2016年01月31日

二日目はディズニーシー

極寒のディズニーランドをなんとか生き延びて二日目です。
ディズニーシーへ行ってまいりました。
朝から良い天気。
快適なホテルなので、ゆっくりしたいところですが、そんな優雅な日程ではないために七時半にはチェックアウト。

ただ、フロントを通さずにチェックアウトできるのは便利です。
いつもあの待ち時間にうんざりしていたので。

しかし、ディズニーシーの入り口は予想通りすごい人です。
入場前に心が折れそうなぐらいの人。

中へ入って真っ先にレイジングスピリッツへ。
一回転するミニジェットコースターみたいなやつです。
朝一番だったので20分ほどの待ち時間。
ぐるりと回ってきました。足下が空になる瞬間がたまりません。
これぐらいなら余裕で楽しめます。

続いてファストパスでセンターオブジアースへ。
地底をぐるぐると回るジェットコースターみたいなやつです。
これも15分ほどで乗れました。
おお、すごい。
一年前にも乗りましたが、そのときは夜でした。
最後の方で一瞬外を見ることができるのですが、今回は遠くまで見ることができたような気がします。
一瞬過ぎてよくわかりませんでした。

まあ、そこからはだらだらと。
午後にもう一度ファストパスでセンターオブジアース。
それでも20分ぐらいで乗れました。
今回はしっかりと外を見ました。
娘もこれが一番楽しかったと。

タワーオブテラーは限定仕様でとんでもない待ち時間だったので、今回はパス。

午後からはやや曇ってきて、気温も下がってきましたが、昨日に比べればなんでもありません。
娘はダッフィーの限定ぬいぐるみを買ってご満悦。
そうかそうか。

というわけで、3時半ぐらいまで楽しんで東京駅へ。
新幹線の中でこれを書いております。
Chiが比較的快適に動作したので、持ってきてよかったです。
やはり、キーボードがないとここまでの文章を書く気にはなれません。
まあ、別に誰に頼まれて書いているわけでもありませんが……

そういえば、ヘリベマルヲさんの新作情報が解禁になっております。
冒頭をちょろっとしか読んでおりませんが、なかなかの力作っぽいです。
一瞬だけど無料キャンペーンもあるかもしれませんので、ぜひチェックを。


そして、赤井五郎の新作も二月中には出てくると思います。
そのタイミングで全作の無料キャンペーンも実施予定。
よろしければぜひそのタイミングで入手していただければと思います。

そりゃそうと、最近このブログに『赤井五郎』で検索して訪れる人の数が増えているようです。
そういう人達はどこかでわたしの名前を知って検索してくれているのでしょうか。

まあ、普通に考えればまったく知らない状態でいきなり「見たことも聞いたこともないけど赤井五郎という名前が気になる」と検索するわけではないと思われるので、何かで名前を知ったということなのでしょう。

まあ、そんな人がいらしたら、とりあえずこんにちはと。
小説を書いているおっさんです。
それ以外は仮の姿です。
ということで以後お見知りおきを。

せっかくだからこのまま新幹線から投稿するか……
ツイッターをチェックするのと、Yahooの時刻表アプリとテザリングマシンとしてしか役になっていないWindows 10 Mobileマシン。
AndroidやiOSを持っている人は、間違っても現行の機種から乗り換えてみるか、なんて思ってはいけません。多くのことができなくなります。
Windows 10 Mobileは、あと二世代ぐらい劇的な進歩が必要かと。
それではみなさん、また明日。

未消化のネタ
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。曲が多すぎるという贅沢な文句。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、そろそろ読むぞ!
・『僕だけがいない街』7巻の評判がイマイチです。まだ読んでません。
・『海辺へ行く道 夏』を読みました。

赤井五郎のKindle小説一覧
posted by Red56 at 17:34| Comment(0) | 日記

2016年01月30日

ディズニーランドのサムサニモマケズ

さて、昨日日記に書いたとおり、ディズニーランドに来ています。

朝、大阪を出たときはわずかに小雨。傘を差さずに駅へ行けるぐらいでした。
が、前日の予報では千葉県浦安は土日とも雨。特に土曜日は降水確率90%。日曜日は60%という惨状。

というわけで、折りたたみ傘とカッパの両方を荷物に入れての出発となりました。

しかし、これも家族分となるとかなりの荷物に。

そして、新幹線に乗って一路東京へ。

天気はずっと曇り。雨もそれほどひどくはありません。
東京に近づくに連れて悪くなるのかと思いましたが、それほどでもなく、やや小雨か、という程度で終点の東京駅に。

そこから京葉線で舞浜へ。
その時点で浦安の天気予報は午前中雨、午後から曇り。温度は2度。
雨雲の動きも、ぎりぎり東京にかかっている状態。これが数時間で東に移動すれば、雨は逃れられそうです。

で、ディズニーランドに着きました。
もう、雨は降っていません。雲行きは怪しい感じですが……

ここで、出張カウンターでホテルに一足先にチェックイン。
さあ、何を持ち歩く荷物にするのか、決断すべき時です。
しばし考えて、自分の泊まる予定の部屋に送ってしまう荷物にカッパを入れて預けました。
もう、ここからのひどい雨はあるまいという結論です。
一応、傘だけは持っていくことに。

で、結果として傘すら不要でした。
雨はもう降らず、天気はずっと曇り。
とにかく寒いです。
昼食を外のテーブルに座って食べましたが、ミッキーマウスの手のひらのサンドイッチがみるみる死者のそれのように冷たくなっていきます。
鳩が、足下を好き勝手に行き交っていました。
もちろん、こんな寒さは想定内。防寒対策としてカイロも持ってきました。
が、さきほどホテルへ送った荷物の中にあることが判明しました。
まあ、それが人生ってやつです。

昼食後、片方なくなっていることに気がつきました。
がーん……
まあ、百均で買い求めたものなので、特に愛着はありませんが、ここまで持ってきてなくすという間抜けさがショックです……

悪いことばかりではありません。
こんな天気なのでどのアトラクションも比較的空いています。

一番人気と思われるトイストーリーは前回行ったので今回はパス。
それ以外はファストパスを取って、効率よく回ることができました。
結局、夜8時ぐらいまでいましたが、20分以上の待ち時間はありませんでした!

というわけで、日が暮れて昼間以上に寒くなったらどうしようかと危惧しておりましたが、むしろ気温はやや上がったのでは、という感じに。
なんとか無事に一日目を終えることができました。

帰りはなんちゃらというキャラクターの列車に乗ってヒルトンホテルへ。

明日はディズニーシーです。
予報では晴れ時々曇り。もはや天候は敵ではありません。
明日、我々が戦わなければならないのは、大挙して押し寄せてくる人間なのです。

というわけで、Transbook T90Chiヒルトンを使って、ホテルでこのブログを書いております。
コンビニが1Fに入っていたので150円の缶チューハイを飲みつつ。
明らかに上矢印キーがわたしの知っているPCとは異なる動作ですが、気にしないことに。
それではみなさんおやすみなさい。

未消化のネタ
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。曲が多すぎるという贅沢な文句。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、そろそろ読むぞ!
・『僕だけがいない街』7巻の評判がイマイチです。まだ読んでません。
・『海辺へ行く道 夏』を読みました。

赤井五郎のKindle小説一覧
posted by Red56 at 22:24| Comment(0) | 日記

2016年01月29日

ふたたびの『いなり、こんこん、恋いろは』

はい、疲れ切ったおっさんがゆるゆるとお送りするブログです。

明日、東京ディズニーランドへ行きます!

そろそろ気候も暖かくなりそう!

……二週間ぐらい前はそんなことが言われていました。

さきほど天気予報を見たら……
東京は明日5cm程度の積雪があるかも。
だそうです。

いえーい、雪だ雪だ〜
どうせあれでしょ?
雪が降るような天気でもどのアトラクションも90分とか120分とか180分待ちなんでしょ?

踊るミッキー。
海を渡ってきた強風に舞い散る風花。
物も言わず立ち尽くす人々。

……もしかして、地獄を見ることになるかもしれません。

さて、そんな疲れ切った金曜日。
冷たい雨。阪急京都線の暗いホーム。
脳裏に浮かぶのは雪を被って狂ったように踊るミッキー。

自作の手直しをするだけのエネルギーがありません。
くたびれた中年のおっさんを元気づけてくれるマンガはないものか……

iPad miniのKindle本一覧を見てみると……

おお、ありました。
『いなりこんこん恋いろは』の1巻がなぜか消されずに残っております。
なんか昔読んで絶賛した覚えがありますが、内容を忘れています。
というわけで、1巻を読んでみました……

おお、素晴らしい。
神社の描き方の細かさや、神様の世界の荘厳さ。
丁寧に描かれたマンガでございます。
そして、主人公の『伏見いなり』ちゃんがおもしろいのです。

……ああ、元気になりました。
作者は『よしだもろへ』先生。
素敵な作品をありがとうございます。

あれ? これって完結しているのかな?
Kindleで全巻持っているような気がする……
あ、すべて購入済みだ。

内容を忘れているので新鮮な気持ちで読めます!

お、これだ。これが一年前の記事です。
おっさんでも涙する『いなり、こんこん、恋いろは』
そうか、涙するか。そりゃそうだな。

そして、もう一冊、あまりに違う作品を読んだのですが……
これがもう天才の仕業。
なんだこりゃ。

スペースも時間もないので、そちらの紹介はまた次の機会に。




未消化のネタ
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。曲が多すぎるという贅沢な文句。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、そろそろ読むぞ!
・『僕だけがいない街』7巻の評判がイマイチです。まだ読んでません。
・『海辺へ行く道 夏』を読みました。

赤井五郎のKindle小説一覧



2016年01月28日

悪魔的な靴とくたびれる耳

ええっと、尖った靴についてどう思われますか?

革靴。
やたら尖ったヤツがありますよね。
そこまで中身詰まってないだろ!
ってやつ。

あれを見ると水木しげる先生のマンガに出てきた悪魔を思い出してしまいます。

なので、わたしは足の形と似た大人しいものを買ってしまいます。

まあ、そんな感じですよ。
===========================
問題は耳ですよ。
眼鏡。マスク。イヤフォン。
この三つを同時にして通勤していると、耳が痛くなります。
耳への負荷が大きすぎるのか。
そもそも耳は聞くためのものであって、何かを引っかけたり突っ込んだりするというのは本来の働きからは遠ざかっているのです。
眼鏡をしてマスクをかけるって、上から下に力を与えながら前にも引っ張ろうとするという……
わたしが耳だったらちょっと耐えられません。
ちょっと顔から飛び出して穴があいているからって、そんな使い方するなっていう話ですよ。
===========================
自作小説をチェックのためにmobiにしてAndroidへ。
が、そのためだけに10インチのタブレットを持ち歩く気にはなれず。
結局iPad miniのiBooksでepubをチェックという方法に。

これがなかなかよい感じです。
何しろApple社純正のiOS端末でだけ動けばいいというアプリなので、動きが軽いし、メモの書き込みもストレスなくできます。
初代iPad miniなので、CPUは非力のはずですが、そんな状態でも快適に動作しております。

というわけで、気になる表現等を修正していますが、2ページに一カ所は修正があるという……
もっと最初からちゃんと書けよ……
===========================
さて、週末は遠くへ遊びに行く予定です。
……天気が良くないことがわかっていてちょっと憂鬱です。

未消化のネタ
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。曲が多すぎるという贅沢な文句。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、そろそろ読むぞ!
・『僕だけがいない街』7巻の評判がイマイチです。まだ読んでません。

赤井五郎のKindle小説一覧
posted by Red56 at 22:45| Comment(0) | 日記