2017年04月20日

それは特別な時間『マヤさんの夜ふかし』

昼寝研究所寝言レポート#1125

いつも通り世の中のマンガ雑誌の半分は「まんがxxx」というタイトルではないかと思いつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

本屋で「まんがxxx」のコーナーを見たらわたしの思いもわかっていただけるかと思います。

つい最近わたしが夢中になった『恋愛ラボ』もWikipedia先生によれば
まんがホーム(終了)
コミックエール!(終了)
まんがタイム(終了)
まんがタイムスペシャル(連載中)
と雑誌休刊からの移籍を含め他の雑誌へのゲスト連載と都合4誌へ掲載されたとあります。
さらに雑誌によって4コマとストーリーマンガにする、あるいは展開を分けたりと実験的なことをしていたようです。
なるほどなあ……
というか、作者の宮原るり先生のチャレンジ精神に感服です。

=====================

さて、昨日の夜中に突然読んだマンガをご紹介。
保谷伸(ほたに しん)先生の『マヤさんの夜ふかし』でございます。



いや、寝る前に軽そうなマンガに数ページ目を通しておくかと思ったら……
軽いのは軽いです。でも、軽快感が気持ちよいのです。
自らを『魔女です』というマヤさんと、マンガ家の卵である豆山くん。
二人は毎晩スカイプ(マンガの中ではスカイペですが)でぐだぐだな会話を繰り広げます。
豆山くんはマンガを描きながら。マヤさんは主にネトゲをしながら。
……マヤさん、かなりダメな人です。

うわー、これ読み始めたら止められない。
このヌルい空気が心地よいのです。
いいなあ……
ああ、この掃除機のコードを引っ張る時ってかっこ悪くなりますよね……

なんか幸せな感じになれます。
桜の花びらの魔法はステキでした。

というわけで、ゆるーく絶賛オススメいたします。



=====================

はい、昨日2017年4月19日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊! 無料版は12冊。
既読ページ数は2106ページでした。ありがとうございました!
……Kindleのユーザーってすごくたくさんいるんだなあ……いつまでたっても読んでくれる人がいるのは大変にありがたいです。
で、どこでわたしを知ったのか……
それをわたしはどこで知ればいいのか……

本日は小説の場面が一つ進みそうです。
この辺りからペースを上げていきたいモノですが……
きっとムリ。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・ダメなiPad miniカバー買ってしまった……
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]