2017年05月31日

五月への別れの言葉を思い出せずに

昼寝研究所寝言レポート#1166

いつも通り珍しく『チョコレートの天使』が【SF・ホラー・ファンタジー の 売れ筋ランキング】の19位に入っていてうわー勘弁してくれよ〜あんな長い話を気軽に手に取られると申し訳なくてしょうがないのにと思いながらお送りする寝言日記でございます。

といいつつリンクを貼る寝言日記でございます。


==================

貴族探偵を見ておりますよ。
今回は1年前の事件。
おお。まさかまさかの展開。
まさかあのお方が出てくるとは……
TRICK好きとしては嬉しい限り。
視聴率では苦戦しているようですが、摩耶先生の作品が映像になっているというだけで奇跡的な愉悦を感じてしまいます。

それにしてもこの女探偵編の原作がどうなっているのか気になります。

==================

読書メーターで『鉄塔の下で その他の短編』に感想いただいていました。
ありがたやありがたや〜
『秋の来る頃』の続編……そんな話も頭の片隅にありましたが、なかなか難しいかも……
https://bookmeter.com/books/6948787

何度でも書きますが、感想はとてもありがたいのです。
ひとりきりで、存在しないものをカタチにする作業を続ける力になるのです。

==================

さて、もうこうしている場合ではないのです。
小説がようやく順調に進むようになってきました。
まあ、すぐに止まるかもしれませんが。

タイトルも、そろそろ仮題から脱しないと……

==================

昨日2017年5月30日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は5冊。
既読ページ数は2658ページ。一週間ぶりの2000超えです。ありがとうございました!
今日で5月もオシマイですか。

というわけで本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
posted by Red56 at 23:11| Comment(0) | 日記

2017年05月30日

主に読んでいない本の話

昼寝研究所寝言レポート#1164

いつも通りアルコール除菌のスプレーの中身がなくなったので下の部分を交換しようとしたら入れ物がそっくりだけど製品名がまったく違っていてどうしようなどと思うフリしてそれにつけてもゲーミングPCが欲しいというようなことしか考えていないことに気がつきながらお送りする寝言日記でございます。

==================

うーむ……
欲しい……
ZenBook Pro UX550が欲しすぎる。

まあ、とにかくAppleが素晴らしい新製品を出すという可能性もわずかにあるので、来週までは待ちます。

あ、違う違う。
新しいパソコンを買うとしても、それは小説新作ができてから。
ということは夏まで待たなきゃならんということか……
Nintendo Switchもいつ手に入るかわからない状態だしなあ……
毎日ヤマダ電機の売り場を見て、通販のページをチェックしてますが、まあ、見事にありません。

万が一Switchが手に入ったら、他の欲しいものを全て買ってもいいというなんかそういったアレでしょうか。

==================

本の雑誌で「この作家を読むならこの10冊」的な連載があるのですが、2017年5月号では有栖川有栖先生が取り上げられていました。
日本で一番美しい本格ミステリを書く作家さん、というのがわたしの認識ですが、まあ『月光ゲーム』に始まる江神二郎シリーズを読んだ者としては当然のことかと。

で、それはいいのですが、あまりにこのシリーズの質が高すぎて、作者もなかなかシリーズを生み出せないという状況でして、その間にポコポコ発表される臨床犯罪学者火村英生シリーズはあまり手を出していないのです。

確か『ダリの繭』と『マレー鉄道の謎』は読んだ覚えがあります。ダリの繭は完全に内容を忘れていますが、マレー鉄道は真っ向から密室の謎に挑み、斬新で妙なトリックが楽しめました。

が、結局のところ江神シリーズ最新作である『女王国の城』も買って読んでいないままという……

ああ、なんか途中から「いつ次が出るのかわからない」シリーズを読むことに疲れてしまったのかも。
京極堂のシリーズもほぼリアルタイムで読んできて『邪魅の雫』を読んでいないという……

例外は綾辻行人先生の館シリーズだけですか。
新本格の最初。これもほぼ発売と同時に島田先生の推薦文に釣られて読みました。
あの時押し入れベッドの中で味わった衝撃は未だに忘れられません。

あれ?
違う違う。
やっぱり『奇面館の殺人』を買ったのに読んでいませんでした!
そのことをすっかり忘れていたという……

もしかして……
いま、ちょっと思ったのですが。

もしかして、わたし、既にミステリ好きではないのでは?

……そもそも小説を年に数冊しか読んでないし。
今年は何を読んだか覚えていないし。
読んでないかもしれないし。

あれだけ夢中になっていた森先生のシリーズも途中で放ってあるし。

御手洗シリーズにも手を出していないし。
最後に読んだのは『摩天楼の怪人』です。
おもしろかったなあ……

というわけで、もうあまりミステリを読まなくなったという結論めいたものが出たところで、本の雑誌の話から逸れたまま終了したいと思います。

==================

昨日2017年5月29日の自作Kindle本ダウンロード数は有料版も無料版も0冊だにゃー。ショックが大きいので猫の手を借りました。
既読ページ数は1318ページ。ありがとうございました。

小説はようやく新しい章へ。前の章は閉じ方がわからんから放置です。

というわけで本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい

posted by Red56 at 23:13| Comment(0) | 日記

2017年05月29日

普通のPCの話

昼寝研究所寝言レポート#1163

本日も21:55分になったのでそろそろ固形化しようと思いながらお届けする寝言日記でございます。

==================

おお!
ASUSからZenBook Pro UX550が発表になりました!
http://japanese.engadget.com/2017/05/29/asus-zenbook-pro-ux550-gtx1050ti-4k/

これは薄い!
グラフィックボードはGeForce GTX 1050 Tiが搭載されています。

……ちょっと残念。
噂では1060が載ると言われていたようです。1060なら完璧だったのですが、電源&発熱の関係で難しかったのでしょうか。

1050Tiだと最新のゲームを遊ぶには解像度を落とさないとキツいでしょう。

しかし、まあ、こんな外観で1050Tiが載っているということが驚きです。

お値段$1299からとのことで、SSDが512GBか1Tが選べるようです。

これ、日本で発売になるのかなあ……
ASUSだから日本での発売があると信じたい。

そして、\149800ぐらいになってくれませんかねえ……
\169800だったらがっかりだなあ……

で、別に買うわけではありません。
これとGigabyteのAERO 15(日本未発売)などを踏まえて、AppleがどのようなMacBook Proを出してくるのか。
それを見守りたいと思います。

はっ! もうゲーミングPCの話はしないと決めていたのに……
あ、ほら、これは外観がまったくゲーミングPCっぽくないんですよ。だから、ただのPCの話題なんです。
あー、危なかった。

==================

娘が昨日からストップモーション動画の作成にはまっています。
Boinx Softwareという会社のMac用コマ撮りアプリで撮影しています。
英語メニューしか表示されないのですが、かなり直感的に使えるのです。
で、iPadやiPhoneをカメラとして撮影することができるのがかなり便利。
ダンボーやパンダのおもちゃでなかなかのショートムービーを作ってます。
かなり夢中になってやってます。
まあ、こんな便利なモノがあったら、そりゃおもしろいわなあ……

==================

昨日のポイント還元がどんなふうになっているのかよくわからん、という日記を書きました。
他にもポイントがついたかわからないという人がいたようで、きんどうさんのところで確認方法が紹介されていました! ありがたや〜
【その注文大丈夫? 92%セール終了間際に買ったKindle本にAmazonポイントがついてたか確認する方法】

しかし、結局これって買った直後にポイントが入手できないから、まとめて買うと次の本をポイントで買うということができないということなんですね……

==================

昨日2017年5月28日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は3冊でした。
既読ページ数は758ページ。ありがとうございました。
……おお、ついに1000を割ってしまった
まあ、とにかく新作を頑張るしかないと。

というわけで本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。
未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
posted by Red56 at 23:35| Comment(0) | 日記

2017年05月28日

還元ポイントワンダーランド

昼寝研究所寝言レポート#1162

いつも通り鉄砲町イオンのおひつごはんのお店からお送りする寝言日記でございます。

=====================

それにしても毎日毎日こんな薄味の文章を書くことにどのような意味があるのでしょうか。

うーむ……

娘が青い鳥文庫の三国志を読んでおります。
わたしは三国志は人形劇で見ただけ。それ以来無縁な一生を送っております。
オモシロイのだろうとは思うのですが、まあ、いまさらということで。

この青い鳥文庫の三国志では表紙を山田章博先生が描いています。

=====================

どこへ行っても売っていないNintendo Switchです。
本当はそんなゲーム機、存在していないという可能性もありますが、目撃情報はそれなりにあるので、わたしはまだ諦めていません。

しかし、任天堂も新作を出すのはいいけど、本体を持っていない人はあまり買わないと思うんですよ。
お盆休み前には十分に出回って欲しいものです。

==================

はい、おひつごはんから帰ってまいりました。

さて、Kindleで大規模なコミックのポイント還元セールが行われています。
で、いつものことですが取り憑かれたようにぽにゅぽにゅと購入ボタンを押しているわけです。
『それは君が罪悪感を薄めるために決まって使うおかしなオノマトペ』
はい、薄めるために短い詩も飛び出しました。

さて、ここ数日で30冊も購入したでしょうか。
突然『これって1冊目はともかく、2冊目以降にちゃんとポイントを使っているんだろうか?』
ということが気になりました。

わたしの頭の中では、例えば90%ポイント還元であれば、1冊目定価購入。
2冊目は1冊目のポイント+足りない分を現金で。と思っておりました。
なので、例えば1000円の本を90%ポイント還元で10冊買ったとしましょう。

1冊目。1000円支払います。ここで900ポイントゲット。
2冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1100円。
3冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1200円。
4冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1300円。
5冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1400円。
6冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1500円。
7冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1600円。
8冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1700円。
9冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1800円。
10冊目の1000円の本。900ポイント使って100円支払い。900ポイントゲット。実際の現金の支払い合計は1900円。

ほら、10冊買っても1900円しか支払っていません。

ということが頭の中にあったので、ずかんどかんとボタンを押しまくっていたわけです。
で、ふと「いくらなんでも買いすぎでは……」と不安になって、同時に「この考えは合っているのだろうか」という疑問が出てきたのです。

で、どこかに自分の考えの正しさを裏付ける手がかりがあるに違いないと思って「注文履歴」をチェック。
おお、ずらずらと買ったマンガが並んでいます。「りとうのうみ\864」「アフターアワーズ\680」「決してマネしないでください\540」「CICADA\540」……リストが終わらないぐらい続いています。
が、いずれも表示されている金額そのままです。つまり、100%支払っていることを示しているようです。
……だとしたらこいつ(自分)バカだぞ。と思わず素直な自己否定が口からねっとりと垂れ流されます。
じゃあ、ポイントってのは何なの?

と思ったら、上の方に何かありました……

おお、何ということでしょう。
それはそこに最初から示されていたのです。9130ポイントも。
point.png

……つまり、こういうことです。
ポイントを使うには、購入時の手続きの中で「いまこれだけポイントがあるから、今回の支払いのうちこれだけポイントを使います」的なことをしなければならないのです!
ところが、1-clickではこんなことができません。そしてKindle本は1-clickでしか買えません。

ヤバい。これはヤバいことになっちまってるぜ!

そう思って詳細を調べてみると……

あれ? そうでもないのかな?
point_history2.png

ところどころでポイントが使われています。が、なんだこの妙な表示は……
しかし……27日で3回というのは、確かに3冊購入しているので、すべてポイントが使われたことになります。
26日は……確定したものとそうでないものがあるということでしょうか。
つまり、このまま放っておけばポイントで買ったことになっていくのかな?

……わからん。

もし、しばらく放っておいてポイントが減っているようなら、勝手につじつまを合わせてくれているということでよしとしましょう。

==================

ということで、夜になりました。
本日購入した最初の4件はポイントが使われた状態になっているようですが……そのあとはとびとびで、全体では8件がポイント利用した状態になっています。全18件中8件。
……はい、結局よくわかりません。

いま、まだ9042ポイント残っている状態です……恐ろしいことです。
明日、なにか変化があればお伝えいたします。

==================

昨日2017年5月27日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は7冊でした。
既読ページ数は1579ページ。ありがとうございました。

拙著『青い月夜の特別なこと』がまた「SF・ホラー・ファンタジー」のランキングで20位以内にふらふらと入っております。



いや、しかし『カドルステイト物語』と『桜七』シリーズがすごいです。あと、ヤマダマコトさんの『金色天化』が上位に。
そして、ここのところ人気急上昇の八槻翔さんの諸作が。
うーむ、ちゃんと読まなければ……
でも、うまい作品を読んじゃうと自分の小説を書く気持ちが左右されてしまうという情けなさ……
小説を書くモチベーションなんて薄氷の上の砂上の楼閣を叩いて渡るようなもので、つまりワケがわからないということです。

まあ、あともう何作かは頑張ります。

本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい

posted by Red56 at 21:49| Comment(0) | 日記