2017年04月09日

桜の珈琲屋

昼寝研究所寝言レポート#1114

さて、いつも通り雨の桜珈琲鳳本店からお送りする寝言日記でございます。

おお、昔みたいなあっさりした始まり方。

桜珈琲鳳本店は中庭があって、白い石が敷き詰められた日本庭園ふうに造られております。真ん中に桜の木が一本立っており、この時期は桜を見ながら珈琲が飲めるのです。

今年も桜が咲いたとのことで(ホームページで咲き具合が確認できます)朝一番でやってきました。

開店時刻は8時。その5分前ぐらいにたどり着いたのですが、既に店前の駐車場(10台ぐらい)は満車。すぐ横の第二駐車場に停めてお店へ。店前の軒下に20人以上。開店と同時に満席という事態に。すごいな。

真ん中の桜はきれいに咲いておりました。やけに色が濃いのですが、桜っぽくてよいです。
sakuracoffee.jpg


モーニングは飲み物の値段+300円程度で軽食がつきます。
が、飲み物のお値段が500円以上なので、完全に『ちょっとお高い定食』の値段に……

=====================

さて、昨日入手したGPD Winですが、せっかくなのでこの行からそれで書いてみます。
うーん、さすがに快適に、というわけにはいきませんが、それなりにいけてます。

しかし、やはり右手のポジションが……
これ、何とかなりませんか?

キ−ボードをセパレートにして右端の電源やボリュームのキーを真ん中に配置してほしかった……

本体の下辺に右手を持ってくると、キーは打ちやすいのですが、PCを持つ手が不安定に。
右辺に右手を持ってくると、キーまでの距離が遠くなるのです。
イメージとしては底に右手を引っかける部分があれば、という感じです。

と、ここまで打つのにもかなり時間かかってるな……

ちょっと、底に消しゴム貼ってみました。
うーん、微妙……

もう少し試行錯誤してみます。

=====================

というわけで、いつも通りのMacBook Proで書いています。
おお、快適すぎる……
GPD Winは底に滑り止めのようなものを貼ればもう少し打ちやすくなりそうですが……

=====================

うわ……冒険エレキテ島の2巻の発売予定がまた延期……何度目?
2017年6月23日だそうです……あまり期待せずに待ちます。
これも完成しないまま終わる予感……

よつばともリアルも……発売間隔が長いマンガほどちゃんと出ないという……なにやら深い真理を諭そうとしているのか?
そういうのいいから。

=====================

昼間になんとなく本棚に突っ込んであった子供向けの本を読んでみました。
いつか古本屋で購入したままだったのです。
おお、オモシロい……30分ぐらいで一気に読んでしまいました。
ナタリー キンシー=ワーノックの『スウィート・メモリーズ』です。

翻訳は日本翻訳大賞プロジェクトの選考委員もされていた金原瑞人氏。

=====================

というわけで、昨日2017年4月8日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は6冊。無料版は7冊でした。
既読ページ数は1167ページ。ありがとうございました。

小説は少し進みました。でも、まだ事件のあらましを語っているところです……

今日、またtwitterで『青い月夜の特別なこと』の感想を呟いている人がいました。
ありがたや〜これでまた新作を書かねばという気力が湧いてきます。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
posted by Red56 at 22:34| Comment(0) | 日記