2017年10月04日

存分に楽しませてもらいました『エレファントトーク』

昼寝研究所寝言レポート#1292

いつも通りいつもより遅くなった帰りの電車の中でGPD Pocketを取り出してチマチマチマと日記を書き始めた途端に乗り換えで御堂筋線天王寺駅のいろんな人がいるホームで頑強な安全柵にもたれながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

読み終えました!
藤崎ほつまさんの『エレファントトーク』を!
なにこの安定したうまさ。
とてもおもしろかったです!

すごいなあ。
至る所でリアルな感じを出すのが巧みというか、場面がしっかり動いているというか、文章がしっかりしているというか……

大阪を舞台にしているので、出てくる地名に馴染みがあるとか、天王寺動物園のことも実際に見たことがあるから、という地元お楽しみ要素も確かにありますが、なによりもスマートフォンになった主人公という、およそ馬鹿馬鹿しいシチュエイションをここまで切れ味の良い見事なカタチのお話にする手腕に脱帽です。

正直なところ、主人公は奇異な状況に置かれているという点ではさほどの特徴がないというか、既に色々とあった後の話なので、その状態ではあまり派手な活躍はできないわけです。電源落とされると存在しなくなるし……
その世界に彩りを添えるのが妹の存在。
まあ、こんな展開だったら必ずこの妹を気に入ってしまうわけです。
次々に繋がっていく人との関係。それに伴って不穏な感じが広がっていきます。
が、なんというか、いい人が多い。
事件に絡む妹の友達や、主人公の元カノなど、女性が魅力的でうらやましいです。

連鎖的に起こる事件を追うだけでも十分に楽しいですが、表面の派手な事件が収束した後でのまとめがまたうまい感じ。全体が最初から美しい形に作られていたことがわかって「ああ、良いものを読んだ」と大満足です。
タイトルもステキです。
この物語のカタチは作者の代表作『キミのココロについてボクが知っている二、三の事柄』にも通じるものがあるかも。

文字を並べて言葉をつなげてこんなに楽しめるものを形作ることができるのだと改めて感じることができました。

昨日も書きましたが、小説はすごいな、と。

この作品は過去に書いたモノを修正して出したそうです。豪華な隠し球だな!
藤崎ほつま恐るべし。
まだ世に出ている長編は二作だけ。
もしもご存じなければ、是非この作品からどうぞ。



=====================

というわけで昨日2017年10月3日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版が1冊。
既読ページ数は664ページでした。ありがとうございました。

眠い……寝て良いですか?
明日は頑張るから……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

あ、なんか五回限定で小説の連載しているんだっけ。
でも、よく見たら原稿用紙100枚ぐらいあるっぽいです。
五回でお見せできるのはごく一部ですが、その回数で80%ぐらいはおもしろさが伝わりきるのではないかと。残念ながら。

『螺旋エイプリル』第2回
偶然ですが、僕の家の近くの商店街に『スナック螺旋』という黒い看板と『ベーカリーエイプリル』という赤い看板が並んでいます。どちらもかなりくたびれています。スナック螺旋が営業しているのを見たことがありません。こういういかがわしいお店は夜にやっているのでしょうから、それはしょうがないでしょう。僕は学校へ行くときにこの商店街を抜けるのですが、看板を見るたびにこのお店がどういうものなのか想像しています。もう一方のベーカリーエイプリルの方はただのパン屋であり、特に妄想を駆り立てるような存在ではありません。メロンパンにクリームが入っているのが好きなのですが、妹は甘すぎるなんていいます。おっと、話が大きくそれてしまいました。とにかく、本のタイトルに僕が毎朝見ている看板の『螺旋』の文字と『エイプリル』の文字が入っていることに驚きました。ホントに偶然以外の何ものでも何様でもないのです。まったく「春の読書感想文は事実より奇なり」とはまさにこのことかと。昔の人は実にうまいこと言ったものです。さて、自分に課したルールに従い、改行もせずに本の内容をさらに紹介いたします。物語の主人公である女の子は僕と同い年。ちょうど春休みを満喫しているところですが、宿題の読書感想文に苦しんでいます。本の中では架空の書物『螺旋エイプリル』をでっち上げて感想を書いているのですが、適当にタイトルを考えて、そういう本を読んだことにしようと決めたところで内容なんかあるわけがないのです。そこで女の子は作り上げた物語の中でも春休みに出された読書感想文の宿題に困った男の子が螺旋エイプリルという物語をでっちあげているというストーリーにしました。もちろん、男の子がでっち上げた物語というのは、春休みの読書感想文の宿題に困った女の子が螺旋エイプリルという物語を作り上げていて、その女の子の物語の中でも男の子が……という内容です。この辺りのややこしさがこの本のミソでしょう。読んでいるうちに僕の頭は容易に混乱しましたが、本の中の女の子も同様だったようで、それを回避するために賢明な方法を考え出しました。なんとお話に番号をつけることにしたのです。


未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
posted by Red56 at 22:47| Comment(0) | Kindle小説の面白いやつ