2018年08月31日

カッコイイそしてカッコイイ『6のトリガー』

昼寝研究所寝言レポート#1622

いつも通りできるだけ拳を小さく握りしめてから勢いよく開いてみるんだけどそれは一瞬だけ花が見えることがあるって子供の頃に聞いたからであって母は一度だけハッキリと見えたというからそれを僕はとても羨ましく思ったんだけど今になって思えばそれも嘘なのかなあと薄々気付いているんだけどやっぱり同じ事を繰り返しながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

忙しくて何もないよ!
と思ったけどついにTALI先生の『6のトリガー』を読了。
うーん……
短すぎる。

そうだ。前に1巻を読んだ時にとてもオモシロかったのですが「これで全4巻って、短くね?」と思ったんですよ。
つまり、好きな世界が繰り広げられているのに、途中からバタバタと無理な畳み方をする、というアレが繰り広げられているのではないかと思うと、そりゃ読む手も止まるというもの……

3巻ぐらいから結構急いで話が進みます。
それでも良い幕引きかと思います。
これ、別に打ちきりとかじゃないのかな?
でもなあ……
この世界がとても好きでした。絵もバッチリ。カッコイイセリフもビシバシ当たりました。欠点は短すぎること。
むむむ……



=====================

さあ、休みの間に新しいオハナシの完成度を高めます。
それしかない!
頑張れるかな〜ダメかな〜

=====================

というわけで昨日2018年8月30日の自作Kindle有料版ダウンロード数は6冊。無料版は13冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1006ページ。ありがとうございました。

まだ4位です。でも、Kindle本全体での順位はじりじりと下がっているので、そろそろこのポジションもキビシイか。

あ、週末にサマータイムリバースの、指摘された誤字を修正せねば……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!
・『6のトリガー』ついに2巻まで読んだ!


2018年08月30日

探している時から楽しいので

昼寝研究所寝言レポート#1621

いつも通り好きなマンガの画集を買ってひゃらほほほー的な気分でお送りしようかどうしようかな止めちゃおうかなあと想像を絶するうざさでお送りする寝言日記でございます。
=====================

昼休みにはレッツヤマダゴーですが、想像を絶する気温とそれを弥増す熱風に黒いアスファルトの反射熱。ヤバいです。
それでも本日発売の画集のためにヤマダの書籍コーナーへ。
僕らはみんな河合荘コレクションBOOK入居の手引き』を探し求めます。
あれ?
マンガじゃないからどこにあるのかわからない……
そもそも『僕らはみんな河合荘』のコミックスも最終巻とその前のしかない……

無駄足でした……
「いやます」って漢字でこう書くんか……

=====================

Bluetoothのアダプタなしには壊れかけてもいないのに何も聞かせてくれないessential phoneですが、最近は寝る時にBluetoothイヤフォンでポッドキャストを聞くことでなんとかしのいでいます。
これ、本体部分に好きなヘッドフォンやらイヤフォンをつなげるので重宝しています。
寝る時にはもっぱら百均のモノラルイヤフォンを使っています。寝ている間にうっかりねじったり押しつぶしたり国境を越えたりすると断線しやすいのです。

が、その状態だとワーイ飛行機びゅんびゅんモード(機内モードともいうらしい)にできないのです。それをうっかりやるとBluetoothも切れるので。
で、一晩中Bluetoothを接続しっぱなしということを二日も続けると、会社に行く途中でアダプタのバッテリーが何のコトワリもなく切れるわけです。ああ、そりゃそうか。
イヤフォンジャックがないことで発生する良いことを仮に3だとしましょう。
その時悪いことは5899ぐらいだと思います。

=====================

というわけで会社をいつもより30分ほど早く出て難波の旭屋書店へ。
コミックの棚を見るも発見できず。
まさか売り切れているのか?
ガクガクブルブルしながらも必死に笑みを浮かべてレジのお姉さんに爽やかな人を装って訊ねると「設定資料集の棚にございます」と言われました。
そこはさっきもちょろっと見たけど、いくら何でもこんなところにはないよな〜と思っていたところでした。
改めて見ると、おお、三冊もありました。
でも、普通に棚に細い本が刺さっているだけなので気付きにくいよ! それなりにヒットしたマンガなのだから、もうちょっと大々的に、せめて面出しで並べてもよくないですか?
まあ、とにかく手に入れることができたので幸せな気分で爽やかな人を装って帰りましたとさ。

=====================

というわけで昨日2018年8月29日の自作Kindle有料版ダウンロード数は5冊。無料版は2冊でした。がんばれ無料版!
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1539ページでした。ありがとうございました。

まだ【ミステリー・サスペンス・ハードボイルド】と【SF・ホラー・ファンタジー】の4位にいます。全Kindle有料本のランキングでも274位に。
が、Prime Readingなので何冊読まれているのかまったく不明です。教えてくれたっていいと思うんですけど……でも、Prime Readingに入っているからこそこの順位なのだと思うと、とても良い宣伝になるので、助かっていますと書こうと思ったのですが、正直この本以外は地味な動きしかしていないので……これだけシリーズ1冊目が読まれているのに2作目が伸びないということの意味を考えるとガクガクブルブルしながらも必死に笑みを浮かべて爽やかな人になるしかない今日この頃。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!
・『6のトリガー』ついに2巻まで読んだ!


posted by Red56 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月29日

スパムの森

昼寝研究所寝言レポート#1620

いつも通り歩くことさえキツイ時があるわけでそんなときには何をどうすればいいのかということも思いつかなくてただぼんやりと数を数えることにしようと思うのですが最初に何の数を数えようかという話になんとなくなるわけで例えば体中の目の数を数えて最後にその合計を出すこと286回でその平均値をとってみたりしてやっぱり小数は切り上げるべきか切り捨てるべきかなどと考えているうちにキツイ気分がさらにどよーんと見えないところまで行ってしまえばシメタものですが大体は自分もそれについて行ってしまうのでもう何を数えれば良いのか顔のパーツ限定でと暗い森をさまよう気持ちのままお送りする寝言日記でございます。

=====================

あれ?
見落としていましたが『サマータイムリバース』の誤植についてKDPからメールが来ていたのですが、これ、完璧に見逃していました……
あ、何故か「迷惑メール」になってました。うーむ……困ったものです。

何かわたしに重要なメールを出して無視されていると思われた方はtwitterのダイレクトメールをお願いいたします。そっちの方が気がつくかと。

もう、このスパムってなんなん?(怒りのあまり珍しい口調)
次のノーベルがんばったで賞はスパムの撲滅に成功した人に贈りたいです。

=====================

明日はアレですよ。
『僕らはみんな河合荘』の画集が発売されます。
とても楽しみなのですが、まあ、あの、ちょっとこの手の企画ものでありがちな……
僕らはみんな河合荘コレクションBOOK入居の手引き』ってタイトルがアレだと思いませんか……

さあ、ヤマダ電機で売ってるかなあ。

=====================

RTDリーグ。WHITE34回戦。猿川プロが8位でしたが、じわじわと点差を縮めてついにラスから脱出です。
もう、打ち方といい、しゃべり方といい、めちゃめちゃ惹かれます。
この番組、最高におもしろいなあ……

=====================

青い月夜の特別なこと』が【ミステリー・サスペンス・ハードボイルド】と【SF・ホラー・ファンタジー】で未だに4位です。
今日は全Kindle本の中で390位ぐらいまで上がりました。これ、履歴を見るとダントツで過去最高です。

が、これといってお金が儲かるわけではありません。おかしいな……

=====================

というわけで昨日2018年8月28日の自作Kindle有料版ダウンロード数は2冊。無料版が0冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1056ページ。ありがとうございました。

昨日新しい話の終わりまで書いて、今日から足りない部分を書いています。
この後、色々と見直して完成度を上げていく予定ですが、まあ、どの程度のところまで行けるのかはまったく不明です。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!
・『6のトリガー』ついに2巻まで読んだ!


posted by Red56 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月28日

緩く締まりなく『まったく最近の探偵ときたら』

昼寝研究所寝言レポート#1619

いつも通り何か素敵な比喩を開拓しようとして夜の空の部分を林檎の皮だと考えてごらんなさいだとすると地球が林檎の果肉部分になってコアの辺りが種のあるあの辺でそれはもうちょっと素敵とは言いがたいような気もしますがでももしそんな無茶な例えが成立するのなら月は火星は太陽は天の川銀河はアンドロメダは何ってことになって全てが破綻しそうになったのでここはもう林檎以外の何かであるとそりゃそうですよ月だし火星だし太陽だし天の川銀河だしアンドロメダだしの最後の四文字めだだしって何だそりゃとちょっと失笑しながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

ここのところ書いていたのラストシーンですが……
まあ、思ったよりしょぼいような……あとは読んでいる人の想像力に任せるしかない。

=====================

さて、軽く飲みながらマンガを読むというのは大人だけに許された最高の楽しみです。
なぜならマンガは子供でも読めますが、お酒は大人しか飲めません。チャレンジはできますが。
さらに言うと子供は大人になれますが、大人はもう手遅れです。チャレンジはできますが。
老婆心から付け加えておくとマンガにお酒がこぼれたりするとかなり悲劇です。

というわけで、お酒片手に読みながら飲む、飲みながら読む、飛びながら読む、読みながら飛ぶ(悲劇へのチャレンジ)という色々なカタチの読書があるわけですが、一つ大きな問題があります。
長いマンガだと泥酔してしまうということ。

泥酔。それは攻撃力も守備力も知力も最底まで落ち込んだ状態のことです。
「でいすい」で変換すると他に「泥水」と表示されますが、まあ、大体似たようなモノです。

それによって読んだマンガは「なんかすごくオモシロかったような気がする」程度の認識しか持てないのです。そのため日記に書くこともできず、なんかちょっとモヤモヤした感じになります。

まあ、悪いことばかりではなくもう一回新鮮な気持ちで最初から読めるという利点もあるという言葉をなんとか捻り出すことはできるわけですが、やっぱり初読とはかなり違う手触りというか……そんなときでも、まあ、軽くお酒でも飲みながらだと素直にそういう気持ちになれるのかもしれません。

=====================

そんなわけで、酔っ払って読んだ『ランウェイで笑って』がとてもオモシロかったらしいですよ。最近新刊が出ていたようなので思い出したのですが、どこまで読んだかすら定かでないので、ちょっと手が出せないかも。

=====================

さて、いま読んでいるのは五十嵐正邦先生の『まったく最近の探偵ときたら』です。
高校生の頃に世間の注目を浴びた天才名探偵のその後を描く問題作!
完全にオモシロいです。
でもね、三十路を越えた探偵がおっさん扱いって……そんなもんおっさんちゃうわ!
本当のおっさんを教えて欲しいか! わたしは知りたくも見たくもありません!

……まあ、ありがちな探偵ネタのパロディなのですが、小ネタの鋭さが不意打ちできます。
いいなあ、この世界。
ちょくちょく出てくるあの設定は明らかになるのかな?

あ、いまさら気がついたのですが『川柳少女』の作者さんか!
ちょっと驚き。



=====================

というわけで昨日2018年8月27日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版は11冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1532ページ。ありがとうございました。

いま見たら拙著『青い月夜の特別なこと』が【ミステリー・サスペンス・ハードボイルド】【SF・ホラー・ファンタジー】の両ランキングで4位に! おお、すごいな。
まあ、ちょっとヤマダさんの二作があるので、これ以上は上がらない感じです。
2作目、3作目もちょっとランキングが上がっています。ありがたや〜

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!
・『6のトリガー』も読む準備しておくか!