2015年11月30日

水木センセイとオレ

本日、難波で普段はあまり入らない店で昼食を食べているとSmartNewsの通知。
水木しげる先生が亡くなったことをしらせる号外でした。

好きなマンガ家はたくさんいますが、水木センセイだけは40年近くの間、別格でした。

父親が持っていた虫コミックスのゲゲゲの鬼太郎を小さな頃から読んでおり、物心つく頃には知っていた、という感じです。マンガをどれだけ繰り返し読んだか。
もちろん、テレビアニメのゲゲゲの鬼太郎も見ていました。目目連(もくもくれん)の回の恐ろしかったことが、いまだに思い出されます。
が、アニメとマンガの鬼太郎は明らかに異なっており、まあ、それはそれでアニメは子供向けなのだろうと、なんとなく感じておりました。(でも目目連は容赦なく恐ろしかった……)

鬼太郎の話の中にブリガドーン現象を扱った、確か朧車の回があったと思いますが、このお話の中にマンガ家として水木センセイが登場されるのです。
この回がわたしの中ではベストのエピソードかもしれません。

カッパの三平も家にあり、こちらはおじいさんが亡くなるところで終わるという、実にきれいな内容になっておりました。後年、完全版のような形で読むことになりましたが……

そして、父が持っていた本の中に『死神大戦記』という作品がありました。
あ、長い間「たいせんき」と思っていましたが「だいせんき」でしたか。
これがマンガの中に水木センセイが出てきて、子供達と一緒に地獄へ行くという話なのですが、鬼太郎もねずみ男も出てきます。まあ、朧車の回が好きなわたしには、またたまらないシチュエイションなのです。
で、子供達が次々に地獄で倒れていくわけです。
なかなか強烈な印象を残す作品でした。

あ、いま調べたらKindle版がある!
わたしが持っているのは学研劇画文庫 日本の妖異シリーズ(カバーなし)のものです。
そうか、Kindleで読めるのか……


そして、水木作品の中で一番気に入っているのがこれ。
『のんのんばあとオレ』です。
これ、以前にも紹介したかも。
テレビドラマにもなったそうです。
ちくまのエッセイとは違って、マンガです。

水木作品は、長くなると後半の展開がなんじゃこりゃ、という感じになったりすることがありますが、この作品はきれいにまとまっております。
半分自伝的な内容ですが、ファンタジーな展開もあります。
そして、お父さんがとにかく魅力的です。

しかし、なぜかこれがいま(2015年11月現在)は古本でしか手に入らないという……


水木作品には戦争ものの作品も数多くあります。
戦争の残酷さ、理不尽さを、自らの体験も交えて多くの作品で伝えておられます。
いまAmazonランキングで『総員玉砕せよ!』がノンジャンルの「本の売れ筋ランキング」で6位になってました。
この作品も素晴らしいですが、個人的には戦争物の短編集が好きなので『白い旗』などいかがでしょうか。
しかし、戦争を扱った水木作品はKindle化されていないようです……

紙の本です。


そして、自伝的マンガはたくさんあり、結構原稿の使い回しも多いのですが、決定版がこちらです。
幼少期から戦争体験、そしてマンガ家になって、と水木センセイの波瀾万丈の半生が楽しめます。
紙の本です。


奇跡の隻腕マンガ家の残した作品を、わたしはこれからも何度も読むと思います。
posted by Red56 at 21:46| Comment(0) | 日記

2015年11月29日

プライムミュージックをふらふら

Amazonプライムビデオでウォーキング・デッドを見ようと思ったら、シーズン2からシーズン5はあるのにシーズン1がないことに気がついてしまい、視界がぼやけそうになったのですが、ようやく見つけてちょっと小躍りしております。

それにしても、プライムビデオのトップページから探してなかなか見つからないというのはどうなんでしょう……
結局、全商品の検索で『ウォーキング・デッド』を探したらシーズン1があって、よく見るとプライムビデオ対象商品だと書いてあるという……
まあ『弱虫ペダル』の後でありがたく見させてもらいます。

=======================

さて、書いている小説が気づけばどうにもこうにも失敗作っぽい匂いを振りまいているのです。
なんとか鼻を片手で塞いで匂いを吸わないように書き続けてきたのですが、そろそろ両手で塞ぐ必要が出てきて、そうなるとキーボードが打ちにくくなるので、親指で塞ぎつつ残りの指でキーを叩くという、耐悪臭創作界に衝撃を与えそうなまったく新しい執筆方法を

あ、いま突然[r]が連続入力されるという現象が発生しましたが、一度ASUS Transbook T90Chiの本体をスリープしてから復帰すればまったくなんの問題もありません。あー、快適快適!

ええっと、何の話でしたっけ。

そうそう、プライムミュージックのラインナップがしょぼいのですが、微妙に古いものはそれなりにそろっております。
で、ふと調べてみたら、なんとオフコースのアルバムが聞けることが判明。
というわけで、中学の頃に聞いていたこれらの曲をいまさら聴いております。
小田さんの声がスゴい。
そういえば、十年ほど前に難波のロケット広場で鈴木康博さんが弾き語りミニライブをやっているのを見た時には驚きました。

まあ、中学生にはアルバムを買うというのは金銭的に厳しかったので、カセットにダビングしてもらったものや、ラジオのエアチェックでしのいでおりました。
ライブ盤の言葉にできないのところでナレーションが入るやつを延々と聞いておりました。
それが、いま初めてフルでアルバムを最初から最後まで聴けるという……

おお、いま新たにハナレグミのアルバムが聴けることを発見。
いやあ、スーパーバタードッグの永積崇さんとしていとうせいこうさんのクイズ番組梁山泊に出たときにいちご白書をもう一度のフレーズを一瞬だけ歌ったことがあって、その時に、ああこの人のこういう歌が聴きたいと思っていたらしばらくしてハナレグミとして活動し始めて、でもその時にはもうわたしの方が歌を聴かなくなっていて、というアレを経ての本日の発見。
はい、聴かせてもらいます。

という感じで軽く音楽を聴きたい人にはなかなか良いのではないかと。

あ、やばい。クラムボンも聴ける。新しめのアルバムだけかな?
でも、いいですね〜

ああっ! フリッパーズギターも! ……まあ、CDは全部持っていますが……
カジヒデキもかなりあるぞ……
渋谷系、かなり来てる!
キリンジは……後期ですか。馬の骨も。持っていないものが多いから助かる!
新しいところではカラスは真っ白も!

これは……もう一年で聴ききれない。

未消化のネタ
・しみじみと来る『甘々と稲妻』
・なんかもう好き『さろめりっく』
・ Voiceroidは……商用利用できないのか。Cevioは登録すればいけるっぽいけど、イマイチ。
・ サマータイムリバースを書き足すべきなのか?
・ 六花抄をもうちょっとなんとかしたい。
・ backspace.fmを延々と聞いています。って前に書いたけど、まだ聞いてます。
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。
posted by Red56 at 19:42| Comment(0) | 日記

2015年11月28日

Alex

『その女アレックス』(原題:Alex)
著者:ピエール・ルメートル

去年の飜訳ミステリの各社ランキングで上位に名が挙げられた『その女アレックス』を読みました。
……変なタイトル。
と思いましたが、原題はシンプルに「Alex」です。

これ、映画でもそうなんですけど、あまり説明しない、思わせぶりというかぶっきらぼうな感じの単語のみ、というタイトルはよくあります。
で、それを日本語にするときにとんでもないものになってしまう、というのは皆様も嫌というほど(あ、控えめに書きましたが、つまり吐き気がするほどという意味です)目にされたことがあるかと。

それにしてもAlexだけだと、確かにキビシイ。それが名前ということは想像できますが、女性名なのか男性名なのかもピンときません。
それに翻訳者が「そのままアレックスにしましょう」と言ったところで、本を出す側にしてみたら「それじゃなんもわからん」と答えるしかないでしょう。
タイトルは重要です。

そこで、できるだけシンプルに、要らぬ情報を与えず、でも、読み終わった後で改めてそのタイトルを見て、また読者の胸に様々な感情が入り乱れる……
『その女アレックス』
……いいじゃないですか!

というわけで、読み終わったわけですが、感想が言いにくい……
ただ、これがランキング上位に入るのは納得です。

第一部
第二部
第三部
それぞれがオモシロい。
そして、それぞれが別の顔を持つお話です。

読み終えて一日たって冷静に考えると、お話の骨格としてはミステリのあるネタのジャンルに分類可能です。
米国の作家と日本の昔の作家にそのジャンルの名作があります。
そのジャンルが何であるかを言ってしまうとアレになるアレですよ。
でも日本の作家というのは横溝正史ではありません。

読んで主役の警部と共にハラハラしてください。
そして涙の意味を考えてみるというのはいかがでしょうか。



未消化のネタ
・しみじみと来る『甘々と稲妻』
・なんかもう好き『さろめりっく』
・ Voiceroidは……商用利用できないのか。Cevioは登録すればいけるっぽいけど、イマイチ。
・ サマータイムリバースを書き足すべきなのか?
・ 六花抄をもうちょっとなんとかしたい。
・ backspace.fmを延々と聞いています。って前に書いたけど、まだ聞いてます。
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。

posted by Red56 at 20:25| Comment(0) | Kindle小説の面白いやつ

2015年11月27日

待合室のひとときで

さて、快適なASUS Transbook T90Chiを病院の待合室で使っております。
おお、これは快適。いくらでも駄文が指先からダダ漏れます。

ただ、この駄文を隣の人からもばっちり見られてしまうという問題が……
電車の中で使うという目的で購入したChiですが、日記ならまだしも、小説となると人に見られるのはかなり恥ずかしいような気もします。
とはいっても、どうせ他人が隣で文章を書いていても、その内容まで気にするような人はまずいませんので、きっと大丈夫。

それにしても恐ろしいのはビデオ見放題サービス。そして『弱虫ペダル』。
ちょっと空いた時間に見ようと思っただけなのに、もう一本、もう一本と見てしまうのです。熱いぜ合宿1000Km走破!

あー、睡眠時間が削られていく……

そして、米国のAmazonではプライムビデオの大規模な拡充策が実施されるかも、という噂が……
まあ、テレビ局がからむとなると日本では難しいと思いますが。

===========================

そういえば、Kindleオーナーズライブラリって、Kindle本体を持っていないと読めないんですってよ。
Kindle端末に表示されるKindleストアから借りてください、ということらしいのです。
……まあ、たまたま古いKindleを持っておりますよ。表示切り替えにすごーく時間がかかるやつを。

で、それでKindleストアのラインナップを見てみたら……おお、結構あるじゃないですか! 思ったよりもずっと多い本が読めそうです! これは「まったく物足りない」という前言を撤回することになるのか?
でも、多すぎてKindleでてろてろと一覧ページをめくっていたら日が暮れそうです!

……あれ? ちょっと見ただけですが、英語の本とKDP本で数を稼いでいるだけのような……
いや、もうちょっと見てみます!

===========================

トイ・ストーリーの短編映画を見ました。
相変わらずおもしろいです。

そして、本編の1〜3の映像の進化もすごかったですが、この短編の映像はまたすごい。もはや実写。

しかし、キャラクタが実写みたいな風景の中で動く、というのは技術的には素晴らしいのですが、それがあるべき姿かとなると、ちょっと疑問です。

もちろん、トイ・ストーリーなんかはお話も隙なくばっちり練られているので、彼等が本物の景色の中で本物のおもちゃに見える、というのはお話のリアリティを組み立てる上で強力な武器になり得ますが……

でもまあ、一度コンピュータの中に仮想の世界を作ってしまえば、それなりに使い回しもきいて、コスト的にも楽になるのかもしれません。

あ、まったく知らない世界についてうっかり浅い意見を書いてしまった……
忘れてください。
なにもかも。

未消化のネタ
・しみじみと来る『甘々と稲妻』
・なんかもう好き『さろめりっく』
・ Voiceroidは……商用利用できないのか。Cevioは登録すればいけるっぽいけど、イマイチ。
・ サマータイムリバースを書き足すべきなのか?
・ 六花抄をもうちょっとなんとかしたい。
・ backspace.fmを延々と聞いています。って前に書いたけど、まだ聞いてます。
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。
・『その女アレックス』を読みました!

posted by Red56 at 21:40| Comment(0) | 日記