2019年03月29日

白の添え歌

昼寝研究所寝言レポート#1832

いつも通り潰れた虫を机の右端から左端へ並べてその下に潰された虫を左端から右端へ並べてその下に潰されそうになった虫を右端から左端へ並べてその下に潰されるであろう虫を左端から右端へと並べてこれから自分がどこの列に入るのかと考えながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

……『白の添え歌』を読み直していたのですが……まあ、ちょっとアレです。人称の揺れですか? 誰の視点やね〜ん! と思ったりするわけで……まあ、なんか文章がさほどうまくないのですよ。なんとかならんかねえ……とりあえず、けっこう修正しました。

と、ここで嘆いてもしょうがないわけで、まあ、こんなんですけど、おもしろいお話なんですよ……と満身創痍気息奄々と訴えつつお送りするわけです。

=====================

さて、言い訳もしたところで後編をアップしました!
いやあ、なんか変わった話です。

https://note.mu/red56/m/m617c37555fdb

わたしが小説を書く時には『ああしてこうすれば読み手が驚く展開になるぞ』ということのみを重要視しています。なので、この『白の添え歌』はちょっと異色かと。

……まあ、こうして作者が自分の小説の話を延々としても、書いた本人以外には「ふーん」というアレでしょうから、もっとおもしろい話を提供しましょうか。

……あ、そんな気持ちで日記を書いたことがないから無理でした。

=====================

ちょっと前(十年以上かな)に『世界一おもしろいジョーク』が選ばれたということで、ホームズとワトソンがキャンプにでかけた、というのがあったじゃないですか。
アレが好きなんですよ〜こうして書いていても笑いが止まらない、というのはひどく言い過ぎですが、まあ、あのとぼけた感じが大好きです。

他にも有名なジョークだと思いますが、小型飛行機に政治家と牧師とボーイスカウトの少年が乗っていて、というアレも大好きです。これ、何度もいろんな人に言ったジョークなので、明日娘に言ってみようと思います。

=====================

というわけで昨日2019年3月28日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版が1冊でした。1冊ダウンロードしてくださったあなた! 感謝感謝!
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1121ページでした。ありがとうございます。

さあ、これでnoteに短編集は全部アップしたことになります。
この後は『船は故郷へ』をアップするべく読み直しています。これはこれでまたおもしろい話だなあ……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。
posted by Red56 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作のKindle本情報