2019年01月11日

期待をさらに上回る『海街diary』

昼寝研究所寝言レポート#1755

いつも通り消防署のLED電光掲示板に字が流れて何か情報を伝えているけれどそれを全部見る前にLED信号が青に変わったのでもうこの後何が表示されるか知る機会は永久に失われてしまったわけですがこれは失われても良い機会だと自分に何度も言い聞かせているうちに本当にそうなのかという疑念がLED脳にちらちら流れてきたので気が散って赤い何かを見落としたまま次の瞬間にはもう何もかも失われてしまったことに気がつく前にするりとお送りする寝言日記でございます。

=====================

さあ、ようやく『海街diary』シリーズの1巻『蝉時雨のやむ頃』を読み返しました。

作者は言わずと知れた吉田秋生(よしだ あきみ)先生です。
といっても、わたしはあまり作品を読んだことはありません……
吉祥天女をリアルタイムで雑誌で読んでいましたが、最後を知りません。
カリフォルニア物語もリアルタイムでちょろっと読んでいたような……
櫻の園がおもしろかったような……
夢見る頃をすぎてもは確実におもしろかった。
そして、河よりも長くゆるやかには超絶おもしろかったです。

しかし、BANANA FISHは未読。

大昔に1巻だけ読んでいた『海街diary』ですが、読み返して、さらにその続きも読み進めました。
鎌倉を舞台に、四姉妹の生活を描いた作品です。
不定期に発表される作品で、2007年から2018年にかけて発表されました。

というわけで、3巻までの感想。

……なんじゃこれ。傑作すぎる……

色んな人間関係を描きつつ、四姉妹の日常が描かれているのですが、まあ、それだけと言えばそれだけ。
多少派手な事件もありますが……あくまで日常という範疇でしょうか。
読んでいると、この世界に入り込んで、そう思ってしまうのかも。

主人公(?)のすずちゃんがいいのです。
状況が彼女をしっかり者にしたのですが……その経緯も丁寧に描かれていて、もう匠の技。
各お話のタイトルもいいよなあ……
一気に読みたいところですが、もったいないので、今日のところはぐっとこらえています。



=====================

風邪が……治っていない!
また咳がぶり返しつつあります。これ、別の風邪なんじゃないか……

=====================

というわけで昨日2019年1月10日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版が4冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は755ページ。ありがとうございました。

ちょっと、明日は用事があるのでもう寝ます……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタの化石
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・あらためて『エリア51』に手を出しました! 3巻まで読みました。
・Mリーグマンガの作者の『鉄鳴きの麒麟児』1巻読みました
・おお、いつの間にかKindleで『青い空を、白い雲がかけてった』が!!

posted by Red56 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Kindle

2016年01月28日

Kindleで自作本の手直ししてます

昨日、epubファイルをKindleに送って読むと言っていましたが……
無理でした。
mobiファイルにしなきゃならんそうです。

ああ、そうか。思い出しました。
Kindleのプレビューソフトで変換してました。

そう思って、いまmobiファイルを作成してみましたが、iPad miniのKindleでは横書き&ルビ反映されず。
で、同じファイルをAndroidのKindleで開くと、縦書き&ルビもばっちりです。

そうか……
そういえば昔もこんな苦労したなあ。

というわけで、Nexus5を失ったいま……
あ、そうなんです。
愛機Nexus5はついに本格的にお亡くなりに。
もう何をやっても起動しません……

2万円ぐらいの安いAndroid端末を買うかどうしようか迷っております。
でも、いまさらだよなあ……

かといってiPhoneだと、未だに5sですら5万円を超えています。
これ、もうじき出るという噂の4インチiPhoneが出たら、値崩れしないのかなあ……

というわけで、手元にはASUSの10インチの端末があるだけなので、これでチェックをするしかないかと……
でも、やはりKindleの縦書きだと読みやすいし、推敲にはなかなか適しているかと。

というわけで、絶賛手直し中です。

===============

ってなことをやっていたら、書いた日記をアップするのを忘れていました!

未消化のネタ
・『円盤ゆーとぴあ』ぐるぐる聞いてます。曲が多すぎるという贅沢な文句。
・『よつばと』13巻当然買ってますが、そろそろ読むぞ!
・『僕だけがいない街』7巻の評判がイマイチです。まだ読んでません。

赤井五郎のKindle小説一覧
posted by Red56 at 06:34| Comment(0) | Kindle

2015年07月14日

数少ない人限定お役立ち情報!

すごく限定的でいまさら感のある情報をお届けします。

ASUSのMEMO Pad 10(2013年発売)をお使いの皆様!
Kindleアプリを使っていて発狂しそうになったことはありませんか?

わたしはしょっちゅうです。

この機種にはASUSがカスタマイズしたなにかが動作しているのですが、そのせいなのか、Kindleアプリで本を読んでいる時に「画面タップ」->「メニュー表示」ができないのです。

これ、かなり致命的です。
マンガを読み終わって「本の一覧」に戻ろうとしているのに、戻れないわけですから。

上部を微妙な状態で触ってステータスバーが表示されるとメニューが表示されることもありますが、これがなかなか難しいのです。

もともとASUSショップで安く売っていたのを買ったのですが、すぐにこの致命的な現象には気がつきました。

が、どうやら、この不具合、固定レイアウトのみで発生するのです。

テキストデータで作られている本、つまり、検索が可能であるような種類の本であれば何の問題もありません。

で、固定レイアウトと言えば
・コミック
・雑誌
・一部の技術書
ということになります。

これらをこの端末で読まなければいいのです。

……でも、しょっちゅううっかり読んでました。
そして閉じようとするとメニューがでない……

一応、サポートに問い合わせたこともあります。

出荷時の状態に戻してください。
と、やや怪しい日本語で回答がありました。

そんなことはとっくに試しています。

とにかく、そんなやりとりもあって諦めていたのですが……

本日、ついに発見。
下部のAndroid共通のボタン(戻る、閉じる、何か)が並んでいる部分にタッチ。
それから画面中央にタッチ。

これで、メニューが表示されるのです!

おお、俺はやったぜ!

あ、もう一つ気がついた……
戻るボタンを押すと本が閉じられて「本の一覧」に戻ります。

……これでいいじゃん。Android端末では基本中の基本的な使い方じゃん。むしろ、みんなこれをやっているのか? だからネットでいくら探してもこの件で文句を言っている人をみかけなかったのか?
わたしはiPad miniでの操作に慣れきっていたので、これで一覧に戻るなんて思いもよりませんでした。

……まあ、ページ移動とか、最近多くなってきた目次移動などは今回発見した方法で行って下さい。

というわけで、ASUS MEMO Pad 10でKindleをお使い&わたしと同じぐらいうっかり者のあなたに幸せが訪れますように!
posted by Red56 at 08:19| Comment(0) | Kindle

2015年07月01日

Kindleオーナーライブラリのロイヤリティ計算方法が変わりました

*最初に書いた時に勘違いして「定価」が関係あると書きましたが、どうも関係ないようです。
ホントかどうかイマイチ自信がありませんが、それに基づいて修正しました。

Kindleで出版されている本の読み方としては『購入』と『レンタル』があるそうです。
レンタルはAmazonのプライム会員が利用できる仕組みで、ひと月で1冊の本を無料で借りて読む事ができるということです。

で、わたしのように本を出している側からすると、読まれ方によって得られるロイヤリティが異なっているという点が最も重要なところ。

ぶっちゃけ、レンタルの方は『購入』されて得られる金額の二倍近くのロイヤリティがもらえていたのです。

レンタル用にAmazonが一定の金額を用意して、それをレンタルされた作品で分配、という方法をとっていたようです。
が、どうやら、これ、本の厚さに関係なく、定価に比例して分配されていたようで、早い話が10ページの本と100ページの本であっても定価が同じであれば、レンタルによって支払われるロイヤリティは同額だったわけです。

が、ついにこの仕組みが終わりました。
本日2015年7月1日から。(正確には夕方ぐらいからかも)

Kindle端末ではユーザーがどこまで本を読んだのかが記録される仕組みになっております。
これによって、iPhoneで途中まで読んだのを、別のAndroid端末で同じ本を開くと、iPhoneの続きのページから読めるという便利な機能。

今回、レンタル本に採用されたのがこの仕組みです。
定価 +「何ページ読まれたか」
でロイヤリティが決定されます。
(追記:定価は関係ないようです)

つまり、100ページで1000円の本が最後まで読まれるのと1000ページで100円の本が最後まで読まれた場合、同じ額が支払われます。
たぶん。(追記:違ってた……)

修正:
100ページの本と1000ページの本が両方とも読まれた場合、1000ページの本が100ページの10倍のロイヤリティをもらえるということだ!
たぶん。

詳細はこちら。
https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=A156OS90J7RDN

そして、恐ろしいのは「読まれなかったら、支払われない」ということです。
おお、積ん読派のわたしは「おもしろそうだからダウンロードしてみよう」という状態と「じゃあ、読んでみよう」の間にある大きな壁を知っています。

これを乗り越えたものにしかロイヤリティは支払われない。
なんと恐ろしい仕組みでしょうか。
まあ、もともとKindleで本を出している側からの要望だったそうです。

というわけで、昨日まで「おお、これだけレンタルされたぞ」とニコニコして見ていましたが、今日からはレンタル数は表示されなくなりました。
かわりに「読まれたページ数」がグラフ表示されるようになりました。

これ、小説などでは文字の大きさを変えられるので、ページ数もそれによって増減するわけですが、その辺りはAmazonの方で「平均的な文字の大きさで計算したページ数」という補正を行っているそうです。
そうして出されたKENPCが今日から適用されるということです。

そうか、そんなふうになったか。
と思ってさっそくそのグラフを見ていましたが、ずっとゼロのままです。
ああ、こりゃヤバいな。

というわけで、数時間はずっとゼロでしたが、夜になってようやくこのグラフに変化が。
どなたかが読んで下さったようです。ありがたや。
KENPC.png
というわけで、レンタルされるだけではダメ、というキツいお話でした。
posted by Red56 at 22:32| Comment(0) | Kindle