2017年07月06日

がっかり處チクチク處

昼寝研究所寝言レポート#1202

いつも通り髪を切ってすっきりとした頭でさっぱり進まない小説を前にぽっきりと心折れながらお送りする寝言日記でござります。

=====================

本日は7:30に家を出て猛然と大国町の木津市場に向かいました。
朝8時からやっている銭湯『大平のゆ』なんば店に併設されている床屋で髪を切るためです!
ホームページで店の営業時間を調べようとしましたが、よくわかりません。おそらく銭湯と同じでしょう。
会社から近いので帰りに髪を切ったことはあるのですが、昼休みにもいけると思って二回ほど行ってみたのですが、生憎人が待っている状態。
で、本日は朝に切ってみるコトにしたのです。

まあ、土日に近所の床屋で切ってもいいのですが、そのために午前中をつぶすというのが嫌だったので。

で、銭湯に着いたのが8時15分頃。
銭湯はやっています。
床屋は閉まっています。朝は10時からと書いてあります。
……ふーん。

あ、いまホームページ見たら書いてあります。
http://www.taiheinoyu.jp/mysite13/kamikiritokoro.html
情報を知っている状態で観測すると結果が変わるというアレ的なナニでしょうか。

なので、昼休みに猛然と3回目のアタック。
「いけますか?」と以前髪を切ってもらったことのあるおばちゃんに訊ねると「大丈夫です」との返事。
おお、三人の職人さんの一人の手が空いている状態でした!

おばちゃんに今日はどうされますかと聞かれたので「いつも剃刀二枚で剃ってもらってます」と答えるとぎょっとされました。
あ、違った「バリカンで刃二枚でやってもらってます」と訂正。
「あー、びっくりした。出家してしまうんかと思った」とおばちゃん。
髪を切ってもらっている間、そのことを思い出す度に笑いそうになりました。

さて、ここで30分ぐらいで髪を切ってもらったのはいいのですが、シャンプーがないのです。
オプションでもないみたい。
このまま銭湯に行けということかもしれませんが、風呂上がりに切ると不幸なことに。

というわけで、午後はずっと襟の辺りがチクチクしておりました。

300円オプションでもいいからそれは選択できるようにしていただきたい……
あと店の名前が読めん。いましらべたら「髪剪處」と書いて「かみきりどころ」と。

=====================

それでも町は廻っている。ついに10巻に手を出してしまっています。
もう、この世界がかなり好きです。
人気のあるマンガでよくある公式ガイドブックもあります。
が、これがどうもかなり良いできのようで……欲しい。
もう紙の本はプレミアばかり。
うーむ……
大きな画面があればいいのかもしれませんが……

=====================

そろそろ下の未消化のネタも古びてきたな……
スーパーファミコンミニが出るようなんですが……
いま目の前にあって、最近、娘がこれでトルネコの不思議なダンジョンをやっています。
つまり、完全に現役。
その気になれば名作FFVIもできるのです。

ただし、一番オモシロかった『ゼルダの冒険 神々のトライフォース』のカセットが見当たらないのです……
まあ、Wii Uのダウンロード版がAmazonで833円で売られているから、これを買えばいいのか。
これ、どういう仕組みでAmazonで買ってWii Uでできるのかな? もうこの販売システムについていけてない……
というか、Wii Uのダウンロード販売なんてもう終わっているのかな?
……いや、どっちみちやりませんけど。

Switchは相変わらず全く手に入る気がしないです。

=====================

さて、昨日2017年7月5日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は3冊。
既読ページ数はやや盛り返して409ページでした。ありがとうございました。

あー、最近は疲れて電車の中でそれ町読んでいるだけだ……

がんばります。

というわけで、本日もお疲れ様でした。
おお、アクビのしすぎで椅子に座ったままちょっとだけ前に進めた……
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
posted by Red56 at 23:11| Comment(0) | 日記