2019年03月20日

勇気そして希望の物語『ハナカク』

昼寝研究所寝言レポート#1823

いつも通りビー玉の中にあるヒラヒラしたものを隣の透明なビー玉に移すのが僕の仕事の内容なんだけどヒラヒラを失ったビー玉がどんなことになっているのかなんて考えたこともなくて今日になって一緒に作業をしているバイオラスがよせば良いのに僕に教えてくれたものだからもうそれを知らない振りはできなくなってしまったことに軽く絶望しながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

noteは最初にたくさんの人をまとめてフォローさせる機能があって、それはそれで楽しいのですが、なんか読もうという気持ちが薄まってしまいがちです。
まあ、主に自分が投稿するだけで、あまり他の人の記事を読んでいなかったのです。だって、オモシロそうなものは軒並み有料。しかも結構な値段。

で、とろとろと見ていたら……おお、なんじゃこりゃ!
打ち切り漫画家2.0 松井勝法】という名前で『ハナカク』というマンガの宣伝をしている記事が……
このマンガに出てくるキャラクターのイラストが素材としてダウンロードできて、お値段無料。
例えば『ハナカク』第一巻扉の絵jpg, png, psdとそれぞれのフォーマットでダウンロード可。しかも、psdファイルのサイズは12MBです。これは一体?

どうやら、どこぞで単行本を出していたマンガが4巻で打ち切りになったために、作者がクラウドファンディングでお金を集めて続きを出そうと考えているようです。
そのために、最初から16話まで期間限定で無料で公開すると……
素材の無料配布もその活動の一環なのでしょう。

いずれ新装版で1〜4巻が発売になり、さらに5巻を出したいということです。

すごいな!



小柄な主人公が、高校生になったのを機に強くなりたいと願い、それ系の部活に入ろうとするも、片っ端から追い出されてしまい、途方に暮れているところで運命の『総合格闘技』との出会いが……

いやあ、読みましたよ。16話まで。
おもしろいじゃないですか!
主人公が見知らぬ世界へ飛び込み、わずかな才能、己の努力、そして強い気持ちで大きく成長していくという、もう鉄板のオモシロさですよ。
良いマンガからは感動と勇気をもらえます。これがそれです。

Kindleで16話まで読むと、17話が気になっていてもたってもいられない状態になりますが、なんとnoteで17話が無料で公開されています。
https://note.mu/okuboku/n/ne414a00aea3a
うひゃー、18話が気になる!

=====================

で、このマンガはもともとゼノンコミックスで4巻まで出ていたようです。
あー、ゼノン……

綾野綾乃先生の『嘘酔い少女』というマンガがゼノンコミックスから出ていまして……
1巻だけなのですが、この1巻に10話まで載っていて、最終回が12話という……
なので、単行本では最終話は永久に読めません。Webを探せばなんとか。

あと、何故か18禁になっている白田クロノスケ先生の『ちちのじかん』というマンガも、1巻を読んでその志の高さに心を打たれ、続きを探したけど見当たらず、どうやら中途半端なところで終わっており、2巻はないという……これもゼノン。

作者様には何も文句はありません。その無念は読み手の想像の及ぶところではありません。
ただ、出版する側は、マンガという文化にプロとして携わるということですよね……売れ行きが悪いものを切り捨てるってのはどんなアレにだってできる一番安易な方法なわけです。
そこに文化への貢献はなく、むしろ破壊があるだけ……

=====================

もう『あしがる』の続きが読めないこと。
もう『からん』の続きが読めないこと。
そういうことから、この『ハナカク』は抜け出そうとしているのです。
困難から逃げてばかりいた少女が、友達のために勇気を振り絞って戦う姿と、それを伝えようと必死に戦っている作者の姿がもはやメタ構造で心を揺さぶられます。
応援せずにはいられません。

=====================

というわけで昨日2019年3月19日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版が7冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1269ページ。ありがとうございました。

noteへの短編投稿がちょっとだけ止まっていますが、日記があるからまあよしとしましょう……
両方への投稿がちょっとだけ面倒……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

過去の日記はこちらから。
さくらのブログ:http://red56.sblo.jp/
note:https://note.mu/red56/m/mc041a3f589ba