2017年06月08日

パソコンどれがいいかというどうでもいい話ですよ

昼寝研究所寝言レポート#1174

いつも通りブラウザで表示される広告がすべてゲーミングノートPCだったのに本日ついにGPD Pocketが出てきて感慨深くなりつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

もう毎日のようにとっちらかったパソコンの話をするのはどうかと思うのです。
何を買うべきか絞りきれず、ああでもないこうでもないと思い悩んでいるのはきっと状況が整理できていないからだと思うのです。

よし、ここは一つちゃんと考えてみます。

まず、一番大切なことから決めたいと思います。
デスクトップとノートパソコンのどちらが必要か。

……
……
……ダメだ! 決められない!

……iMacの27インチの巨大画面というのはいままでのパソコン人生でも味わったことのない体験。
……しかし、持ち歩きのできるノートパソコンこそが……

……いや、ここはiMacでしょう。

よし、ちょっとしばらくiMacのことを調べます。

=====================

さて、最近はGPD WinというちっちゃいPCで電車の中でちまちまちまちまキーボードを打って小説を書いています。
ついに慣れてきました。
もう打ち間違いもあまりないです。
いいなあ、このPC。

そうなると、問題となるのはいま注文して到着を待つばかりとなったGPD Pocketです。

……これ本当にいるか?
うーん、どう見てもイルカじゃないよなあ……
しかし、GPD Winは親指打ち以外はできないという。
GPD Pocketは普通の打ち方ができることは多くの人がやっている動画を見たので、まあ、間違いないと。
で、もしもGPD Pocketが親指でもある程度入力ができるようだと、これはもうGPD Winに用がなくなるという……

ということで、その辺りの争いも目が離せませんね。

=====================

まあ、そう思うともはやノートパソコンは必要ないです。
でも、パソコンを使うのに必要な作業はもうノートパソコンで事足りているから、デスクトップパソコンも必要ないんですよ……

……結論として、新しいパソコンはもう必要ないんですよ。

でも、欲しいんですよ。
だから迷い続けているんですよ。
それが人生ってこと。それを結論にしてもいいですか。

=====================

そういえば、わたしの小説がついに全体的に順位が下がってきて『青い月夜の特別なこと』も【SF・ホラー・ファンタジー】の100位から外れてしまいました。
まあ、いままでが異常だったと。
新作でまた頑張ります。

昨日2017年6月7日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は0冊。
既読ページ数は1795ページでした。ありがとうございました。

むー。ホントに新作がんばらないと。
もうすぐ100枚に達しそうですが、オモシロいのかな……

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』
posted by Red56 at 23:28| Comment(0) | 日記