが、14巻の巻末にある「15巻2016年春発売予定」という文字が特に……
どうすんですか!
そして、電子書籍にしてほしい!
このマンガは特に。Amazonのレビューを作者が見ているはずもありませんが……

というわけで、2017年の秋に15巻を待ちわびております。
連載も不定期で随分休載しているようなので、もう今年は無理か。
よつばと!とか冒険エレキテ島とかも……

そう思うとちはやふる3月のライオンもなんとありがたい存在か。お二人とも途中で病院のお世話になりながらも、さほどの遅れもなく次の巻が読めるという……まさに命を削って描いている……
贅沢をさせてもらっております。

=====================

さて、ミス・ポピーシードのメルヘン横町を読みました、と下の未消化ネタに書いていますが、読んだのは1巻だけで、2巻はようやくこの前手に入れたところです。いま少しずつ読んでいるのですが、シトラス学園で出てきた貧しい魔女の子が!
……思わずこの日記に書かずにいられませんでした。

=====================

というわけで昨日2017年10月14日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は4冊でした。
既読ページ数は230ページ。ありがとうございました。

Prime Readingに選ばれている『チョコレートの天使』の順位も徐々に落ちております。
……というか、どれくら読まれているのかわからないのがちょっと不満です。

このブログの上の方に『累計28000冊以上ダウンロードされている』と書いてあるのは、月々のダウンロード数、既読ページを元にこちらで計算して出した冊数なのですが、せっかくのPrime Readingなのに、そこの数字がわからないのは残念でなりません。

残念ついでに『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』最終2巻を読み終えてしまいました!
感想は明日!

それでは本日もおつかれさまでした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』読みました

posted by Red56 at 22:45| Comment(0) | 日記

2017年10月14日

傑作っぽいマンガ読んでます。

昼寝研究所寝言レポート#1302

いつも通りMac for Kindleを開いていたら買ったきり積ん読になっているけど電子データだから積んであるのも見えないためにこれがホントの符号化難読状態などと呟きつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

さて、その状態からタイトルが子どものマンガっぽくて『なんじゃこりゃ』と思ってダウンロードして読んでみた作品がコレ。
『がらくたストリート』です!
まだ2巻の途中ですが、これはおもしろい!
作者は山田穣(やまだ みのる)先生。
なんか……こう、小学生の少年と少女のお話が主なのですが、これもまた説明が難しい……
なんというか、セリフの密度というか背景が尋常でないです。

楽しい……
こんなにスゴいマンガをまだ知らないんだから、嫌になります。

全3巻ですが、何か終わるとかそういうものでもないような……

ああ、この雰囲気がいつまでも続いてほしいなあ……



=====================

そして、本日なんとなく家にある古い本、というか広瀬正先生の短編集『タイムマシンのつくり方』の最初の作品を読んでみました。
『ザ・タイムマシン』という短編もなかなか見事なのですが、この集英社文庫の広瀬正・小説全集6には筒井康隆先生の解説が掲載されており、そこに昭和三十年代の頃の日本SF界の事情などが語られているのがとてもオモシロいです。

道なき道を切り開いてきたこの人達の情熱がなければ、いまのメディアのあり方もかなり変わっていたのではないかと。



=====================

というわけで昨日2017年10月13日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は2冊。無料版は6冊でした。
既読ページ数は1648ページ。ありがとうございました。

『サマータイムリバース』の手直しをしております。ワインセラーのあのシーンを大きく変えているのですが、それが及ぼす全体の影響が……

それでは本日もおつかれさまでした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『ミス・ポピーシードのメルヘン横町』読みました


posted by Red56 at 23:48| Comment(0) | 日記