2017年09月30日

太一ショックと天狗わからずのこと

昼寝研究所寝言レポート#1288

いつも通り鉄砲町イオンのオシャレな店の真正面にあるソファに座っているので本人比5%ぐらいでオシャレ度が上がったような気がしてにこにこしながらお送りする寝言日記でございます。

=========================

天牛堺書店で『サーカスの娘オルガ』を購入。
山本ルンルン先生はマンガ家業20周年とのことなので、お祝いも兼ねて電子書籍と紙の本を二重買い。



やばい。『映像研には手を出すな!』に続いて紙も電子も買う本が増えている……

本当に好きだと思う作家さんの本は特別なわけですが……
でも、例えばいま紙で揃えているマンガも少しずつ減らしていこうと考えているわけですが、もう既に何度かの選別を経ているわけで、これ以上手放してもいいのかという気もします。

それ以外の書籍もガンガン減らしていきたいところですが……

棚や書籍詰め込みケースの中の本を無くして、最終的に本棚二つに収まるようにしたいです。

=====================

本日、買ったまま放置していた『ちはやふる』の35巻を読もうと決意。
31巻ぐらいから読み返したら、おお、またこの辺りも激しいです。
そして、35巻。

……太一、どうなってしまうのやら。

個人的には桜沢先生と千早との戦いが感慨深いモノがありました。
話が長くなっており、Amazonレビューはやや荒れていますが、まあこれからもドキドキしながら読み続けます。

表紙が誰だかわからんかった……

=====================

そして、いままた印象的なマンガを読んでおります。
読み終えたらご紹介します。

=====================

そして、大坪砂男の『天狗』を、生まれて初めて読みました。
タイトル知ってから四半世紀ぐらい。

名作の誉れ高い短編を、国書刊行会の『探偵クラブ』の一冊で読んだのです。
高まる期待。いったいどれほどスゴいのか!

……え? なんじゃこりゃ。

確かに、昭和23年(西暦1948年)に発表された短編でこの着想というのは新しかったのでしょう。
なんじゃこりゃ、で済ませるのもアレなので、ちょっと、他の短編も読んでみます。

=====================

というわけで、昨日2017年9月29日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は6冊でした。
既読ページ数は263ページ。ありがとうございました。

ああ、もうダメだ。眠い。
『サマータイムリバース』のあの処理を変えたら、結構根深い問題になってしまって、修正点が多岐にわたるし、そもそもあの議論もなくなってしまうという……どうしたものやら。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……




posted by Red56 at 23:35| Comment(0) | 日記

2017年09月29日

愉悦さよなら

昼寝研究所寝言レポート#1287

いつも通り御堂筋線の車内で素敵な『青い月夜の特別なこと』という小説のラストシーンをチェックしていたら色々と妄想が膨らんで泣けそうになったので慌てて現実の世界に戻ってきたらもっと泣けてきそうになったのでもうその間を永遠に彷徨う儚い存在になることに決めたので薄れつつある意識のままお送りする寝言日記でございます。

=====================

先日べた褒めしていたドスパラのマグネットでくっつくスマートフォン充電ケーブルですが、今朝ぶっ壊れました!
ひゃっほー!

スマートフォンから引っこ抜いたケーブルをタブレットにくっつけて、あれ? なんで充電できへんのじゃろか(ニセ関西弁)と思ってよく見たらケーブル側の強力な磁石にスマートフォン側のアダプタの金属部品がくっついたままとれてしまったのです。

そこはしっかり作ってくれよ〜

これが500円ぐらいの製品なら笑って済ませるところですが、1300円なので笑って日記のネタにさせてもらいました。
まあ、接着剤でくっつけて何事もなかったように使うつもりですが……
都合三つのアダプタを買ったわけですが、いつまでもつことやら……
でも、本当にラクなんですよこれ。
品質にばらつきがあるということでしょうか。

前の記事にも追記しておかないとな……

=====================

さあ、金曜日終了。
来週はいよいよ最後の創作塾でございます。

もう一回参加しようと思っているのですが、何しろ人数が多くて……

=====================

はっ!
百均で買ってきたナンプレをうっかりプレイしてしまった!
レベル4となるとかなり難しいのです……

=====================

というわけで、昨日2017年9月28日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は0冊でした。
既読ページ数は483ページでした。ありがとうございました。

さて、今度こそ週末に『サマータイムリバース』の修正を完了したいのですが……どうなることやら。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……


posted by Red56 at 22:49| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

iPad mini 4の128GBの定価は45800円ですから

昼寝研究所寝言レポート#1286

いつも通りいろいろなことが思い通りにいかなくてもいつも通り跳ぶ前に諦めていれば痛くもかゆくもないから頬に流れ続ける涙はただのホコリのせいだってもう何年も言ってるでしょと半ば叫びながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

iPad mini。
初代。持ってます。
わたしが入手したITガジェットの中では3本の指に入る満足度の高い製品でした。

で、まあ、使い続けていたのですが、新しいOSだともっさりとしか動かないなあ、と感じ始めていつの間にかたまにしか触らないようになっておりました。

これでKindleのコミックを読むのがとても良い具合なのです。
そのKindleの動作が重くなってきて、それでもこの紙の本に近い比率(Android端末の16:9なんて比率のコミックは存在しないでしょ?)でこのコンパクトなサイズは他にない貴重なものだったのです。

で、初代iPad miniが最新OS対応機種から外されて数年。がそろそろ新しいiPad miniを買うか、と漠然と考えていたのですが、ここへきてiOS 11がiPadでは大きく操作性が進化したということで、もうこれは触っておかなければなるまいと思って購入を決意したのです!

が、なぜかまったくアップデートされないiPad mini。
現行機種iPad mini 4は三世代前のCPU Apple A8を搭載。値段は、まあ、128GBのメモリを積んで45800円と、iPadファミリー内では比較的お安い方かと。
でも、税別45800円ですよ……しょうがないからこの古いやつにするわ、と妥協して買う額じゃないです。

それでも、まあ、iPad miniは2も3もiOS 11に対応しているから、4ももう5年ぐらいは使い続けられるのかもしれません。

しかし、発売が2015年の9月。
2年前のアーキテクチャですよ。
iPhone 6sが同時に発表されていて、6sはApple A9を積んでいたのですが……

あ、いま調べたら発表当時のiPad mini 4は128GBモデルが6万4800円とあります。
そうか……値下げはされているんですね。
でも、望んでいるのは古いモデルの値下げではなく、A11を搭載したイマドキのiPad miniなのです!
iPad mini Xでも可!
勢いで書いたけど、出てほしいです。そして出るなら早く教えてほしいです。

うわー、いま通販のヤマダモールを見たけどある業者の店でiPad miniが2年前の16GBがほぼ定価(税込42,900円)で売られている……
気をつけないと! 今は128GBが税別45800円で買えますよ!

ひどい商売もあったものです……

=====================

で、実は夕方にヤマダ電機でiPad mini 4を見に行ったのですが、在庫切れでした。
ついでにiMacのカスタマイズ(FusionドライブをSSDに変えたモデル)が店頭で注文できるかを聞いてみました。
答えはNG。
カスタマイズなしのモデルなら多少の割引とポイントがついてお得ですが、カスタマイズの場合はもうApple Storeか通販で頼むしかないようです。

そうか……
でもHigh Sierraのすごさを体感するにはSSDだよなあ……

というわけで、欲しいのはゲーミングノートなのかiMacなのかiPad miniなのか混沌としてきているような気もしますが、答えは単純明快で『全部』ということです。

=====================

さあ、そんなタワゴトを書いてばかりですが……

今日、会社で新しいMacBook Proを(別の人が)買ったのですが、MacBook 2017のスペック、改めてスゴいです。なんか理想の大きさ、重さがここにあった……
高さ:1.55 cm
幅:34.93 cm
奥行き:24.07 cm
重量:1.83 kg

まあ、高すぎますし、せめてもう少しちゃんとしたGPUを載せてくれればいいのですが……
30万円のモデルにはGTX 1060相当のものが載ってほしい……

=====================

というわけで昨日2017年9月27日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は1冊でした。
既読ページ数は803ページでした。ありがとうございました。

『サマータイムリバース』の修正を行いつつ『六花抄』もまた読み返しています。

あ、『スペースシップラプソディ』ですが、昨日の分がキリが良いところで終わっているので、連載終了とさせていただきます。長年のご愛顧ありがとうございました!
続きが読みたい方はその気持を創作ダンスなどで訴えてくださればと思います。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……




posted by Red56 at 23:17| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

楽々充電の愉悦(は長続きしなかった……)

昼寝研究所寝言レポート#1285

いつも通りなんとなく「MAX-Q Gigabyte」でGoogle検索をかけたら、新しいAEROの記事がヒットして鼻息荒く半ば宙に浮きながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

まあ、AERO 15は前から十分に薄かったのですが、今回の新型AERO 15XはGTX 1070を搭載しながら同じサイズ同じ重さ(高さ19.9mm x 幅356.4mm x 奥行き250mm 2.1kg )という……
https://www.gigabyte.com/Laptop/AERO-15X#kf

お値段は2400ユーロぐらいからとのことで、日本円だと30万円ぐらいでしょうか。

まあ、これで前モデルがお安くなってくれれば、と思いながら、そもそも日本発売されていないからどうしようもないという……

液晶画面の周りの枠(ベゼル)が左右だと5mmしかないという大盤振る舞い。
それ故、同じ画面サイズのゲーミングノートに比べると一回り小さいのです。(Dellの画面同サイズ15.6インチのInspiron 15 7000は高さ: 24.95 mm x 幅: 389 mm x 奥行き: 274.7 mm 2.85kg)
このベゼルが狭い、というのが近年の大きな流れ。狭額縁(きょうがくぶち)と言われることもあります。

やっぱりこれが本命だなあ……GTX 1060搭載のAERO 15で十分です。
売っていないという些細な難点に目をつぶれば何の文句もありません。

特に興味のない皆様も「今日の食パン、ベゼルが狭いね」などと朝食の場で突然のたまってみてはいかがでしょうか。

=====================

*9/29追記 下記ケーブルですが、本日ぶっ壊れました! 一週間ぐらいもてよ

昨日、ドスパラというPCショップでマグネット式のスマートフォン充電ケーブルを購入しました。1300円ぐらい。
これ、専用ケーブルと小さなアダプタがセットになった商品です。常日頃からアダプタをケータイのマイクロUSB端子に差しっぱなしにしておきます。直径1cmぐらいのアダプタが五ミリ以上飛び出した形になりますが、充電時に専用ケーブルを近づけると、磁石でカッチリとくっついて充電できます。
充電が終わったらケーブルを外せばいいのです。

これで何が嬉しいかというと、
・スマホの端子の摩耗を防げる。
・鍵のかかった一人きりの部屋で充電中のケーブルをうっかり脚に引っかけてテーブルから飛んできたスマートフォンが頭に当たって倒れたところ打ち所が悪くて密室殺人だと無駄な騒ぎになるのを防げる。

主にこの2点でしょうか。

実は今までも同様の商品を使っていたのですが、そちらはやや繊細な作りになっていて「充電もデータ通信もできる」というのが売りだったのですが、どうも磁石でくっつけるなんて手法ではきっちりと接触が保てなかったようで、データ通信も充電も不安定という情けない結果に。磁石でくっつけただけだとウンともスンともいわずに左右に揺すったりしてようやく通電させることができて、しかもちょっとした拍子にケーブルが傾いて充電できていないという……

ところが、ドスパラのこのケーブルは「充電のみ対応」で、プラスとマイナスだけつなげりゃいいんでしょ、という割り切った作り。
磁石もなかなかに強力で、気持ちよくくっついてくれます。充電もいまのところ失敗したことがありません。密室もできていません。

で、家で娘が使っているAndroid Tabletの充電端子がだいぶへたってきたので、こいつに変えました。

調子が良かったので、本日マイクロUSBとUSB-タイプCの二本のケーブルを買ってきて、GPD PocketとZenFone2に装着しました。
ケーブル部分は共通なのでかなり便利です。

ここで紹介されている画像だと3mmぐらいしか飛び出さないように書かれていますが、スマートフォン側の端子によっては深く刺さらないこともあるので、ご注意を。それでも特に支障はないかと思いますが。

9/29 追記 リンクは削除しました〜ちゃんとしていれば便利な製品ですが!

==================

というわけで、昨日2017年9月26日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は9冊でした。
既読ページ数は502ページ。ありがとうございました。

さあ、疑問文の語尾にちゃんと「?」をつける(つけなくてもいいから統一すること)という手間の掛かる修正を行っております。
なんか、でも疑問文のようでも断定することもあると思うので、そういうところにはつけなくてもいいですか?

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

『スペースシップラプソディ(仮)』第28回
「先生、怪しげな古くさいけど歌がどこからか聞こえてきます! 何故か涙が出てきます!」
 三尾が大きな声を出す。
 車内が笑い声に包まれる。何となくこの集団に馴染み切れていない俺にとってはありがたい雰囲気だったが、ふとこちらを見ている矢野と目が合った。
 苦笑いをするその目が、俺にはやけに冷たく思えた。
「あ、なんか発射台のランプが赤くなったよ」
 日菜子の声に俺は再び窓にかじりつく。
「レーザー照射装置の準備が始まったんだ。台から伸びているあの太いオレンジ色のケーブルがレーザー用の電源で、新しい宇宙港だと地下に設備が埋まっているんだけど、ほら、こんな古い場所では電源棟から直接電源を引いている。あの電源ケーブルの安全が確立されるまでにもちょっとした歴史があるんだけど……」
「へえ、そうなの」
 日菜子がうまいこと相づちを打ってくれたので、俺は矢野の表情のことなんか、あっという間に忘れてしまった。
 このときにもう少し深く考えておけば、なんてのは無理な注文だ。


未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
posted by Red56 at 21:57| Comment(0) | 日記