2017年08月08日

まぶしいうなぎの特別な夜

昼寝研究所寝言レポート#1235

いつも通りお得なうなぎまぶし重をおよび桜島塩麹唐揚げとのどごし生という年に一度あるかないかというやりたい放題の夕食を食べ終えて満足満足と目をつぶって首を振りながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

うなぎまぶし重。閉店間際のスーパーに行ったら498円のところ299円に! これは!
食べれば200円のお得!
食べなければ300円のお得!
食べる方を選ぶためのコマンドを脳内で五回連続で入力してカートに放り込みました。
それ以外もあっという間にうりゃこりゃとカートに放り込んで鼻息も荒く、その勢いで少しスピードアップしながら帰宅して家人がいないのをいいことにHITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタルのシーズン2の最初のビデオを見ながらゴキゲンな夕食。

=====================

というわけで、本日は積ん読してある本を読もうと思ったのですが……
自作の『青い月夜の特別なこと』を読み始めてしまいましたよ。

……おもしろいなコレ!

サマータイムリバースといい、この作品といい、こんなにすごい物語を書くなんて、もしかして天才かと、特にビールを飲んだ後では思わなくもないけれど、実際には天才ではないらしいということも少しずつわかってきた台風の過ぎた青い空の下で。
というか、アレですよ。天才とは先々週読んだあの短編を書くような才能のことですよ!
あー、やられた。やられた。

=====================

というわけで、地味に修正しながらもう何回目の読み返しか。

あ、この作品でフルネームを言っているな……そうか。
中学の頃に考えた名前だからな。
……消すか。

=====================

ああ、しかも印刷を半分までしかしていない!
この続きが気になるのに!

=====================

しかし、修正する箇所が少ないのは、最近の小説だからか。
素直な感じの京子ちゃんの視点で書いているのが書きやすいのか。

まあ、とにかくおもしろいホラ話です。



=====================

さて、昨日2017年8月7日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は7冊でした。
既読ページ数は533ページ。「ごみみ」と覚えるといいゾ! ごみみが何かは知らないゾ!
ありがとうございました。

さあ、後半を読むのが楽しみだ〜

というわけで、本日もお疲れ様でした。

どの窓も円いのはこうやって窓枠を持って空に向かって月をくぐらせるためだと、実際にやって見せてもらったような気がするんだけどそれが本当のことだったどうかもう確かめる術はない。

……お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・『セーラー服部とその他短編』読んだ!
posted by Red56 at 23:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]