2015年12月26日

雨が誰かの涙になる

さあ、去年は色々と結露対策を行っておりましたが、今年は忙しいこともあって、後手に回っておりました。
というか、ベランダに面した大きな窓に対して、ポリカのボードで二重窓を作るのは無理があるとわかっていたので、ちょっとどうしようかと、結論が出ませんでした。

去年、小さな窓に作った二重窓は今年もとても快調です。
夏場の暑さも遮断してくれているっぽいです。

が、わたしの部屋のベランダに面した高さ190cmぐらいのドアに作った二重窓は、市販のボードの高さが180cmなので、10cm継ぎ足しているわけですが、これが強度的に無理があるうえ、全体が自重でたわんでしまうため、上のレールからすぐ外れてしまうのです。
よって、この窓は一度外して、別の部屋のもう少し小さな窓用にサイズを詰めて作り直してお引っ越し。
まあ、こちらはいい具合にできました。

で、今年はとりあえず、他の部屋の結露を本格的になんとかしたい、と思ったのですが時間も暇もない。あ、同じ意味か。
暇も余裕もない、あ、また同じ意味か、いや、余裕は色んなものを含むなあ。時間だけでなく、お金とか、心のゆとりとか。
確かにそういうものもないな。

とにかく何もない状態なので、作業が進まなかったわけです。

が、とりあえず一年放置していた余分なポリカボードをベランダに面した窓のガラス面の大きさにカットして直接両面テープで貼り付けてみました。

すると、なかなかよい具合に。
まったく結露しないわけではないのですが、90%以上は抑えられるかと。

というわけで、すべての窓にこの細工をしたいわけですが、ここで問題になるのがポリカボードの入手方法。

Amazonで買うと1枚約2500円+送料と結構な値段になります。
近くのコーナンではほぼ同じものが1枚2000円ぐらいで売っております。
で、必要なのは7枚ぐらい。こうなると、かなり大きな差が。

去年コーナンでポリカボードを買った時には、Ingressでうろついているついでに買ったのですが、手で運ぶのにかなり難儀しました。
最初は風が強く煽られると結構危険なことが判明。二回目は途中で雨が降ってきて、悲惨な体験となりました。

しかし、うちの軽自動車に910mmx1820mm厚さ4mmの巨大なボードが載るとは思えません。

今年、新たに7枚を手で運ぶのか、と思うと躊躇してしまうのです。

でも、ああいったホームセンターは木材を買った時にカットしてくれる(あるいは勝手にカットする)といったサービスもしているはず。
半分に切れば、とりあえず車には入るので、楽に買えます。

そう思って本日、朝一番にコーナンへ。
駐車場について店内に入ろうとした瞬間に財布を忘れたことに気がつきました。
以前と生活が変わったので、外出時に身に付けるズボンやリュックに財布がないことを忘れてしまうという……
お魚をくわえたどら猫を探しつつ帰宅し、改めて出かけました。
ここまで苦労したのだから、何としてもポリカボードを手に入れねば。
そう思って店員さんに「ポリカボードのカットはしてもらえますか?」と聞くと「材木だけです」とつれない返事。
さあ、どうする……

とりあえず貼るのに必要な両面テープ10mを三つ購入。車に戻って考えます。
軽自動車の小ささが頼りない……

が、もしかすると助手席とドアのあいだに無理矢理押し込めば入るような気がしてきました。
というわけで、とりあえず二枚のボードを購入。
ドキドキしながら入れようとしましたが……
一瞬でわかるほど無理な相談です。

ああ、どうしたものか。
無理矢理後部の後部のドアから地面に対して水平に入れてみると……おお、入ります。
ほぼ天井を覆う感じで、後部座席と前の席のヘッドレスト(頭が当たる部分)に支えられ、後ろの視界も遮られません。とりあえず二枚ならいい具合にたわんで、収まっていますが、枚数が増えると無理かも。
というわけで、無事に自動車で購入が完了。

とりあえず和室の方に取り付けました。
が、途中で切るサイズを別室のものと間違えて4枚貼るところを3枚で終了。1枚は別の部屋に。
これ、貼るとわかるのですが、明らかに暖かく感じます。ガラスで空気が冷えないので。
というわけで、明日、また続きをする予定です。



未消化のネタ
・しみじみと来る『甘々と稲妻』
・ サマータイムリバースを書き足すべきなのか?
・ 六花抄をもうちょっとなんとかしたい。
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、もったいなくて読んでません。

posted by Red56 at 18:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]