2019年04月15日

奇想天外のお手本『密室の行者』

昼寝研究所寝言レポート#1849

【本の短い紹介のようなもの第15回】

はい、昔読んで面白いと思った本に関する蜃気楼のように不確かな記憶をギュッと濃縮するのも面倒なので適当にかいつまんでさらに希釈してオススメするのも心苦しいので適当にお茶を濁すコーナーです。

わたしの好きなミステリは『不可能犯罪モノ』です。つまり『どうやって犯行が成されたのかさえわからない』という事件を扱ったモノ。
その代表格が『密室モノ』です。
鍵のかかった部屋の中に横たわる他殺死体。一体犯人はどこへ消えたのか? というヤツ。
『最初の推理小説』と言われているエドガー・アラン・ポー『モルグ街の殺人』(1841年)も、ちょっとした密室でした。
でも、ちょっと考えればわかりますが、こんな制約、最初から無理難題なわけです。
何らかのトリックを用いるといったって、そんなにたくさんの方法はないでしょう。

それが無理ゲーであることを承知で、ミステリ作家は昔からこの謎を絶えず作りだしてきました。
その中には、本当に素晴らしい独創性に溢れたモノもたくさんあります。

というわけで、本日のオススメは短編密室ミステリの名作『密室の行者』でございます。
作者はロナルド・アーバスノット・ノックスでございます。長編では陸橋殺人事件が有名かと思います。持っていたはずですが読んだことありません。

この密室の行者、完全に閉ざされた部屋の中で、たくさんの食料に囲まれたまま餓死していた億万長者の話です。
いや、なかなか強烈な謎ですよね。
そして、トリックのわかりやすさ。説明されれば、なるほどと一瞬で理解できる。これ、非常に大事です。

ちなみに、行者は『ぎょうじゃ』と読みます。『ぎょうしゃ』ではありません。『行者にんにく』のギョウジャであると覚えておくといいかもしれません。ギョウジャの王将と覚えてもいいかもしれません。

この作品が収録されているのは創元推理文庫の江戸川乱歩編『世界短編傑作集3』です。
特にこの3巻が不可能犯罪が多くて、と目次を見てみたら、この作品以外完全に内容を忘れていることに気がついてしまいました。やったー、これでまたこの刺激的な短編集が楽しめるぞ、と思ったのも束の間。ちょっと読んでみたら、1974年の36版(スピン付き)だからか紙が変色して活字が読みにくいのです。ただでさえローガンなのに。

古い本だけど、いまも売っているのかな、と思ったらなんと【新版】が出ているのです。
さすが東京創元社!
と思ったら……なんじゃ?
何故か収録作品が入れ替えられています。
わたしの持っている古い世界短編傑作集3の10編のうち3編が他の作品になっています。
『密室の行者』が消えています……

探したら、何故か4巻に収録されていました……この入れ替えになんの意味があるの?

あ、どうやら『発表年代順』に入れ替えをしたようです。
なるほど……それ、必要かなあ。
でも、新版に収められている他の短編の「完全版」が収録されていたり、その経緯について戸川安宣氏の解説が載っていたりするようです。さすが東京創元社! その昔、戸川さんがやっておられた本屋でサイン入り島田荘司全集を入手したのですが、とても丁寧なメールをいただきました。



=====================

あ、やばい。このコーナーが長すぎた。
まあ、いいか。書きたいことを書く日記なので。

=====================

というわけで昨日2019年4月14日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版が16冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1057ページ。ありがとうございました。

今日は右目がずっと痛いです。何故でしょう。わかりません。痛いので寝ます。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

2019年04月12日

名作揃いの『密室大集合』

昼寝研究所寝言レポート#1845

【本の短い紹介のようなもの第11回】

朦朧とした意識の中で何か絞りかすに似た手触りを与えようとするコーナーです。
というか、この無駄な一文要らんよね。

さあ、11回目にご紹介するのはアンソロジーです。アメリカ探偵作家クラブが出していた『密室大集合』でございますよ。編者は短編ミステリ職人の我等がエドワード D.ホック大先生。
これ、20編ものミステリ短編が収録されています。いずれも密室、あるいは状況的に不可能な事件を扱ったモノ。
その数だけでもご飯を三年ぐらい食べられそうですが、作品の質もなかなか素晴らしいのです、さらに三年。
例えば珍しいジョルジョ・シムノンの密室モノ『クロワ・ルース街の小さな家』のネタは今となっては珍しくありませんが、その見せ方のうまさ! いや、小説ってのはこういうものなんだと唸らされます。あるいは本当の奇術師クレイトン・ロースンによる『この世の外から』は「窓やドアの隙間も完全に塞がれた状態の密室」にディクスン・カーと挑戦して、カーは長編『爬虫類館の殺人』を書き、クレイトン・ロースンはこの短編でその難題に挑んだというものです。個人的にはこの短編の方がスマートで素晴らしい出来かと
まあ、他にもクイーンの珍しい不可能状況ものや、ストラング先生の洒落た作品など素晴らしいモノが目白押しですが、中でも一読忘れがたい強烈な現象を扱ったのがビル・プロンジーニの『アローモント監獄の謎』です。
監獄で起こった処刑の驚くべき顛末を描いた短編。
いくつもの不可能犯罪ものを読みましたが、この作品は途中で「こんな不思議な現象を説明できるトリックなんて、あり得ないだろ」と思いました。それがキッチリ謎解きされた時には感動しましたよ。
こういった若い頃のキラキラした興奮がミステリというものを好きでいさせてくれたのだと、感謝せずにはいられません。

残念ながらこの短編集、中古で入手するしかないようです。まあ、プレミアがつくようなものではないので、興味を持たれた方は是非。



=====================

なんか、このコーナー、書くの大変だな……
もう、今日はこれだけにします。

=====================

というわけで昨日2019年4月10日の自作Kindle有料版ダウンロード数は2冊。無料版が3冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は1908ページ。ありがとうございました。

明日でnoteを始めて1ヶ月です。
小説はそれなりに読んでもらっているのかな……
それでKindleの有料本が読まれるようになっているのかな……Prime Readingから外れてしまって、比較が難しい状況になっております。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

2016年12月09日

不思議なことに心躍る瞬間があったり

昼寝研究所寝言レポート#993

さて、本日も希望を探して石ころをひっくり返してみたりアマガエルの腹を触ってみたり駅の天井で寒風に揺れる蜘蛛の巣を指さしてみたりするおっさんが密かなため息とともにJR京都線のホームからお送りする寝言日記でございます。

-- - == = == - == -=

金曜日。
ほぼ定時。
寒いです。

これだけ時間に余裕があると梅田の紀伊国屋に寄って今年のこのミスとかあのミスとか買って帰ろうかと思ってみたりもします。

今年も全くと言っていいほど小説を読んでないのですが、ランキング本を読むのは大好きなので特に問題はないかと。

--- - --- - --- - - - -

はい、電車に乗ったら座れませんでした。こんな時間だから当たり前か……

--= = -= - -= - -= -

梅田で紀伊國屋書店へ寄って『この世界の片隅に』の映画ムック購入して『このミス』と『本格ミステリベスト10』を買って電車の中で座れなかったので「本格ミステリベスト10」を読んでいました。

海外本格ミステリのランキングで1位と2位がマクロイなのを見て思わず笑ってしまいました。
といっても、マクロイを読んだことはないのです……
確か高校の時に読んだハヤカワの『密室大集合』に「鏡もてみるごとく」という短編が入っていて『トリックがすごくて、後に長編になった』という紹介があったために未読のままいつか長編を読もうと決め、そこから10年以上たってようやく『暗い鏡の中に』が手に入って、でも結局読んでいないという……

-= == - == === == = - - ==--

そういえば、この密室大集合の中に長編密室ミステリのベスト10があって、その第2位の作品ヘイク・タルボットの『魔の淵』も20年以上たってからようやく読めました。
その間、二階堂黎人氏がネットでサイン本のプレゼントをするからメールで応募して、というのでメールを出し、ついでにこの作品について訊ねたところ、それほどの作品じゃないですよというような返事をいただきました。ちょっとうろ覚えですが。

そのおかげで期待せずに読んだら、それなりにオモシロかった記憶があります。事件の詳細は一切忘れましたが。

この『密室大集合』の中には素晴らしい短編がたくさん収録されていました。
いつか書いたと思いますがビル・プロンジーニの『アローモンド監獄の謎』という凄まじい不可能犯罪のお話があります。
まあ、現象だけ書いてしまってもスゴいのですが、衆人環視の中で首つりの刑を執行された死刑囚がそのまま消えるという内容です。
そんなことあるわけがないのですが、そういうお話です。これがもうお見事。

-= -= -= -= ===- ---== = ==

あ、というわけで、本格ミステリベスト10は国内編も国外編もまったく読んだことのない作品ばかりですが、Kindleになっているものがあれば手を出してみたいと思いました。

この書籍も紙の本しかないのが難点ですが……

-= - =- ===-= =- -= -= =- =

本日2016年12月9日の22時53分現在のKindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版も1冊。
既読ページ数は861ページです。ありがとうございます。

電車の中で書き終えることができずに、帰宅して食事して風呂に入って桃太郎電鉄やってVS嵐見てようやく日記を書いていないことを思いだして慌ててPCを起動してキーボード連打して急いでいるのにダラダラと昔読んだ短編のことなんぞ書いてしまってもうすぐ23時というありさま。

本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと


posted by Red56 at 23:00| Comment(0) | オススメ密室ミステリ

2015年10月01日

わたしの好きな短編ミステリベスト3

十月になりました! 六花抄の読まれたページ数がいきなり159になったので、それを記念して短編ミステリベスト3企画です!

やっぱり読んでいないミステリの話よりは読んだ&好きなミステリの話をしたいわけですよ!

……うーむ、しかしこれ、書こうと思った瞬間に迷うな。
それに、以前も似たようなことを書いた気がするけど、何回書いても楽しいからいいか。

まず、わたしが好きなミステリは「不可能犯罪もの」です。

あ、それだけだ。
なので、好みは著しく偏っております。

で、短編、というからには短い作品。
……大きな館が消える巨匠エラリー・クイーンの傑作『神の灯』は……長編ではないけど、短編でもないか。

うーん……
はい、選びました。というわけで、発表です!
ドラムロールと拍手は各自でお願いいたします。

まずは最初の作品。
エドワード・D・ホック『革服の男の謎』
アメリカの田舎町の開業医、サム・ホーソーン先生は、よくおかしな事件に出会います。
というか、出会う事件がすべて不可能犯罪という驚愕の短編シリーズ。
中でもこの『革服の男』の奇跡はちょっと他に類を見ないものではないでしょうか。

というわけで、いま読み返してみました。
50年前に死んだ革服の男。
そして、再び革服の男が現れた。サム先生は興味を持ってしばらくその男とウィスキーを飲みながら一緒に歩きき始めた。
途中で何人かの顔見知りと出会い、延々と歩き、最後にはすっかり酔っ払って、行き着いた宿で二人とも泊まる羽目に。
しかし、目が覚めるとサムは一人きり。宿屋の女将は「先生はお一人で来られました」と答える。
そんな馬鹿なと思い、昨日出会った人々に話を聞くと、誰もが革服の男なんか見ていないと言い張るのだった……
わたしは途中まで「これはいくらなんでも合理的に説明がつかないのでは?」と思ってしまいました。
ところが、これが解かれてみれば強引ながらも明快なオハナシ。そして、見事なまとめ方。ため息がでます。
1000以上の短編ミステリを書いたというホック。唯一無二の存在でした。
……未収録のサム・ホーソーンをどこかにまとめてほしいものです。
残念ながらいまのところ本シリーズはKindle化されておりません。
紙の本でお楽しみを。


続いての作品は……
ジョン・ディクスン・カー『妖魔の森の家』

おお、やっぱりこれか……(自分で選びました)
ありふれてますか?
まあ、傑作だからしょうがないですよ。

二十年前に別荘の鍵の掛かった部屋から忽然と姿を消し、数日後に戻ってきた娘。
そして、いまヘンリー・メリヴェル卿の前で奇跡が繰り返されることに……

はい、密室に取り憑かれた作家。こんな人はもう後にも先にも彼しかいません。
短編よりは長編の作家ですが、この妖魔の森の家はあまりによくできています。
魅力的な謎の提示、そして恐ろしい幕切れの鮮やかなこと。
いやあ、素晴らしい!

某パタリロの中でこの事件のネタバレがあります。別のところで『妖魔の森』というのも出ていました。
まあ、魔夜先生がミステリ愛のある方だということはわかるので、わたしの中では良しとしています。(偉そうだな)



そして、最後を飾るのはこの作品です。

ギルバート・キース・チェスタトン『ムーン・クレサントの奇跡』
はい、なんか、このタイトルを出すの、もうここ数年で何度目か。
個性的なトリックの宝庫。ブラウン神父シリーズがたまらなく好きなのです。

鍵の掛かったビルの14階の部屋から忽然と姿を消した男が発見されたのは思いもよらない場所だった。


おお、紹介がこれだけでいいのか?
トリックは単純。新本格出始めの頃か! とツッコミを入れたくなるようなものです。
でも、これが、ブラウン神父の世界ではなんだか見え方が異なってしまうのです。
このシリーズの持つ独特の雰囲気。

でも、訳が古すぎて、これではなかなか新しい読者を獲得できないのでは……もったいないことです。
きっと、作者がチェスタトンだから、飜訳も難しいんでしょうね……
そして、新しい飜訳になったら、わたしが感じていた雰囲気も変わってしまうのかもしれません。



……あれ、違うぞ。
ごめんなさい。密室で選んでこの作品にしたけど、ブラウン神父の作品で、一番気に入っているのは別の作品でした。
やっぱりこっちです。
密室じゃないけど!

じゃじゃーん。
ギルバート・キース・チェスタトン『折れた剣』
「賢い人間なら樹の葉はどこに隠すかな」
「森のなかですよ」

あまりに有名なこのやりとりが出てくるのがこの短編です。
そして、ここで繰り広げられる物語の異常なことといったら……
理屈が積み上がって丁寧に組み立てられたその先に姿を現すモノの恐ろしさよ。
ミステリだけが、こんな物語を可能にするのです。



はい、というわけで、三つとかいって四つ出ましたが、とにかく選びました!
だんだん紹介文が手抜きになりましたが、いずれも面白い作品ばかりです!
そしていずれもKindleでは読めぬ!

……古典ミステリが全部電子書籍になってくれないと、安心できない……
これだけ古いミステリが読める国は日本だけですよ!
ここは是非データを電子化して、絶版を恐れなくてもいいようにしていただきたい。

あー、でも出版社がつぶれたらKindle版も販売停止になるのか?
その場合にそのデータを買った人はどうなるんだ?

先日紹介したクーンツもそうですが、「少し前の海外作家」の電子書籍化が著しく遅れているようです。「電子化など項目に入っていない翻訳&販売の権利」がネックになっているのでしょうか。
あるいは、いまさら苦労して電子化しても、売れるわけでもなし、ということかもしれません。

いつかブラウン神父の新訳が世に出てくれることをつぶらな瞳のフリして夢見ております。
posted by Red56 at 22:19| Comment(0) | オススメ密室ミステリ