2015年06月27日

いっそのこと夜空の裏に銀を貼りましょう

さて、無事にカテゴリ分けも終了。これでミステリーを探している人に届くようになったぞ!
いままでヘリベマルヲさんの書籍しかなかったところに割り込んでみました。
早速日記でマルヲさんに「情け容赦のない赤井五郎」と反応していただいたおかげか、無料本も細々と日々の平均20冊ぐらいでダウンロードしていただけてます。やったー。


最新作の『青い月夜の特別なこと』もカテゴリ分けしたせいなのか、昨日6冊も売れました!
が、今日は2冊でした。もちろん、KDP生活二年間の平均はほぼゼロ/dayなので大変にありがたいことです!

もっと情けも容赦もないようにすれば、もっといいことがあるのかも!

カテゴライズの助言をくれた同僚は別にわたしの本を読んではいません。(短編を一つ二つぐらい)
単にユーザーが本を探す時にコレはないだろうという話でした。
これまで二作しかない状態だとそもそもランキングの意味がなく、ミステリの無料本を探している人にとってはあまり有用なページではなかったのが、登録されている数が増えることでそこが情報として意味を持つようになるから、注目もされていいんじゃないですか、と。
彼はいいこと言います。わたしにはなかなかそういう当たり前のことに考えが及ばない不抜けた夢見がちなオッサンなので。

それにしても、こうしてマルヲ作品と並ぶと、どう見てもわたしの小説の表紙が手作り感満載で、ちょっと微笑ましいというか、涙ぐましいというか、これこそが不抜けたオッサン的というか……

さて、ここはマルヲさんの大事な場所に脂をまき散らしながら転がり込んできたお詫びに彼の本を読もうかと思いました。だいぶ前に入手済みです。でも、最近小説を読めなくなりつつあるので、かなりの確率で読めません。スミマセン。
1%のところまでは読んだのですが……

……と思ったらいま続きを4%まで読んでました。おお、話の舞台がすごい。『インド雑貨店でなぜレゲエ』が笑えました。よし、もう少し読んでみます。

で『青い月夜〜』なのですが、昨日はそんな状態でミステリ有料ランキングの20位に一瞬入っていました。その前後にはプロ作家の名だたる作品が並んでいるのに。世界一破壊力のある不可能犯罪トリックでミステリの無限の可能性を見せてくれた占星術殺人事件より上なんて……
わたしの作品を読む前に戻り川心中を、本陣殺人事件を、ユダの窓を、火よ燃えろ!を厭魅の如き憑くものを読んでいただきたい……

が、まあ、それはしょうがない。
放っておけば、このまま無事にじわじわと下がっていくことでしょう。

もしかして、次に出すべきはこの続編なのか?
アレもコレも行き詰まっていることだし……
ちょっと続きを書いてみるか……だけど、一作目でやったような手は使えないので、何か別のオドロキを入れたいところですが……シリーズになるとあまり無茶ができないという。
その辺りが困りものです。
……基本的にどの話も驚かせるために書いているっぽいな……

あ、KDP界隈で話題沸騰の『山彦』も有料ランキングに入っていました。三冊とも結構上位です。すごい!

あれ? いま気がつきましたが『サマータイムリバース』が「 SF・ホラー・ファンタジー」にしか入ってないぞ。
メールでは「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」にも入れてほしいと頼んでいるのに……まあ、最大72時間かかるというので、もう少し様子を見てから対応します。

そういえば、今日は(Kindleとは関係なく、前の会社の用事で)Amazonの会社を訪れる機会があったのですが、フロアの入り口のところにAmzonの箱で作ったダンボーが立っていて驚きました。

このリンクは常に使えるのか?
SF・ホラー・ファンタジーの売れ筋ランキング
ミステリー・サスペンス・ハードボイルドの売れ筋ランキング

はい、今日はタイトルもいつもと違っております。
こうすれば寂しくないかと思いまして……
posted by Red56 at 00:09| Comment(0) | 自作のKindle本情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]