2018年02月02日

『黒き淀みのヘドロさん』の予測できない余韻

昼寝研究所寝言レポート#1413

いつも通り怒濤の戦いを終えてなんとか無事に週末を迎えることができてもうこのノートパソコンは最高だなと忙しすぎてとりあえず自分の手近にあるものを褒めちぎることで人間としてのカタチを保ちつつお送りする寝言日記でございます。

==================

というわけで、忙しかった一週間があっと言う間に終わりましたが、小説が思いのほか進みました。ありがとう御堂筋線。ありがとうGPD Pocket。

いま読み始めたのはタイトルだけで傑作の臭い。『ビーンク&ロサ』を生み出した模造クリスタル先生の『黒き淀みのヘドロさん』です。第二話まで読みました。不思議なマンガ。なんでしょうこれは。不思議なマンガという言葉意外で表すとしたら、とても不思議なマンガです。

いまWikiで見たら模造クリスタルというのはサークル名らしいです。
詳細はわかりませんが……

読み終えました。

うわー、りもん先生に全部持って行かれた〜

また一つ心に残る作品に出会えました。
変なマンガ。なんでしょうこれは。それ以外の言葉で表すとしたら、とても変なマンガです。



==================

娘に萩尾望都先生の短編集『半神』を渡してみました。
読み終えたというので、わたしも表題作を何年かぶりに再読してみました。
おお……もう言うことはありません。
すごいマンガです。



とてもすごいマンガです。

==================

twitterでヤマダさんのツイートに一言返事をしたら思いがけずたくさんのリプライが。
その一連の出来事がちょっとおもしろかったです。

==================

というわけで昨日2018年2月1日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は1冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は590ページ。ありがとうございました。

さあ、週末も少し小説を進めたいと思います。予想外の章が始まってしまったので、この着地点が難しいところ。まあ、もうそろそろ何もかも固まっていますが。

まだ先は長いなあ……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を完全に忘れています……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!


私的名作マンガ(Kindleで入手可能なもの)







2018年02月01日

うらやんだり感謝したり

昼寝研究所寝言レポート#1412

いつも通りAbemaTVの麻雀チャンネルのビデオで2017年のRTDリーグの熱い戦いを見ていたわけですが昨日の真夜中を越えたところで突然見れなくなりどうやら無料期間が終了したということらしくそもそもそんな期間を過ごしていたことも気がつかなかった自分のもう二度と戻らないモラトリアムを遠い目で思い出しながらお送りする寝言日記でございます。

==================

そうなんですよ……
まさかあのビデオが有料扱いだったとは。
まあ、あのクオリティのものをタダで見ようなんて、確かに虫が良すぎます……
虫が良すぎるってどういうアレで生まれた言葉ですか?

さあ、ここで改めて月額960円のプレミアムプランを契約するかどうか、という選択肢が表示されました。
で、契約して一月は無料だそうです。
……まあ、ちょっと契約してみます。
だってまだまだ白鳥翔、村上淳、小林剛、猿川真寿、鈴木たろう、多井隆晴といった魅力的なプロの戦いを見ていたいわけです。というかなぜ鈴木たろうプロは皆に(解説者にも)「たろう」と呼ばれているのか。

まあ、2017RTDリーグを見終わったところで止めるつもりですが……
でも2018の試合も既に始まっているわけで、これはもうAbemaTVの思うツボか……

さて、そんなAbemaTVはサイバーエージェントという大きな会社がやっているわけですが、その代表である藤田晋氏。彼は上記のRTDリーグに「素人」として唯一参戦しております。堂々たる戦いぶりです。
その藤田氏に子会社のメディアによるインタビュー企画が。

「お金どうしてるんですか?」嫌がる藤田晋に無理やり資産運用について語らせた


うひゃー、なんじゃこりゃ。
おもしろいです。

==================

さて、KDP作家の丸木戸サキさんのブログでわたしのブログ本が取り上げられておりました。
http://blog.livedoor.jp/love_sick_blue/archives/52242206.html

ありがとうございます〜

サキさんはわたしの『青い月夜の特別なこと』を出した直後にお読みいただいて『あれは一体何だったのか』という気になるつぶやきをされてました。あれって何ですかと聞いてみると……わたしがまったく回収し忘れていたことの指摘でした!
というわけで、あの小説の完成度を少し高めていただきました。感謝感謝!

==================

「全国書店員が選んだおすすめコミック2018」の1位に『とんがり帽子のアトリエ』が選ばれました。
いや、素晴らしい作品ですよ。美しい絵でファンタジーを繰り広げている。わたしも続刊をたのしみにしている作品です。2巻の特装版についていたイラスト集も嬉しかったですし、特典が何か知りませんが、2月発売予定の3巻も特装版を買うでしょう。

が、それでも、2017年の最大のオススメ本は『映像研には手を出すな!』ではないのかと! ベスト15にも入ってないなんて!

……まあ、単なる好みです。

ベスト15は未読のマンガが多いので、おもしろそうなタイトルを知ることができてラッキー、ということで。



==================

というわけで昨日2018年1月31日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版も1冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は448ページ。ありがとうございました。

さあ、今日も電車の中で小説が進んで、ついに年末から書いていた章が終わって次の展開へ。長かった〜

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を完全に忘れています……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!


私的名作マンガ(Kindleで入手可能なもの)








posted by Red56 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

世界の奥深さを知る『このセルフパブリッシングがすごい!』2018年版

昼寝研究所寝言レポート#1411

いつも通り週の半ばは忙しくてまったりと呪詛の言葉を吐き散らしたり床の上で楽しげにのたうち回っているうちに過ぎていくのですがこれがいつまで続くのか想像するだけでまったくもってもう新発明の呪詛のバーゲンセールが始まりそうな予感に打ち震えつつお送りする寝言日記でございます。

==================

あら嬉しや。
気がついたら『チョコレートの天使』に13件目のレビューが!
最多のレビュー数は『青い月夜の特別なこと』の14件なのですが、長さとしては倍以上なので、最後までたどり着くのも大変かと。
情景が映画のように頭に浮かぶとのこと。嬉しい感想ありがとうございました!

昨年10月にPrime Readingに選ばれてから3ヶ月ほどで4件のレビューが増えたことになります。
このオハナシは2014年の2月にリリースしているので、そこから3年と8ヶ月かけて9件のレビューをいただいたことを考えると、すごいペースで増えたことになります。

今日も、昼間に一瞬だけ『SF・ホラー・ファンタジー』で6位になっていました!
よろしければ感想をお願いいたします〜

==================

本日、ついにアレがリリースされました!
『このセルフパブリッシングがすごい!』の2018年版デス!

待ちかねたよ〜
編集、ご苦労様です。
キュートな表紙がいいです。
このセルフパブリッシングが眠い! と思うようなインパクト! それはそれでおもしろい!

小説を書くというのは孤独な作業ですが、このような企画で他の人の言葉が読めたり、まったく知らない作品の紹介を読むことができるというのは実に刺激的です。

わたしもアンケートに参加して、気に入った作品を挙げさせてもらいました。
まあ、そもそも読んでいる量が少ないのですが……

わたしの小説を挙げていただいた人もいます。ありがとうございました。

今年もおもしろそうな作品がたくさん紹介されています。
もっと読まなきゃな〜

いまは有料ですが、もうしばらくすると、無料になります。
セルフパブリッシングの世界の広さを感じられる一冊となっております。



そして、わたしが挙げた中の一冊。


*最初は2017年度版と書いていましたが、正式には2018年度版ということになるそうです。ということで、記事の修正をしました。

==================

というわけで昨日2018年1月30日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は5冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は605ページ。ありがとうございました。

さあ、本日も電車の中で小説が進む進む。
こんなハイペースだとひょっとすると完成してしまうかもな〜

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を完全に忘れています……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!


私的名作マンガ(Kindleで入手可能なもの)








posted by Red56 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のオススメ

2018年01月30日

甘味受容体と天使供給体

昼寝研究所寝言レポート#1410

いつも通り小鳥のことを考えたりいくらのことを考えたりしているうちに一日が終わっていくことのむなしさを考えたりしているうちになんとかなるんじゃないかとやや楽観的なことも考えたりしているうちに何一つ結論が得られない状態でどどんとお送りする寝言日記でございます。

==================

『チョコレートの天使』が『SF・ホラー・ファンタジー』ランキングで夕方ぐらいに7位になっておりました。
ありがとうございます&バレンタインと何の関係もなくてスミマセン。

いったい誰がどの程度読んでいるのか……

いまはもう9位ですが、それでも上位に行きすぎだろ……
ええんか……
嬉しいような恐ろしいような。

まあ、こういうことが起こるのもKindleの利用者がまだまだ少数だから、ということでしょうか。

==================

本日は行きも帰りも電車の中で小説を書いてみました。
いやあ、これがすごく進みます。
というか、家の方が落ち着いて書けそうなものですが、電車の中という『他に何もできない状態』だと書くしかないのです。

なんだよ、家でも頑張れよ〜
と思いますが、まあ、仕事を延々した後だと、ちょっと羽を伸ばしたり爪を伸ばしたりしたくなるのです。

でないと明日頑張れない……

==================

いや、しかし、結構進みましたよ。
今日見たら55000字。あれ? 年末に5万字ぐらいだったような……
これで、2/3ぐらいなのかなあ。
頑張って書き進めるしかないのです。

タイトルもそろそろ固めないと……『青い月夜〜』のシリーズ第三弾で、最後の話です。
あ、第二弾も最後と思ってましたけど、今度こそ最後です。
表紙のデザインは基本使い回しなので、もうほとんどできています。
タイトル、どうしましょうか……

==================

いま、次に読む小説を決めつつあります。
古いミステリの短編集。
一ページ目から雰囲気出しております。
といいつつまだ一ページしか読んでいないのです。

==================

というわけで、昨日2018年1月29日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は2冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は713ページ。ありがとうございました。

あとちょっと小説を進めますか。
良いシーンが書けたなあ〜と思うのですが、明日読み直してまだそう感じられるかは微妙かと。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を完全に忘れています……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!


私的名作マンガ(Kindleで入手可能なもの)







posted by Red56 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月29日

きっと誰かの道を変える『ブルー・ピリオド』

昼寝研究所寝言レポート#1409

いつも通りそれは言葉じゃないということを思い知りながらでも自分が書いているのは小説だしこれはマンガだからしょうがないよなあと諦めながら結局本質的にそれが何かはわかっていないのに目から入り感情を乱し水となり目から出ていく現象に震えながらお送りする寝言日記でございます。

==================

昼休みにAmazonでKindleのマンガの一覧をみていたら、目についた表紙。
良い表情です。

山口つばさ『ブルー・ピリオド』とあります。

Amazonの紹介は……
『成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつ 〜略〜
美術のノウハウうんちく満載、美大を目指して青春を燃やすスポ根受験物語〜略』
なんかおもしろそうです。

セールでも何でもありませんが購入してみました。

帰りの電車の中、空いていたら小説を書こうと思っていましたが、御堂筋線はそれなりの混雑。なので、昼間に購入したマンガを読み始めたら……

最初の第一話……じゃなくて『一筆目』の最初の一ページの最初のモノローグで、ああタイトルってアレか、と。

主人公の少年、矢口は高校二年生。ちょっと悪い友達とウマいこと付き合い、勉強はソツなくこなす器用な奴です。
そんな自分がクールだと信じていた彼は『できない奴にも比較的いい点をくれる』という理由で『サボりとオタク』しか取らない『選択美術』を選びました。
そこで、彼は生徒が描いた一枚の絵に出会ってしまいます。

うおお、シビれる。

『美術なんてどうでも良いじゃん』
何度も自分に言い聞かせます。

技術も何もわからず、それでも自分が青いと思った街の絵を描いて提出します。
その絵の感想を聞いた矢口は――

ああ、これです。
理屈が常識に留めようとする。
気がつけばそれに抗って、理を越えた衝動に従ってしまう。

で、ここで先生の存在が頼もしいのです。
芸大を受験することのリスクと、それによって得られるリターンについて、ちゃんと教えてくれる。

うわー、若い頃にこのマンガを読んでいたら……

強烈にオススメです。




==================

本日、小説の感想をメールでいただきました〜
KH様、ありがとうございました!
本当に小説を書くエネルギーを貯めることができるのです。
あと『青い月夜の特別なこと』の矛盾を一つ指摘されました〜
おお、なんじゃこりゃ。
不思議なことになっている……

こっそり直したいと思います。

==================

というわけで昨日2018年1月28日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版は4冊でした。
Kindle Unlimitedの既読ページ数は182ページでした。ありがとうございました。

さあ、小説は本日も少しだけ進みます。
いつ終わるんじゃろか……

とにかく今日はブルー・ピリオド。これにつきます。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を完全に忘れています……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
・あらためて『エリア51』に手を出しました!


私的名作マンガ(Kindleで入手可能なもの)