2014年07月22日

密室の帝王がお通りだ!『三つの棺』その他

先日のKindle廃課金者の集まりに向かった途中の紀伊國屋でミステリの棚を見ていたらびっくり!
なんとディクスン・カーの「テニスコートの謎」が新訳で登場! タイトルも一新して「テニスコートの殺人」です! (微妙な変更!)
しかし、なぜこの怪作がわざわざ新訳に?

いや、わたしはこの作品、とても好きです。

いつか書いたかもしれませんが(そしてこれから何度でも書くかもしれませんが)初めて読んだカーの作品は商店街の外れにある古本屋で見つけた「赤後家の殺人」でした。(こちらは出版社との契約の都合でカーター・ディクスン名義の作品ですが)
その古い屋敷では以前から『その部屋で一夜を過ごした者は必ず死を迎える』という言い伝えのある部屋がありました。実際に過去四人の人間が謎の死を遂げています。数人の人達が面白がって、皆が唯一の出入り口である扉を隣の部屋で見張っているから、誰か一人、夜明けまで中にいるというのはどうだという話になります。

そして、一人の男が中へ入り、外からは15分ごとに呼びかけます。
が、返事がなくなり、鍵のかかった扉を打ち破って中へ入ると、既に……

ああ、とにかくスゴイ謎なのです。そして、いまから考えればそりゃないよというトリックですが、とにかく謎の出し方が魅力的だったので、もう解決が少しぐらいしょぼくても何の問題もない! そんなことを思わされてしまうほどの魅力でした。

わたしが持っていた東京創元社の文庫カタログには『密室の帝王』として紹介されていたカーの、あまりに偏ったミステリとの出会い。まだ若かったわたしはすっかり夢中になってしまったのでした。

二作目に読んだのが、片田舎の本屋に数冊あったカーの作品紹介を読み比べ、迷いに迷って選んだ「テニスコートの謎」でした。

雨上がりのテニスコートの真ん中にはスカーフで首を絞められた死体が一つ。
足跡は被害者のものと第一発見者のものしかない状態。
第一発見者である女性は窮地に立たされることになります。(そりゃそうだ)

さあ、魅力的な謎ではありませんか!
これは不可能犯罪モノではよくある「足跡のない殺人」の亜流テーマです。もしも、第一発見者が犯人ではないとしたら、真犯人はどうやってテニスコートの真ん中にいる被害者の首を絞めることができたのか?

はい、読んでビックリのとんでもないトリックが飛び出します。この太ったおっさん(名探偵ギデオン・フェル博士)は何を言い出すのかと呆気にとられること必至。

でも、当時のわたしはしびれました。風変わりなトリックだけど、なんて魅力的な謎の見せ方だろうか!
こうしてますます不可能犯罪が乱れ飛ぶ、ディクスン・カーの世界へと引き込まれていくのです。

で、この期に及んで、色々とカーの新訳が出ておるのです。
超名作である火刑法廷は、まあ当然でしょう。帽子収集狂事件もまあ、江戸川乱歩がべた褒めしたというところで日本では受けが良かったという歴史もあるのかも。「夜歩く」もカーの記念すべきデビュー作です。
それ以外では、なぜこれを……という気がするのも確かです。これ、誰が買うの?
オレか? まあ、買ってますよ……でも夜歩くは新訳も旧訳も読んでないよ……

そうは言ってもここへきてついに名作「三つの棺」が新訳に!
これは買わなければ!
もう魔術的としか言いようのない不可思議な事件が雪のロンドンで起こります。

その不可思議な二大不可能犯罪がフェル博士の手によって収束するシーンではあまりのすごさにため息がでました。
ミステリ作家はここまでやってしまうのです!

というわけで、本日はだらだらとカーの新訳が出てどうでしょうか&どうしようかという内容でお届けしました。

それはそうと、二階堂黎人氏の「吸血の家」は、上記の「テニスコートの謎」と同様の不可能事件が提示され、カーとは全く異なる、素晴らしく独創的なトリックが光りまくった名作です。
……と思ったら絶版かよ! 二階堂蘭子の新作出して復活&復刊してください!

赤後家の殺人



テニスコートの殺人


三つの棺

2014年03月22日

一番好きなミステリ『ブラウン神父』

ああ、またしてもKindleになっていない作品です。
が、一番好きなミステリなので、避けては通れない道なのです。

といっても、このページ、誰に頼まれて書いているわけでもありませんが。

というわけで、ブラウン神父シリーズでございます。

さて、少しミステリの世界へ足を踏み入れれば、おそらくそこかしこでこのシリーズの名を目にする、耳にする、口にする機会があるかと思います。

ところが、なかなか実際に読もうと思うと敷居が高い。

実際、わたしが小学生の頃に図書館で読んだ子供向けミステリシリーズの中で唯一まったく面白くないと思ったのがブラウン神父の本でした。

その原因としては
・探偵が地味(太った神父さん。派手な活躍は一切しない)
・理屈が謎(子供には難しすぎる理由で事件が解決されていく)
ということがあったと思います。

で、高校の頃に東京創元社の、五冊あるブラウン神父シリーズを読み始めたわけですが、これがもう大変にオモシロイのでした。

が、やはり、その確信を抱くまでに越えなければならないいくつかの障壁があります。

・訳が古い(訳者の中村保男氏は1931年生まれとあります。また、わたしが持っている訳では福田恆存氏と共訳のようになっているのに、現在売られているものは中村保男氏の名前しかないのはなぜでしょうか?)
・探偵が地味(子供心にも訴えませんが、大人になっても難しいかも)
・理屈が謎(それを面白いと思うか、なんじゃこりゃと思うか……)

さて、それらの困難を越えて読むべき理由はなんでしょうか。

このシリーズの特徴は、わたしの印象としては以下のようになります。

・不可能犯罪ものの優れたトリックの宝庫(この時代にこの独創性!)
・不思議な理屈が謎を生み出し、解決する独特の世界(「賢い人間なら小石をどこに隠すかな?」「浜辺でしょう」から始まって、とてつもないところまでたどり着く奇跡的な傑作『折れた剣』など)
・ブラウン神父の魅力

はい、というわけで、慣れてくるとこの地味な探偵である小太りの神父が実にかっこよく見えてくるのです。

できれば新訳で読みたいところです。

ルパンやホームズは派手な事件、主人公のキャラクタなどもあって、何度も映画、ドラマ、マンガになっており、近年になってまた小説の新訳も出されております。クリスティもクイーンも新訳が出ています。

が、ミステリ史の中でも一際大きな意味を持つこのシリーズがいつまでも古くさい訳でしか読めないというのは、実にもったいない話です。

というわけで、リンクは貼っておきますが、正直読みにくいので、無条件で人にお勧めするのもちょっと抵抗があります。

一巻は「ブラウン神父の童心」です。おお、目次を見ると名作ばかり。一押しは先ほど例に出した『折れた剣』でしょう。

そこから「知恵」「不信」「秘密」「醜聞」と全五巻まであります。

特に三巻の『ムーン・クレサントの奇跡』とか五巻の『古書の呪い』などの強烈な不可能状況&鮮やかな解決も大好きです。

新訳&Kindle化を切に希望します。



*2017年1月にKindle版出ました!! 上記リンクもKindle版にしてあります!
*新訳ではありません。

2014年03月09日

30年たっても心に残る『さむけ』

ハードボイルドという言葉の定義は、まあ、いろいろあるでしょう。
謎解きミステリ、それも不可能犯罪物ばかりを偏愛していたわたしにとって、それはもうあまり興味のない世界でした。

が、高校生の頃に古本屋で手に入れた「東西ミステリーベスト100」という本がありまして、ここにおもしろミステリーを対象にした、ベスト100の投票結果が載っておりました。
日本編と海外編。そして、冒険小説もあり。

そこにはクイーン、クリスティ、カーとハヤカワミステリ&東京創元社を読み進んでいたわたしが知らない名前がたくさんありました。

その中にあったロス・マクドナルドの名前です。二作が上位にありました。
「ウィチャリー家の女」が、ハードボイルドでありながら、本格的な謎解き小説でもあるとのこと。なるほど、おもしろそうです。
が、それと並んで高い評価を受けている作品が「さむけ」でした。

さむけ



え? さむけって……もちろん間違いなく日本語ですが、これを単独で抜き出してドンと置くと、なんだか妙な感じがしませんか? 本棚でタイトル順に並べると「サスケ」の隣にきますか?
原題はThe Chill。なるほど、間違ってはいない……

で、そういった違和感を覚えながらも読んでみました。

はい、それが30年ぐらい前の話なので、詳細はほとんど忘れております。
でも、ラストの展開の衝撃。探偵リュウ・アーチャーの最後の一言はずっと心に残ります。
見事なミステリでございました。

ハヤカワミステリ文庫から、今でも新刊で入手可能。表紙は辰巳四郎さんのものから変わっております。
あのペンダントの表紙、なかなか哀愁があってよかったのですが。

この頃、ロス・マクドナルドを何作か立て続けに読みました。
アメリカの裕福な社会を舞台に、とんでもない深い闇をのぞき込むような事件が多くて、そこへ挑む私立探偵リュウ・アーチャーがクールでカッコヨイのです。この解説で諦観(ていかん)という単語を覚えました。

是非、旧作を含めてKindle化をお願いします。

2014年02月18日

『第三の銃弾』謎の見せ方と解決の美しさ

あらー、またしても新品が売られていない本ですよ……
これ、抄訳版というか、クイーンが自分の雑誌に載せるために適当に短くしたものがカーの短編集に収録されておりました。
長い間わたしのお気に入りの作品でしたが、突然出版されたのがこの『完全版』です。

第三の銃弾(完全版)



元判事が射殺され、部屋で拳銃を握りしめていた青年が逮捕される。しかし、部屋の中から別の拳銃も見つかる。果たして判事を撃ったのはどちらの拳銃か。
……という、あまり深い謎にはなりそうにない発端です。
しかし、ここからあっという間に読者は不可解な謎を突きつけられることになるのです。
うまいなあ。

魅力的な謎。ほどよい長さ。シンプルな解決。
ああ、素晴らしい。

しかし、これが普通に入手できないとは……名作なのに。
本屋でも一時はカーの棚が充実していたこともあるのですが……もういまとなっては昔の話です。

わたしが高校生の頃、カーに夢中になり、ハヤカワや東京創元社のカタログを見て本屋に何度か注文したことがありました。そして、大抵の本は『版元でも品切れ』と言われました。それに比べれば、Amazonで中古が手軽に手に入るのだから、便利な世の中になったものです。