2020年03月26日

とりあえず霧中『第七官界彷徨』

2020年3月26日
昼寝研究所寝言レポート#2193


会社で使っていた私物のKINESISキーボードを持って帰ってきました。
で、会社のMacにはそこらに転がっていたUSBキーボードをつないだわけですが、どうも使いにくいぞ、と思ってよく考えたらWindows用のキーボードでした。
そうか……

まあ、OptionキーがAltキーで、CommandキーがWindowsキーだと覚えてしまえばそれほど不便ではありません。
しかし、家のPCはWindowsなわけで、ちょっと頭がこんがらがってしまいますが、
1.家ではWindowsにMac用キーボード
2.会社ではMacにWindowsキーボード
という構成に自ら好んで、というのはちょっとどうかしているのではないかと……

まあ、AltキーとかCtrlキーは馴れればまだ何とかなるので、一番の問題は日本語入力切替をスムーズにできるか、という点につきます。
Macのキーボードは日本語キーと英語キーが独立してあって、とにかくそれを叩けば日本語、英語に切り替わるのです。Windowsだと大体「日本語と英語」の切替がトグルになっていて、一つのキーを英語の時に押せば日本語、日本語の時に押せば英語、という感じ。うっかりすると日本語を打ちたいのに英語、あるいはその逆、という動きになってしまい、大抵の人はこれを一生のうちに1万回ぐらいやってしまうのではないでしょうか。

=====================

とりあえず土日にこのキーボードをつないでみます。
無理なようだったら、Windows用のキーボードを買います。エルゴノミクスキーボードか、HHKBを。

今日、昼休みに日本橋まで行って、ゲーミングキーボードやらなんやら見てきましたが、いずれも長文に向いているかどうかはよくわかりませんでした。

=====================

さて『チョコレートの天使』ですが、また半年間Prime Readingに選ばれました。
これ、『選ぶかも』というメールが来て『選んでもいいよーん』と返事をするのですが、必ず選ばれるわけではないのです。
わたしの小説でもアレやコレは選ぶかもと言われっぱなしで選ばれず、ということが何度かありました。今回ももう一作アレでしたが、そちらは選ばれなかったっぽいです。

が、今回はヤマダマコトさんの本がまた大量に選ばれているので、その作品群がどどーんと上位に押し寄せてくることでしょう……

まあ、完全に安定したオモシロさ。読んで損はありませんよ。

=====================

うわー、KINESISにしましたが、どうやって日本語変換に切り替えればいいんだ〜
でも、入力はすこぶる快適です。
手がとにかく楽なんですよ〜
もう、これを知ってしまうと、他の選択肢はないな……

土日にやるとか言っていましたが、いま急速にセットアップです。
日本語環境に英語キーボードを認識させて、Ctrl+Spaceで日本語英語が切り替わるようにして……
しかし、ついついWindowsキーを押してしまうな……スペースキーのすぐ隣がWindowsキーって、これは辛い……
これをCtrlに割り当てれば、MacのようにCommand+Cでコピーが可能か……

と思ってAutoHotkeyをダウンロードしたのですが、これ、いつも使い方を忘れてるな……
これを週末の課題にしよう。

=====================

そして、ついに読み終えました!
尾崎翠(おさき みどり)先生の『第七官界彷徨』を!
いやー、終わったか〜
面白かったけれど、何がどこが、ということを説明しようとしてもきっと何一つ伝わらないと思われるので、まあ、それはよくわかりませんと短く素早く答えるに留めたいと思います。
ストーリーがあるのかないのか。
文学おそるべし。
この謎の世界を楽しむということなのでしょうか。
やばい楽しさです。
https://amzn.to/2wwkmvg


=====================

というわけで昨日2020年3月25日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版が5冊。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は3048ページ。ありがとうございました。

うーむ、さっきから文章を書いている途中でWindowsキーを押してしまう……早くこれを何とかしなければ。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

さくらのブログで読まれている人は、まもなくこちらの更新が止まります。
既に下記のnoteでも読めるようになっているので、4月からはそちらを読んでいただければと思います。
noteにユーザー登録などは不要です。登録していなくても「スキ」もできます。
https://note.com/red56/

2020年03月06日

その目に映るもの『ワン・モア・ヌーク』

IMG_20191201_091524.jpg

2020年3月6日
昼寝研究所寝言レポート#2173

はい。帰りの電車の中で読み、駅で降りてすぐに読み終えました。
藤井大洋先生の大作『ワン・モア・ヌーク』を。
おもしろかったです!

この場合のおもしろいというのは、笑えるとかそういうことではなく、物語に夢中になれたということです。
すごかった……

一人の才能ある女性の、怒りと祈りのお話。
荒唐無稽とも言えるアイデアを、様々な方面から畳みかけて説得力のある、驚嘆すべき『本当』へと組みたてていきます。
このわずか数日(作中の主な出来事の時間は2020年3月6日から3月10日まで)の出来事を描いた作品を作るのにどれだけの時間が必要なのか。ちょっと想像できません。

しかも、この題材はこの作家にとって特別なものだったはずで、話の内容も着地点も、かなり難しい問題だったかと想像しますが、わたしとしてはもうこれで良いのだと思います……

読み終えた瞬間にこみ上げてくる感情。そして、現実としてそれが成されることはあり得ないという思い。
ラストの、やや寓話的に語られたその後の世界。そこまでいくとリアリティがなくなるのでは、とも思いますが、そこにこそ祈りと希望が込められているのかという気もします。

この時期に読めて良かったです。

https://amzn.to/38sFH5u

=====================

2/27のMリーグを見ています。
……なにこれ。昨日の黒沢プロに続いての驚愕。
魚谷プロの東一局の国士無双ツモ上がり。おそるべし……

=====================

あ、『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を見るためにひと月無料で入ったFDOを退会しないと……
もう明日にでも。
忘れそうだぞ……

=====================

というわけで昨日2020年3月5日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版も3冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は2753ページ。ありがとうございました。

週末に冷蔵庫を買うぞ〜
そして、神戸にゴッホ展を見に行くぞ〜
と思っていま美術館のホームページを見たら、コロナウイルス感染拡大防止のために3/15まで臨時休館だそうです……しょうがない。

https://www.artm.pref.hyogo.jp/


それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。


2020年02月28日

イビツに閉じられたステキ『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』

P_20191123_141316.jpg

2020年2月27日
昼寝研究所寝言レポート#2165


ラノベというものをほぼ読まないので、読んだお話がラノベっぽいのかなんなのか、正直わかりません。
ラノベって言うと、古くは『星へ行く船』シリーズとか『キマイラ』シリーズとかでしょ? もっと古くなると『不良少年の恋』とかでしょ?
それ意外に覚えているのは……あ、そうだ田中哲弥先生の『大久保町の決闘』や『やみなべの陰謀』を大人になってから読みました! おもしろかったなあ。なんだ、結構読んでるじゃない。
あと『ビブリア古書堂の事件手帖』が話題になったときに読んだぞ。なんでこれが東京創元社から出ていないのかなあ〜と思った記憶が。

=====================

というわけで、読み終えました。大澤めぐみ先生の『君は世界災厄の魔女、あるいはひとりぼっちの救世主』を。

ファンタジー世界で魔方使いが大暴れ! てきなお話……でしょうか
過去と現在が交互に語られていくという構成。

魔方(この小説では魔法のような力を魔方と表す)の描写の細かさがもちろん重要です。作者の饒舌な語りはこの小説でも健在。魔方陣をレーダー替わりに張る場面で虫や小型の動物が『僕の認識をくすぐっている』などというさりげない文章には思わず「そうそう、魔方陣あるあるだよね〜」と同意してしまいますよ。

印象に残ったのは
『これ絶対に後で布団とか売りつけられるやつだ。』
かな。

この作者の、こういった軽いリズムで畳みかけてくる文体が心地よいのですが、そこから繰り広げられる世界はとても刺激的です。

世界とは何か。生きているとは何か。というような風呂敷で読者をバサッと包み揚げ。教養がないので沼男なんて初めて聞きました……

そして、終盤で色々とこう、アレコレが明らかに。
この世界観でこういったアイディアを突っ込んでくるか!

まさかのあのメジャーな、というか、いや、古典SFか。ほら、愛の手紙の人の代表作のアレてきな……
さらにミステリてきなアレも。
しかも、その仕掛けで着地するところがもうなんとも……
『酷く儚く美しく』という感じ。そうだよな〜

いろいろ詰め込んであるお話。
丁寧に作られた世界、語り口、そういう仕掛けの向こうにある寂しさ。
全体としてとても楽しめました。

さあ、問題はもう電子書籍として売られている作者の書籍がもうないこと。

小説宝石もヤマダモールで注文したので、それを待つか……

https://amzn.to/2w8PD6L

=====================

今年も出ました!
『このセルフパブリッシングがすごい! 2020年版』ですよ!
四年目か……そうかそうか。
この本がKDPの世界を盛り上げているのは間違いないところ。ありがとうございます!
とりあえずざっと見ただけですが、色んな人がいるなあ……

https://amzn.to/2T4KeXy

=====================

というわけで昨日2020年2月26日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版が3冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1672ページ。ありがとうございました。

よし、今日はもう何もせずに寝るぞ!

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

2020年02月17日

はい名作。『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』

IMG_20191125_145520.jpg

2020年2月17日
昼寝研究所寝言レポート#2155


さて、少しずつ読んでいた小説を読み終えました。
大澤めぐみ先生の『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』です。

わたしが大澤先生の本を読み始めたのはこのミスで紹介されていた『彼女は死んでも治らない』というぶっ飛んだ設定の物語からです。
有り得ないシチュエーションの世界を理論あるいは舌先三寸で畳みかける話術にすっかりはまりました。
続いて『おにぎりスタッバー』を読みました。
どういうお話か紹介しにくいのですが、過剰に発せられる言葉に打たれ続ける楽しさよ。といった感じでしょうか。
その続編『ひとくいマンイーター』もあわせての巧みな作品。
いずれもちょっと重いところがありそうで、でもそれを軽さで覆ってタラララーンという感じ。大満足で読みました。

で、この作品です。
長野を舞台にした高校生達の日々が極めて静かに、精緻な描写で描かれます。
語りはいつものように流暢ですが、章ごとに主人公が異なるために、文体も変わって、そこから見える景色が色々です。
第一章、第二章は。読んでいてとても好感が持てるので、彼等に幸せが訪れればよいのに、と思ってしまいます。
第三章の主人公はちょっと毛色が違っています。が、読んでいるうちにどんどん好きになる不思議。
そして、彼にだけ謎の存在が。なんじゃこのさらりとあり得ない設定? まあ、でも、彼一人になら現実にもそういうことは起こりえるか。
でも、その苦労がちょっと心に響くので、一度に読めないなあ、と。まあ、そんな感じでゆっくり読んでいたのです。
が、今朝、ちょっと早くに目を覚まして第四章をちょろりと読んだら……
バカに対する糾弾と怒りに満ちた呪詛あるいは足掻きのような言葉の連続。
それまでで何となくもしかしてこうなのか、と予想していた(そしてそれは作者の想定内だとここで思い知るのだけれど)事柄の、その遙か上をというか下をいく彼女の現実。
ああ、こんなものを読んでいたら心が揺れ動かずにいられない。教科書を嬉しそうに読まれたら泣いてしまうやろ。

この物語の世界を作る要素のうち1章が25%。2章が25%。3章が30%。と思っていたら4章だけで200%ぐらいになって百分率が何なのかも忘却の彼方へと流れ去ったことすら忘れて一気に読んでしまいましたとさ。

エピローグでほっとしました。というか、そこでアレを持ってくるなんて、カッコよすぎる!

青春小説を読んだのはいつ以来でしょう。
おもしろかったと記憶にあるのは……コバルト文庫の富島健夫先生『おとなは知らない』かな……いや、それはいくら何でも古すぎるか……
ミステリなら光原百合先生の『十八の夏』か。
まあ、数は少ないけど本作もわたしの中では記憶に残り続けるであろう作品でした。
名作です。

電子書籍の方は電子特別短編が巻末にあるので、是非こちらをオススメしたいです。

https://amzn.to/2V0yGpl

=====================

なんと、明日の出張がなくなりました!
見るはずだったカンファレンスが開催中止。
そのメールが来たのが今日の朝……
切符どうすんねん!
前日払い戻しだと30%は手数料がかかってしまう〜
と思っていたら、他の人が明日東京に行くとのことで、切符を使ってもらうことに。良かった〜

3月に行われる予定の別のイベントも、今後開催or延期を決めるとのメールが。
これは、開催する側は大変だな〜

イベント会社どうなっちゃうんだろ……

=====================

じゃじゃーん、本日『チョコレートの天使』に60件目のレビューをいただきました〜!
えーっと……人物や情景が細かく書かれていないから想像するのが楽しい、と。
……極めて好意的な感想ありがとうございます! あなたの想像力に乾杯! ありがとうございました!

https://amzn.to/2P1uwdn

=====================

というわけで昨日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版が4冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は2030ページ。ありがとうございました。

さあ、眠いから寝るぞ〜
出張がなくなって正直嬉しいです。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。