2014年12月28日

『猿蟹合戦』とかKindleアーカイブとか

さて、前回のカラマゾフの兄弟は幽霊塔に続いて挫折した回でした。

今回はその辺りも考慮されてか、あっさり五分で読了するものが課題図書に。

まあ、猿蟹合戦です。
虐げられていた庶民の好きな勧善懲悪の世界。
いまだって虐げられていますから、テレビのドラマだってこういうのは受けます。仕事人とか。
もしかすると虐げられるのが好きなのでは、という勘ぐりもしたくなるところですが、それは置いておいて、どのような内容かと申しますと……

この本においては芝居の猿蟹合戦を本にしたということなのか、何故か蟹は単なるお面で、体は完全に人間です。
柿の種とおにぎりを交換する場面では、蟹は着流しで縁側に座ってちょっと粋な感じすらあります。
読了したといえども、正直なところ文字が読めません……
蟹は死んだの? ただの喧嘩なの?
この辺り、親蟹を子蟹が敵を討つパターンもありますが、この作品では……よくわからない……

加勢に来たのは臼と蜂とたまご。
たまご? 普通は栗じゃなかったですか?
初めてのパターンです。
で、あっという間に猿は臼に押し潰されてめでたしめでたし。

……まあ、そういう乱暴な話ですよ。
話の変遷、その意味などについてはWikipedia先生にあたってください。
たまごバージョンは130年ばかり前の教科書にも載っていたようなので、その頃はメジャーな展開だったようで

続いて、作者の堤吉兵衛さんについて……と思ったら、検索結果でこの人の略歴を示すものが見当たらないぞ。
最後のページに寄れば、この人、この本の作者であり、印刷人であり、発行人であるようです。
今回のような「お伽噺」シリーズを自らの筆で書く以外にも、浮世絵の画集(?)を出版しているようです。

今回のこの「猿蟹合戦」は「Kindleアーカイブ」として公開されているものの一冊。
作品一覧はこのページから見ることができます。

上記ページによればKindleアーカイブとは
「国立国会図書館(NDL)が所蔵し近代デジタルライブラリー上で公開しているパブリックドメインの古書をKindle版として販売。NDL所蔵古書ならではの貴重かつ入手困難、文化的な価値の高い歴史的書物を、Kindle本ならではの機能や読みやすさでお楽しみください。」
という趣旨のもの。現時点(2014/12/28)で1143件です。
数々の貴重な出版物が有償無償で公開されております。
有償と言っても、一番安いのは100円。高いのも100円。
素晴らしい!
無償のものもたくさんあります。
これが文化です。

国会図書館なんて東京にあるし、関係ないと思っていましたが、こうしてネットという文明の利器ができたことにより、いままで大切に集められていた資料がご家庭で簡単に閲覧可能に!
すごいことです。

というわけで、これらの貴重な資料をお楽しみ下さい。

あ、堤吉兵衛の本、全て無料だと思ったら、結構有料版だ。うっかり桃太郎を買ってしまった……



桃太郎一代記(有料)


はなさかぢゝい(有料)


お伽噺シリーズ一覧はこちらで。
堤吉兵衛の本一覧

posted by Red56 at 12:01| Comment(0) | Kindle岳

2014年12月06日

『黒田如水』の一番心に残るシーンは……

吉川英治黒田如水(くろだじょすい)を読みました。

Kindle岳の課題図書の紹介で今年のテレビドラマになった人物を扱った作品ということを知りました。
が、原作小説というわけではないようです。

いままで大河ドラマを見たことはありませんが、主役の人はひらパー兄さんとして知っていました。

さて、このお話は今年多くの人に黒田官兵衛という名前で知られることとなった、秀吉と共に戦乱の世を戦った軍師の話です。
如水は年をとってからの名前。
恥ずかしながら、そもそも黒田官兵衛という人物自体を知りませんでした。

それにしても、昔の人って出世魚のようにたくさん名前があってわかりにくいです。
まあ、ウィリアムがビルになるようなものでしょうか。
……あ、全然違いますね。

Wikipedia先生に寄れば「初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のちに孝高といった」とあり、続けて「一般には通称をとった黒田官兵衛あるいは出家後の号をとった黒田如水として広く知られる」とあります。
……わざとわかりにくくしているのでしょうか。
それだけに止まらず竹中半兵衛と共に秀吉の元で働いていた頃には『後生「両兵衛」「二兵衛」と並び称された』そうです。
もはや彼の呼称だけで日本史の期末テストの半分が埋まりそうな状況だと言っても過言ではないと。

さて『黒田如水』ですが、わたしにとっては初めて読む吉川英治でした。
いままで歴史小説や時代小説は数十冊読みましたが、司馬遼太郎、藤沢周平で終わっており、今後読むとしても、かつて読んだことのある作家の志水辰夫、森博嗣(Void Shaperシリーズ)辺りに手を伸ばすぐらいかと思っておりました。

そこで初の吉川英治です。歴史小説や時代小説は久々で、それなりに長いし、読み切れるかやや不安でした。
が、読み始めてすぐにそれが杞憂であるとわかりました。

いままでのKindle岳の課題図書は「著作権が切れて無料となっている古典」という性質上、どうしても文章が古く、なかなか苦労する作品が多かったのですが、本作品は最後まで大変に読みやすく、とても面白かったです。

信長が勢力を広げようとしている時代、播州(現在の兵庫県の南西部)の地で毛利と織田の間に挟まれた弱小の城主の元に仕えていた孝高(官兵衛)の活躍を描いております。
冒頭の蜂のエピソードが強烈です。日和見的な家老達に煙たがれながらも、信念を持ってこれからの生き残りを説く姿が格好良いのです。
この辺りは「人物の魅力の出し方」「史実を踏まえた上での盛り上げ方」などさすがの職人技でしょうか。
信長側につくことを知らせるために単身岐阜へ向かう、そして秀吉、竹中半兵衛との出会い。
……どこまでホントなのやら。もちろん小説としては素晴らしい場面です。
秀吉の「人たらし」っぷりも見事。

この小説では荒木村重に官兵衛が捕らえられ、救い出される辺りが最大の山場です。
そして、横たえられたままで信長との謁見。
突然現れた半兵衛。
官兵衛の為に命を賭けようとする半兵衛。父の言葉に従おうとする松寿丸。己の非を認める信長。
これは泣ける……

日本の古い時代のことなので、女性の立場がとても弱いのですが、そんな中で一点鮮やかな印象を残すお菊さんに助演女優賞を捧げたいと思います。
蛍を探すように命じられ、古池へやってくるシーンの美しさが際立っておりました。
ここがこの小説の中のベスト名場面です。(個人の感想です)
そして、室殿……

僅かにしか出てこない女性の描き方が素晴らしく巧みです。
何故か官兵衛の妻は精彩を欠いているような描写ですが……

唯一感じた欠点といえば、物語が大変中途半端なところで終わっていることです。
完全に秀吉の右腕となって、秀吉が姫路城に移った辺りで終わり。
この先、いろいろとあるでしょ? 思わせぶりな描写もあったでしょ?

調べてみたら……本能寺やら朝鮮出兵やら関ヶ原やら事件がてんこ盛りじゃないですか!
何故ここで終わった……

しかし、多くの作家がこの軍師について物語を書いております。
司馬遼太郎先生も『播磨灘物語』で黒田官兵衛の生涯を描いているそうです。
これは読みたい!
と思ったけどKindle版が出てないぞ。

吉川作品は作者の没後50年を経過しており、既に著作権が切れているため、青空文庫でも多くの作品が読めます。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1562.html

作品一覧を見ていたら「小説のタネ」というタイトルが。
吉川英治先生が自作の小説について書いている(語り起こしか?)短い文章です。「鳴門秘帖のころ」に新聞小説を書くにあたってのエピソードなどがあり、面白いです。

大河で官兵衛を演じている方の写真(いまは来年の手帳の宣伝が多いようです)をイオンなどで見ると、これまでは「ひらパー兄さん」が頑張っているなあ、ぐらいに思っていたのですが、いまは「おお官兵衛殿ではござらぬか。こんなところでいかがなされた。なるほど、優れた軍師とは優れた手帳を持っている者のことを言うのですな」と心の中で呟くようになりました。(個人の妄想です)

というわけで、大変に面白い物語でした。



posted by Red56 at 04:19| Comment(0) | Kindle岳

2014年11月19日

11月の課題図書『妖怪学』

11月のKindle岳は複数の課題図書がありました。
できるだけ読むつもりでしたが、なかなか全部読むのは難しいかも。
というわけで、1冊目の「イワンの馬鹿」に続いては井上円了「妖怪学」を読みました。



これは一般的に非科学的とされている人々の行動、信仰について、できるだけ科学的な分析を試みようとする、なかなかスリリングな書でございます。

Wikipedia先生に寄れば、作者の井上円了は、哲学者であり、教育者だそうです。多様な視点を育てるための哲学に着目し、哲学館(現在の東洋大学)を設立したとあります。

そんな立派な先生が、様々な迷信、マジナイを解き明かそうとするのです。
文章はやや古く、堅苦しくはありますが、ミステリ的なものを読んでいると思えば、それほど大変ではありません。お疑いになるというのなら、創元推理文庫の『スペイン岬の謎』あたりと読み比べてみるとよいでしょう。こちらの妖怪学の方がよほど読みやすいのです。(個人の感想です)

円了先生は、第一章の最初の「総論」で「妖怪」なるものを「不思議に属するものの総称」としております。
そして妖怪は「物理的妖怪」「心理的妖怪」に分けられるとしています。

物理的とは、狐火や不知火など実際に起こっている事象のことを示し、心理的とは狐憑きや予言などを指すそうです。
さらに心理的妖怪を「病理的」「迷信的」「経験的」「超理的」と分類しています。
このように分類を繰り返し、それぞれについて原因を考えるという方法で、様々な事象に説明をつけようという試み。
素晴らしいではありませんか。

さて、円了先生が具体的な妖怪現象として最初に挑むのはこっくりさん。漢字で書くと狐狗狸です。おお、なにやら良い雰囲気の字面です!(個人の感想です)

ここで紹介されているやり方としては、まずは
生竹の長さ一尺四寸五分(50cmぐらい?)を三本用意して三つ叉に結びます。
その上にお櫃の蓋を載せて三人その蓋を軽くおさえて呪文を唱えます。
呪文は「狐狗狸様、狐狗狸様、御移り下され、御移り下され、さあさあ御移り、早く御移り下され」だそうです。
いいですねえ、この儀式っぽい感じが。

こっくりさん。わたし(赤井)が子供の頃に散々流行りました。
その頃のやり方は五十音のかなを書いた紙の上に貨幣を置いて、三人で指を添えて質問をするというものでした。
わたし自身は、こっくりさんは低級霊を招き寄せると「恐怖新聞」だか「うしろの百太郎」辺りから学んでおりましたので、友達の話を聞きながらも、自分では決してやりませんでした。
……いまの子もやってるのかなあ。

円了先生はこの謎の儀式が日本で最初に流行した場所を静岡の下田港近辺であると聞いて、その歴史を調べています。
どうも、下田付近で流行った頃は、大人も夢中になってこっくりさんをやって、色々とお伺いをたてていたようです。
そりゃ、こんな面白い現象が簡単に起こるのだから、みんなやるわな。

さらに調べると、日本には三百年以上前(この本が書かれたのが1890年頃ですから現在から四百年以上前になります)に伝わっており、信長や徳川がこれを用いたという記録が残っているとのこと。また、西洋の「テーブル・ターニング」がこっくりさんの元となっていることを調べ上げます。

で、円了先生、このこっくりさんの生竹で作った装置が動くのは何故か、ということを理詰めで説明しているのです。
まあ、ここで説明されていることは、現代の我々から見ればそりゃそうだろうとは思いますが、未だにオカルト的なものを信じる人も多数いますから、百年以上前にこのような試みをされているというのは流石です。
あ、とは言っても、子供の頃には霊の力で動くと信じてましたからねえ……子供にこそこの現象は科学的に説明できるのだということを広めたいところです。

今回読んだ「妖怪学」の中では、このこっくりさんの章が一番面白かったです。

こっくりさんに関する記述は、かつて円了先生が「妖怪玄談」として出したもののまとめだそうです。
現在、青空文庫で「妖怪玄談」が読めます。(この妖怪学も青空文庫ですが)
ありがたいことです。
確かに妖怪玄談は各章が「総論」「コックリの仕方」「コックリの伝来」「コックリの原因」と、全編こっくりさんに終始しています。

他に興味深かったのは「手の先より細糸を引き出す秘法」です。
その昔、ムーか何かで読んで気になっていた現象です。
「疳の虫」の出し方もムーに載っていたと記憶しておりますが、これも「妖怪学」で紹介されていました。
というか、この妖怪学を読んでいる間中、ずっとムーのことが頭に浮かんでいました。
かつて、ムーの記事にあった幽体離脱の方法を試して以来、極度の金縛り体質になったこともいまとなっては良い思い出です。

円了先生はこのような体から何か取り出す術、痛み止めや酔い止めに効く呪文などを紹介し、それぞれに合理的な理由をつけております。

余談ですが、ここで「船に酔わざる呪術」として紹介されている「ながきよのとおのねむりのみなめざめなみのりふねのおとのよきかな」は有名な回文です。
わたしはこれを泡坂妻夫先生の「喜劇悲喜劇」で知りました。これは「台風とうとう吹いた」で始まる回文尽くしのミステリです。その他にも森博嗣先生の「すべてがFになる」シリーズで超絶技巧の回文が出てくる作品があります。

というわけで、この辺りまでの紹介でわたしの力が尽きました。

今も昔もオカルトに惹かれる人はいるし、それを理屈で説明しようとする試みも繰り返されているのだということがわかる一冊となっております。

円了先生のその他の著作も青空文庫で下記から読むことができます。
「甲州郡内妖怪事件取り調べ報告」や「失念術講義」など刺激的なタイトルが並びます!
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1021.html

Wikipedia 井上円了
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%86%86%E4%BA%86

そして、東洋大学には立派な博物館と、研究センターが。
ただの妖怪好きなだけの人ではなく、妖怪も好きだけど他にも何かすごいことをやった人だったということがわかります。

井上円了記念博物館
http://www.toyo.ac.jp/site/museum/
井上円了研究センター
http://www.toyo.ac.jp/site/enryo/index.html

Wikipediaの「こっくりさん」の項目です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%81%95%E3%82%93
posted by Red56 at 00:46| Comment(0) | Kindle岳

2014年11月06日

11月のKindle岳『イワンの馬鹿』と菊池寛

さて、Kindle岳の11月は5冊の本が課題図書。

とりあえず最初に短そうなヤツからということで「イワンの馬鹿」を読みました。
おお、これは短くて読みやすい!
訳者は……先日のKindle岳の課題図書アルセーヌ・ルパンの「奇巌城」で多くの人を脱力させた巨匠、菊池寛先生です!
今回もこの短い話の中に誤植がちょくちょく出てきます。出版社が悪いのかなあ。
作者名は「トルストイ・レオ」となっていますが、英語ではレオ、ロシア語ではレフだそうです。

「イワンの馬鹿」というタイトルだけは聞いたことがありましたが、話の内容はまったく知りませんでした。
しかし、これ、なんか投げやりな感じの酷いタイトルです。
奇巌城で多くの人の心に残った
「黙れ、馬鹿!」とルパンは吼えた。
のシーンが蘇ります。

もちろん、馬鹿呼ばわりが好きだからこのタイトルに、というわけではなく、別の訳本によれば原題が
イワンの馬鹿とそのふたりの兄弟、軍人のセミョーンと太鼓腹のタラースと、唖の妹マラーニヤと、老悪魔と三匹の小悪魔の話
だそうです。長いよ! 一昔前のサスペンスドラマもびっくりのタイトル。

さて、肝心の内容。
とある裕福な農家に兵隊の長男、商人の次男、そして皆から馬鹿と呼ばれている三男のイワン、さらに、耳が聞こえずしゃべることのできない妹が両親と住んでいました。

長男次男は家を出て行ってしまい、残されたイワンは背中が曲がるほど働きました。
兄たちは一旦は成功したものの、その後没落して家に戻ってきて「金をよこせ」といいます。
イワンは「いいよ、好きなだけ持って行きなよ」と決して拒みません。
人々はイワンを馬鹿と言いますが、決して自分の生き方を変えない筋金入りの善人です。
そのイワンを悪魔が貶めようとしてあの手この手を打ってきます。

それにしても、何故悪魔が出てくるのかよくわかりません。
最後には悪魔が賢い人間は頭を使った仕事をする、ということを訴えようとして、謎のオチがつきます。
……とまあ、読後の素直な印象としては「すげえ変な話」です。

ところで、これを読んでいて、イワンが根っこを使い切ったのに、どうしてお姫様の病気が治ったのかよくわからなかったのです。
で、別の人の訳したイワンの馬鹿(北垣信行訳)をちょっと読んでみたら、どうやらお姫様の病気は自然に治って、たまたまそれと同時にイワンがお城へ到着したということのようでした。
……そうか。菊池先生のもそう読めなくはないか。

Wikipediaによれば、イワンというのは、ロシアの民話にしばしば登場する男性キャラクターだそうです。
愚直なキャラで、最後には幸運を手にするとか。
同じキャラが複数の話に登場するということなのか?
調べると、似たようなパターンの話がいくつかあるようです。http://rossia.web.fc2.com/sp/folklor/personazh.html

さて、菊池寛先生ですが、わたしにとっては『マンガの「サザエさん」に出てくるほど有名な作家』という存在です。
が、作品を読んだことはなく、Wikipediaに出ている主要作品もほぼ初耳。
「父帰る」というタイトルを薄ぼんやりと聞いたことがあるかもしれない、という程度。
ただ「真珠夫人」は数年前に昼ドラの原作になったという話を聞きます。

Wikipediaを読むと、作家以外にも色々なことをやった、なかなかすさまじい人です。
私財を投じて文藝春秋を創刊。直木賞、芥川賞も彼が創設したとか。
それと別にいまは菊池寛賞もありますが、これも自分で創設したそうです。もうなんだかすごい。
そして、多数の愛人を持ち、その一人が小森和子(小森のおばちゃま)であったという……

つい最近、本の雑誌九月号の『今月の一冊』を読んでいたら、石井桃子さんの話が出ており(ひみつの王国 評伝石井桃子)、そこに『日本女子大学在学中に、菊池寛のもとで外国の雑誌や小説を読んで、あらすじをまとめるアルバイトに携わり』とありました。
石井桃子さんは「ノンちゃん雲に乗る」の作者であり、クマのプーさん、ピーターラビットを自ら飜訳しました。
また、井伏鱒二訳のドリトル先生を最初に刊行したのは彼女が創設した白林少年館出版部だそうです。
星の王子さまの飜訳を内藤濯(ないとうあろう)氏に勧めたのも彼女でした。岩波から出ているやつです。
太宰治とのエピソードもなかなか興味深いモノが。

うーむ、わたしが子供の頃に好きだったドリトル先生も、元を辿れば菊池寛までさかのぼることができると。

もしかして、あの読みにくかったルパンに、石井桃子さんも関わっていたのでは、と考えたりしておりましたので、このイワンの馬鹿はタイムリーでありました。

というわけで、まあ、短く読めてそれなりに面白い作品でした。


posted by Red56 at 01:34| Comment(0) | Kindle岳