2017年04月17日

『ハックス!』何度でも繰り返されるそのこと

昼寝研究所寝言レポート#1122

いつも通り夜空で光っているのを輪ゴムで撃って次々に流れ星にしながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

今井哲也先生の『ハックス!』最終巻まで読みました!



……4巻で終わり。
もやもやしまくりです。

……これ、作者が考えていたより早く終わってますよね?

だって、あそこまで主人公の過去やら友人とのことやら出しておいて……
あのワケのわかんないストーカーっぽい人の行動も唐突すぎるし……
全体的に不思議なリズムで進むお話でした……

ああ、なんてことだ!
これで終わりかよ!

このマンガの主人公は突如アニメ作りに目覚める女の子阿佐実みよし。
実質なにもやっていないアニメ研究会に入って、過去の人達が残した遺産(機材やらセル画やら)を発掘しつつアニメを作り始めます。

……これ、才能ある人の孤独というか、そういう戦いがちょくちょくあって、すごくみんな理解して応援してくれるんだけど、作業ができる人間は部内に限られているし、その中には近くにいるが故に彼女が持っている才能の眩しさに耐えられない人間もいるわけで……近いから傷つけ合うことも避けられないわけで……この辺りの見せ方がもうたまらん。素晴らしい。
ああ、もう児島君がいてくれてどれだけ救われたか。
というか、児島君がいなかったらみよしちゃんのアニメ作りは少なくとも1年以上は遅れていたと思う。あるいは作っていなかったか。幸福な出会いってやつですよ。

最後に至るまでの焦燥感というか、ごろごろ転がりながらバタバタ突き進む感というか……
盛り上げていって、バーンとなってジャジャーンと展開しながら『ああ、これで終わっちゃうんだ』と思って……

読み終えた後の、ふっと静かになって感じてしまう寂しさ&ツラさ格別。
基本的にハッピーな話だけど、それだけじゃない、割り切れないものもすべてひっくるめての高校生活が描かれていました。

大好きです。



……だから複数形なのかと。

=====================

はい昨日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は4冊。無料版は11冊でした。
既読ページ数は3307ページ。おお、日記が日本でたくさん読まれたぞー! ありがとうございました!

やばい。確実にGPD Winの打ちにくいキーボードに慣れ始めている。
あ、やばくはありません。
で、打ちにくいからゆっくりとしか進まないわけで、その間に結構色々と話の奥が見えてくるという……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら