2017年08月01日

9/12を刮目して待て! 『映像研には手を出すな!』

昼寝研究所寝言レポート#1228

いつも通りPLの花火大会を堪能してぼやーんとしたままお送りする寝言日記でございます。

=====================

昨日、なんとなく『映像研には手を出すな!』の1巻を読んだのです。
そろそろ2巻が出るんじゃないかなと思って。



……おもしろい。
本当におもしろいです。

で、今回気がついたのですが浅草みどり氏が自分の家にネタ帳取りに帰った時に「ちょっと待つ茸」と言っているのですが、なんとなく「なんでキノコ?」と思っていました……最初にそう読んでしまったために今回初めて気がついたという……

あー、燃える。
熱くなるマンガです。
空想で世界を作り、それを形にしていく。
そういうことに時間を費やしている人はいますぐ心に刻むべし。

2017年も半分過ぎましたが、今年の私的なオモシロマンガNo.1です。
金森さんがいい!
「貴様ら 今すぐ PC室に来てください」の前のコマ。カッコいいです。
あと、予算審議委員会の発表当日の寝起きの浅草氏の顔。ステキ。

読み終えた後で、あれ? これは紙の本も買って持っているべきでは?
と思って、本日買ってまいりました。

ありゃ! まだ初版本じゃないですか!
そしてまた最初から読んでいるという……
紙で読むとちょっと電子版とも感覚が違いますね。

まあ、来年には500万部ぐらいは売れると思います。

作者様のtwitterで知りましたが、2巻が9/12に出るとのこと。
おお!
この最初のインパクトを超えられるか。ちょっと心配ですが、楽しみです!



無限の妄想が、いまカタチになるーー

=====================

さて、昨日2017年7月31日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は1冊でした。
既読ページ数は414ページでした。ありがとうございます。

7月の販売数は有料版が22冊。既読ページ数は20346ページでした。
減ってはいますが、それでも信じられない数。
本当にありがたいことです。
がっこんがっこん。(お礼のおじぎで床に頭をぶつけている音)

いま自分の中の名作である『サマータイムリバース』を延々と直しているのですが、確かにくどい部分が多くて読みにくいかも。
別に文章に味を持たせようなどとは考えておりません。すっきりとした文で意味が通じれば他には何も要らないのです。

現在後半の修正二回り目。
まだ直すところがぽろぽろ出てくるという恐ろしさ……

というわけで本日もお疲れ様でした。

長年、ガムテープをいかに早く正確に貼れるか、その腕前を競い合っている種族がいました。しかし近代化の波は彼等の生活も確実に変えていきました。あの味気ない色の、斜めにしか切れない(しかも断面が汚い)ガムテープに若者は見向きもしなくなっていました。そんな彼等が使っているのはマスキングテープ。お洒落ですぐに剥がれるところが今時の執着しない若者の心を捕らえて放さないのだといわれています。そこへ目をつけた老舗のガムテープ工房。社運を賭けて発売したのがはいこれ、マスキングガムテープ!

……お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『セーラー服部とその他短編』読んだ!