2019年05月31日

五月の風も終わり

IMG_20190529_134112.jpg

昼寝研究所寝言レポート#1895

なんとかこの一週間を乗り切ったような気がしないでもないのですが、面倒なことがまだ来週に残っているので、単に問題を先送りにしただけかと。
帰りに雨。濡れて家まで。これぐらいの雨は平気だから感を出しつつゆっくりと歩いて帰ると言うコモノっぷりを振りまきながらのこの年最後の5月。特に季節にも皐月にも思い入れはありません。

=====================

さて、帰りの電車で『彼方のアストラ』の5巻を読むべきかどうか迷って、それだと読み切るだけの時間がないから、途中で中断するのは嫌だな、と思ったので今日は大人しく『11』を読んでいました。
『琥珀みがき』がすごい……
短編に限った話ではないのですが「最後の一行」がとても重要になるお話があります。
それで世界をひっくり返す、というようなことも魅力的ですが、それだけでなく読み手が「えっ?」と思考停止になるような驚きを与えたり、するりと冷たい感触を残したりと、まあ、そういう感じです。
その一行で「やられた」的な感想を抱くようなお話。

その変則技が『琥珀みがき』にはありました。
いや、思いがけないところからの一文。でも、それな!
もうね、何度も繰り返していますが、津原泰水先生、スゴいっす。

わたしも最後の一行が、というお話は一つだけあって『鉄塔の下で』というヤツです。
これはとてもお気に入りですが、それを凄腕の職人の話題の後に晒すというのはもはやクセになりそうな羞恥プレイ。
https://note.mu/red56/n/n65fcf3da9a23

=====================

早川書房でグインサーガ誕生40周年記念ということで、栗本薫先生のKindle本がセールに。
『栗本薫・中島梓傑作電子全集』が既に出ていますが……セールで読みたいものをピンポイントで選ぶのもありかと。
ハヤカワの方が美しい表紙がついてきますし……
「さらしなにっき」はその昔SFマガジンに載っていたヤツかなあ……でも、ひらがなだったかなあ……

栗本先生の作品で忘れがたいものは……『時の石』とか『天国への階段』とか『キャバレー』とか『優しい密室』とか『ネフェルティティの微笑』などいろいろあります。
中学、高校と夢中になって読んだなあ……
グインサーガは23巻ぐらいまで読んだかな。

没後10年だそうです。そうか……

=====================

というわけで昨日2019年5月30日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版が3冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は887ページでした。ありがとうございました。

ちょっと週末は仕事のための勉強をしなければ……でも小説も書くぞ〜
『彼方のアストラ』も読むぞ〜
そんなに時間があるのか?
……知らん。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。
posted by Red56 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

楽しい美しさ『ひとりふらり』

P_20190530_091150.jpg

昼寝研究所寝言レポート#1894

昨日『彼方のアストラ』の4巻を読みました。
危機的状況を乗り越え、いよいよ色んな事が明らかになってきた、と思ったところでのアレ
うわー、そのための新しい人だったか〜
久々に足元を掬われたような心地よい衝撃

そして、本日最終5巻を購入しましたが、週末の楽しみにとっておきます。
これ、ちょっと厚いんですよね。期待が高まってしまう〜

=====================

津原泰水先生の『11』を再び読んでおります。
短編集は通勤にとても向いているのです。

『追ってくる少年』と『微笑面・改』は……相変わらずうまさ抜群ですが、なんというか、ザラザラしすぎの読後感。仕事がアレな時に読むと心を削られる思いです。

この短編集、作家本人による作品解説が載っているのがおもしろいです。

=====================

さて、先日Twitterでマンガ家の鳥野しの先生がオススメされていた小冊子的な旅行記を購入。
https://twitter.com/sino_torino/status/1132182980099575810

購入先はたまに利用しているBoothというサイト。
今回購入したのは川嶋すず先生の『ひとりふらり 出雲-倉敷-尾道-神戸 旅行記』です。

紙の本なので、送料が別途かかってしまうのはしょうがないところ。でも、実物を手に取って、その表紙の絵と、浮き上がったインクの手触りでもう嬉しくなりました。
https://tayutausz.booth.pm/items/1380160

昔の紙袋みたいな、黄土色の薄い紙が糸で綴じてあります。そこへ2色で印刷されている絵と文章がとても見応えあります。
正直、わたしの目(老眼)にはキツいのですが、それにしたって素晴らしい。
旅先の景色のスケッチが良い感じに描かれていて、眺めているだけで楽しいです。

中学で美術部に入っている娘に『絵の生み出す楽しさ』のお手本として見せたいです。
いい作品と出会えました!

=====================

というわけで昨日2019年5月29日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版が1冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1678ページ。ありがとうございました。

あー、来週を乗り切れるのか〜
謎です。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。
posted by Red56 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の本のオススメ

2019年05月29日

その思いが眩しい『まっすぐな花』

IMG_20190528_133756.jpg

昼寝研究所寝言レポート#1893

本日はとても気楽に始めることができます。
完全にオススメの本があるからです。

それははなのうた先生の『まっすぐな花』でございます。
昨日に引き続きインディーズの作家さんのようです。

バスケットの天才的なプレイヤーである少年が、転校先の中学校である少女に恋をして、というお話。
まあ、お互いを好きなのになかなかそれが伝わらない展開というのも、珍しいものではありません。
そんな何でもないお話ではありますが、丁寧に描かれた世界を読んでいくうちに、登場人物達の魅力に心を掴まれるわけです。

もう、この作品のヒロインである由良宙(ゆら そら)ちゃんが素晴らしい……
このタイトルは彼女を示しているかと思いますが、まさにそれ。
バスケが好きで、キャプテンシーもあるけど、何故か自分には自信が持てないという……


寝る間も惜しんで続きを読み、あっという間に前半終了の7巻まで。現在のところ、ここまでしかKindle本では出ていません。
この作品自体は10年以上前のものだそうですが、いま後半が描かれているところのようです。
いやあ、いいマンガを読んでしまったなあ〜

これは、再読する時には買ってしまうかもなあ〜

……いまこの日記のために1巻を再読しようとして購入しました。
多分、この先何回か読むので。



=====================

あ、やばい。今週の散財が……
アレもコレもあわせていくらになっちまうのか……
でも、いずれも買ってよかったと思えるものばかり。

まあ、日記で小出しにしていけば大丈夫か。

=====================

というわけで昨日2019年5月28日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版が2冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は510ページ。ありがとうございました。

ああ、アレコレあるなあ……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

2019年05月28日

気付けば最新巻まで読んでました『ナオト、Sing for Me!』

IMG_20190519_100935.jpg

昼寝研究所寝言レポート#1892

さて、そんなわけで雨だというのにカードゲーム付きの『とんがり帽子のアトリエ』5巻を定価で購入。なぜ購入したのか、自分にちょっと問いかけてみる。そりゃあ、とがった帽子が三度の飯より好きだからさ。などといま初めて聞いた理由で三日前の飯も吹き出すほど驚きつつ、買っちまったもんはしょうがないと深く考えずに軽く流すことに。

で、目下の問題はこの作者の限定版複製原画集がいつの間にやら出ていたということ。そして、完全にそれを買い逃していたということ。

昨日『再版決定』とあるのを見て、初めて知った次第です。
うひゃー、これは豪華絢爛。
原寸大のモノクロ複製原画を約40点。カラーイラストを8点。ラフスケッチを多数。
370×262mmと大きな造りとなっています。
完全受注生産&製本は手作業。


……でも、きっとお高いんでしょ?
はい、なんと税別18500円! イヤッホーイ! そんな高い本、買ったことねえっす!

https://kodanshaonlinestore.jp/products/detail.php?product_id=309

うわー、欲しいけど……
この作家さんの絵はとても好きです。
しかし……うーん……
とんがり帽子のアトリエの4巻ってどんな話だっけ……

ちょっと考えさせてください。

=====================

さて、インディーズのマンガがKindle Unlimitedで読めるのです。
前から何作か知っていましたが、このところ数が増えてきました。なんかそういうキャンペーン的なものをやっているのだと思います。

で、なんとなく目についたものをダウンロードして何作か読んでみました。

その中で、あっという間に7冊読んでしまったのが黒城裕季先生の『ナオト、Sing for Me!』でございます。

裕福な家のお嬢様として育てられた美緒は兄と同じ高校へ行くことに。しかし、そこは色々と問題の多い学校で、兄には入学早々すぐに転校しろと言われてしまうハメに。ようやく初めての友達もできはじめたところなのに……

というような内容ですが、基本的には明るいお話です。
……なんかひと言で説明できないごちゃごちゃした感じ。おそらく、これが商業誌などに掲載する、となったらもっとスッキリするのでしょうけど……でも、これはこのごちゃごちゃがあってこその世界観かと。
話もどこへ向かっているのかよくわかりません……でも、なんか読み続けてしまうのです。

Kindle版をまともに買うと1冊あたり結構な値段に。
マンガを描く労力を考えれば高いとは簡単に言えませんが……とりあえず、Kindle Unlimitedで読むのが超オススメです。
で、7巻で話は全然終わっていないのです。はよ8巻を……



=====================

というわけで昨日2019年5月27日の自作Kindle有料版ダウンロード数は2冊。無料版が5冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は975ページ。ありがとうございました。

まだちょっと心に余裕がありません。来週辺りがヤマ場かと……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。