2017年09月28日

iPad mini 4の128GBの定価は45800円ですから

昼寝研究所寝言レポート#1286

いつも通りいろいろなことが思い通りにいかなくてもいつも通り跳ぶ前に諦めていれば痛くもかゆくもないから頬に流れ続ける涙はただのホコリのせいだってもう何年も言ってるでしょと半ば叫びながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

iPad mini。
初代。持ってます。
わたしが入手したITガジェットの中では3本の指に入る満足度の高い製品でした。

で、まあ、使い続けていたのですが、新しいOSだともっさりとしか動かないなあ、と感じ始めていつの間にかたまにしか触らないようになっておりました。

これでKindleのコミックを読むのがとても良い具合なのです。
そのKindleの動作が重くなってきて、それでもこの紙の本に近い比率(Android端末の16:9なんて比率のコミックは存在しないでしょ?)でこのコンパクトなサイズは他にない貴重なものだったのです。

で、初代iPad miniが最新OS対応機種から外されて数年。がそろそろ新しいiPad miniを買うか、と漠然と考えていたのですが、ここへきてiOS 11がiPadでは大きく操作性が進化したということで、もうこれは触っておかなければなるまいと思って購入を決意したのです!

が、なぜかまったくアップデートされないiPad mini。
現行機種iPad mini 4は三世代前のCPU Apple A8を搭載。値段は、まあ、128GBのメモリを積んで45800円と、iPadファミリー内では比較的お安い方かと。
でも、税別45800円ですよ……しょうがないからこの古いやつにするわ、と妥協して買う額じゃないです。

それでも、まあ、iPad miniは2も3もiOS 11に対応しているから、4ももう5年ぐらいは使い続けられるのかもしれません。

しかし、発売が2015年の9月。
2年前のアーキテクチャですよ。
iPhone 6sが同時に発表されていて、6sはApple A9を積んでいたのですが……

あ、いま調べたら発表当時のiPad mini 4は128GBモデルが6万4800円とあります。
そうか……値下げはされているんですね。
でも、望んでいるのは古いモデルの値下げではなく、A11を搭載したイマドキのiPad miniなのです!
iPad mini Xでも可!
勢いで書いたけど、出てほしいです。そして出るなら早く教えてほしいです。

うわー、いま通販のヤマダモールを見たけどある業者の店でiPad miniが2年前の16GBがほぼ定価(税込42,900円)で売られている……
気をつけないと! 今は128GBが税別45800円で買えますよ!

ひどい商売もあったものです……

=====================

で、実は夕方にヤマダ電機でiPad mini 4を見に行ったのですが、在庫切れでした。
ついでにiMacのカスタマイズ(FusionドライブをSSDに変えたモデル)が店頭で注文できるかを聞いてみました。
答えはNG。
カスタマイズなしのモデルなら多少の割引とポイントがついてお得ですが、カスタマイズの場合はもうApple Storeか通販で頼むしかないようです。

そうか……
でもHigh Sierraのすごさを体感するにはSSDだよなあ……

というわけで、欲しいのはゲーミングノートなのかiMacなのかiPad miniなのか混沌としてきているような気もしますが、答えは単純明快で『全部』ということです。

=====================

さあ、そんなタワゴトを書いてばかりですが……

今日、会社で新しいMacBook Proを(別の人が)買ったのですが、MacBook 2017のスペック、改めてスゴいです。なんか理想の大きさ、重さがここにあった……
高さ:1.55 cm
幅:34.93 cm
奥行き:24.07 cm
重量:1.83 kg

まあ、高すぎますし、せめてもう少しちゃんとしたGPUを載せてくれればいいのですが……
30万円のモデルにはGTX 1060相当のものが載ってほしい……

=====================

というわけで昨日2017年9月27日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は0冊。無料版は1冊でした。
既読ページ数は803ページでした。ありがとうございました。

『サマータイムリバース』の修正を行いつつ『六花抄』もまた読み返しています。

あ、『スペースシップラプソディ』ですが、昨日の分がキリが良いところで終わっているので、連載終了とさせていただきます。長年のご愛顧ありがとうございました!
続きが読みたい方はその気持を創作ダンスなどで訴えてくださればと思います。

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……




posted by Red56 at 23:17| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

楽々充電の愉悦(は長続きしなかった……)

昼寝研究所寝言レポート#1285

いつも通りなんとなく「MAX-Q Gigabyte」でGoogle検索をかけたら、新しいAEROの記事がヒットして鼻息荒く半ば宙に浮きながらお送りする寝言日記でございます。

=====================

まあ、AERO 15は前から十分に薄かったのですが、今回の新型AERO 15XはGTX 1070を搭載しながら同じサイズ同じ重さ(高さ19.9mm x 幅356.4mm x 奥行き250mm 2.1kg )という……
https://www.gigabyte.com/Laptop/AERO-15X#kf

お値段は2400ユーロぐらいからとのことで、日本円だと30万円ぐらいでしょうか。

まあ、これで前モデルがお安くなってくれれば、と思いながら、そもそも日本発売されていないからどうしようもないという……

液晶画面の周りの枠(ベゼル)が左右だと5mmしかないという大盤振る舞い。
それ故、同じ画面サイズのゲーミングノートに比べると一回り小さいのです。(Dellの画面同サイズ15.6インチのInspiron 15 7000は高さ: 24.95 mm x 幅: 389 mm x 奥行き: 274.7 mm 2.85kg)
このベゼルが狭い、というのが近年の大きな流れ。狭額縁(きょうがくぶち)と言われることもあります。

やっぱりこれが本命だなあ……GTX 1060搭載のAERO 15で十分です。
売っていないという些細な難点に目をつぶれば何の文句もありません。

特に興味のない皆様も「今日の食パン、ベゼルが狭いね」などと朝食の場で突然のたまってみてはいかがでしょうか。

=====================

*9/29追記 下記ケーブルですが、本日ぶっ壊れました! 一週間ぐらいもてよ

昨日、ドスパラというPCショップでマグネット式のスマートフォン充電ケーブルを購入しました。1300円ぐらい。
これ、専用ケーブルと小さなアダプタがセットになった商品です。常日頃からアダプタをケータイのマイクロUSB端子に差しっぱなしにしておきます。直径1cmぐらいのアダプタが五ミリ以上飛び出した形になりますが、充電時に専用ケーブルを近づけると、磁石でカッチリとくっついて充電できます。
充電が終わったらケーブルを外せばいいのです。

これで何が嬉しいかというと、
・スマホの端子の摩耗を防げる。
・鍵のかかった一人きりの部屋で充電中のケーブルをうっかり脚に引っかけてテーブルから飛んできたスマートフォンが頭に当たって倒れたところ打ち所が悪くて密室殺人だと無駄な騒ぎになるのを防げる。

主にこの2点でしょうか。

実は今までも同様の商品を使っていたのですが、そちらはやや繊細な作りになっていて「充電もデータ通信もできる」というのが売りだったのですが、どうも磁石でくっつけるなんて手法ではきっちりと接触が保てなかったようで、データ通信も充電も不安定という情けない結果に。磁石でくっつけただけだとウンともスンともいわずに左右に揺すったりしてようやく通電させることができて、しかもちょっとした拍子にケーブルが傾いて充電できていないという……

ところが、ドスパラのこのケーブルは「充電のみ対応」で、プラスとマイナスだけつなげりゃいいんでしょ、という割り切った作り。
磁石もなかなかに強力で、気持ちよくくっついてくれます。充電もいまのところ失敗したことがありません。密室もできていません。

で、家で娘が使っているAndroid Tabletの充電端子がだいぶへたってきたので、こいつに変えました。

調子が良かったので、本日マイクロUSBとUSB-タイプCの二本のケーブルを買ってきて、GPD PocketとZenFone2に装着しました。
ケーブル部分は共通なのでかなり便利です。

ここで紹介されている画像だと3mmぐらいしか飛び出さないように書かれていますが、スマートフォン側の端子によっては深く刺さらないこともあるので、ご注意を。それでも特に支障はないかと思いますが。

9/29 追記 リンクは削除しました〜ちゃんとしていれば便利な製品ですが!

==================

というわけで、昨日2017年9月26日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は9冊でした。
既読ページ数は502ページ。ありがとうございました。

さあ、疑問文の語尾にちゃんと「?」をつける(つけなくてもいいから統一すること)という手間の掛かる修正を行っております。
なんか、でも疑問文のようでも断定することもあると思うので、そういうところにはつけなくてもいいですか?

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

『スペースシップラプソディ(仮)』第28回
「先生、怪しげな古くさいけど歌がどこからか聞こえてきます! 何故か涙が出てきます!」
 三尾が大きな声を出す。
 車内が笑い声に包まれる。何となくこの集団に馴染み切れていない俺にとってはありがたい雰囲気だったが、ふとこちらを見ている矢野と目が合った。
 苦笑いをするその目が、俺にはやけに冷たく思えた。
「あ、なんか発射台のランプが赤くなったよ」
 日菜子の声に俺は再び窓にかじりつく。
「レーザー照射装置の準備が始まったんだ。台から伸びているあの太いオレンジ色のケーブルがレーザー用の電源で、新しい宇宙港だと地下に設備が埋まっているんだけど、ほら、こんな古い場所では電源棟から直接電源を引いている。あの電源ケーブルの安全が確立されるまでにもちょっとした歴史があるんだけど……」
「へえ、そうなの」
 日菜子がうまいこと相づちを打ってくれたので、俺は矢野の表情のことなんか、あっという間に忘れてしまった。
 このときにもう少し深く考えておけば、なんてのは無理な注文だ。


未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
posted by Red56 at 21:57| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

High Sierraの誘惑

昼寝研究所寝言レポート#1284

いつも通り古いAdobe illustratorやPhotoshopのためにMac OSのアップデートを頑なに拒んでいた男が会社のマシンを最新OSにしたためにその決意も気力も嵐の前の灯火状態でお送りする寝言日記でございます。

=====================

そうなんですよ。
会社の開発PCは現在XCodeも使っていないし、いざとなればもう一台のWindows PCでもコードを書く作業が可能なので、思い切ってHigh Sierraにしたのです。

古い(2010年)のMac Proで起動ディスクをSSDにして使っているのですが、今回のOSアップデートはなんと30年変わることのなかった(ホントか?)ファイルシステムの刷新なのです。それこそSSDなどに最適化された設計になっているそうです。

とはいえ、7年前のMacです。
さほどの期待もせずに、いずれ上げなきゃならんから、仕事に影響が少ないうちにやっておけ、ぐらいの気持ちでアップデートしたのです。

まずはファームのアップデートからでした。
今回のOSの対応機種にギリギリ引っかかっているのですが、ファームアップまで面倒を見てくれるとは。

で、ファームアップ後にOSインストール。

一時間ほどで無事に新OSに。
環境はそのままでアップデートされました。
すると……

おお、なんかアプリの動きが軽いぞ。
さらにディスクやフォルダの情報があっという間にアップデートされる!
つまり、HDDの全体の使用量や空き容量がすぐにわかるということです。
これはすごい!

この全体の小気味よさを2010年のMac Proで味わうことができるのなら、滅多に使わないIllustlatorやPhotoshopは諦めてもいいかもしれません。

と思って家に帰ったらこんな記事が……
https://www.gizmodo.jp/2017/09/mac-os-high-sierra-10-13-vulnerability.html

どうやら、重要な情報が漏れる重大なセキュリティホールがあるようです。
しかも、9月の頭にAppleには通達してあるとのこと。
……なぜそれが解決されないままにHigh Sierraを出したのか謎ですが、ちょっと様子を見たいと思います。

まあ、古いAdobeのソフトは古いバージョンのJavaをうまいこと入れれば最新OSでも使えるようになるかもしれないので、ついでにその辺りの情報が出てくるのを待つということで。

しかし、あの快適さはいいよなあ……

=====================

さて、無事にAlienware 13 R3のセールをやり過ごしましたよ!
20万円も出すには重さと大きさという難点を看過できませんでした。

というわけで、いまドキドキしているのはDellのInspiron 15 7577に対してなのですが……まあ、当分これで懊悩(おうのう)を楽しみたいと思います。

本日どこぞのページでMacBook Proの新しいモデルがもうじき発表になるのでは、という噂を見てしまいました。
12月にiMac Proが発表になるのは公式にリリースされた情報ですが、そのタイミングでMacBook ProにもパワフルなGPUが載ったモデルが発表される、というは十分にありそうです。
まあ、iMacにしか搭載されていないRADEON Pro 570辺りでしょうか……あまり嬉しくないな……

あと、MicrosoftのSurfaceの新しいモデルが10月末に発表されるということです。現行のSurface BookはGTX 960Mを積んでいるものもあるので『薄くて軽くてGPUそこそこ』なマシンが新たに出てくるというのは楽しみです。

まあ、このゲーミングノートPCブームも結局iMacを購入して終了、という可能性もあります。
ただ、iMacだとSSD搭載じゃないモデルではHigh Sierraの新しいファイルフォーマットが適用されないという……

=====================

さて、というわけで昨日2017年9月25日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は2冊でした。
既読ページ数は84ページ。ありがとうございました!

さあ……なかなか小説を進める余裕がなくなってまいりました。
連載小説ももうすぐ途切れます。続きを書く予定は当分ありません……
今回、こうして晒すことで色々と考えていたことを思いだそうとしましたが……細部がわかりません。

まあ、そういうこともある。

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

『スペースシップラプソディ(仮)』第27回
「あっ、これ」
 日菜子が自分の席の前を指さす。
 テーブルの裏に古いシールが貼られていた。色褪せた丸眼鏡のキャラクタが親指を立てて雑なウインクをしている。
 俺も思わず「うわ、懐かしい」と声に出してしまう。日菜子が唐突に小さな声で歌い出す。
「ゆくぞ、僕等は、手と手つないで、辛い時にも立ち止まらない」
 思わず後に続く。ちゃんと歌詞とメロディーが出てきたことに自分でも驚いた。
「淋しくないぞ、挫けないんだ、いつも味方さ、正義と真実が」
 昔テレビでやっていたアニメーションだ。
 何度、学校の帰りにこの歌を友達と歌ったことか。その時の情景が、団地の建物の上に広がる青い空と共に思い出された。
「なんてタイトルだっけ?」と日菜子。しかし、俺にも思い出せなかった。シールの、おそらくはタイトルが描かれている部分が大きく破れている。


未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
posted by Red56 at 22:22| Comment(0) | 日記

2017年09月25日

本の雑誌2017年10月号の「辻真先ならこの十冊だ!」

昼寝研究所寝言レポート#1283

さていつも通りゲーミングノートの話を始めようと思いましたがただ迷っている現状をいくら呟いてももうアレかなと思いつつでも実際にアレなんだからしょうがないと開き直りつつお送りする寝言日記でございます。

==================

『本の雑誌』2017年10月号。
恒例の図書カード3万円お買い物企画でゲストの芳崎せいむ氏がくまざわ書店を選んだという記事も楽しいのですが、「この十冊」シリーズで今月選ばれたのが日本ミステリ界の奇跡辻真先先生です。おお、先生をつけると読みにくい。
というわけで書評家、村上貴史氏による『辻真先の10冊』をとても楽しく読ませていただきました。

最初に上げられていたのはやはり『仮題・中学生殺人事件』です。
わたしにとっても思い出深い作品。
最初の長編がこの『読者が犯人』と宣言して始まるトリッキーな作品だなんて、45年前から一人新本格ミステリ状態。

読んだのは高校生の頃だと記憶しておりますが、朝日ソノラマ文庫だったので、もしかするとキマイラを読んでいた中学生の時かもなあ。
わくわくしながら読み進めて、この奇抜な仕掛けが明かされた時のあの感情を忘れることができません。
世界中のトリック好きに読んでいただきたいユニークな超名作。

ポテトとスーパーのコンビが活躍する中学、高校、受験の三部作を読んだことを覚えておりますが、その後は追いかけてないのです。
まさか2013年まで40年も二人のシリーズが続いていようとは……

それから、印象深いのは『アリスの国の殺人』です。
ミステリ、というかフィクションにできないことはないのだ、という凄まじい衝撃を与えてくれました。
多分、わたしの小説に一番大きな影響を与えたのがこの作品だと、最近になって思うようになりました。
拙著『サマータイムリバース』は是非先生に読んでいただきたい、と思っていたのですが、有栖川先生に大きな穴を二つほど指摘されたので、いまはチマチマと穴を塞いでいます……

あ、辻先生はアニメの脚本も長らく書いておられて、うる星やつら、アラレちゃん、ゲゲゲの鬼太郎(第1期)などに関わっておられます。
あと、Wikipediaによればサザエさん第一回も辻先生と書いてあったので、Youtubeで探したら第一回の第一話『75点の天才』が脚本 辻真先とありました。
日本のアニメ界とミステリ界を支えてきたと言っても過言ではないかと。

そして、twitterをフォローさせてもらっていますが、いまでも新しいマンガ、アニメ、ミステリのチェックを日々欠かさないというその姿勢にはもう脱帽です。

ミステリ史に残るトリック。Kindle Unlimited対象になってます!


Kindle化されている作品もそれなりにありますが、著作の多さに比べるとまだまだ……
そしてあろうことか『アリスの国の殺人』が絶版に……
まあ、東京創元社さんがなんとかしてくれると信じてますよ!

==================

はい、ということで、昨日2017年9月24日の自作Kindle有料版ダウンロード数は0冊。無料版は3冊でした。
既読ページ数は343ページ。ありがとうございました。

さあ、チマチマ直すぞ!

本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

『スペースシップラプソディ(仮)』第26回
「思ったより小さいけど、なんか形が違う。下がずんぐりむっくり」と日菜子が言うので俺は小さくうなずいて説明する。
「やや古いタイプのレーザー推進機関だから、ロケット本体にも燃料を少し積んでいる。そのために下半身がちょっと大きいんだ。あのスカートの内側が鏡状になっていて、発射台から照射されるレーザーで空気をプラズマ化させて上昇力とする。最近のエンジンはもっとその辺りのエネルギー効率が良くなっているから、全体的に小型化されている。でも、俺はこの頃の派手な音と閃光を発して空へ飛び立っていくタイプが好きなんだ。かつてロケットは危険な水素燃料を大量に抱えて飛ばざるを得なかった。子供の頃に古い映画で見たその姿がロケット好きになったきっかけだから」
 あ、やばい。本物を前にしたせいで喋りすぎている。日頃あまり人にこんな話をしないものだから、程度がわからない。
「へえ、噂に聞いてたけど、航君ってかなりのロケット好きなんだね」
「え、いや、まあ、少し」
 俺は窓から体を離して座席に普通に座る。このままでは前で遠足ごっこをしている三尾達よりも自分が滑稽な気がしたからだ。あまり『普通』から遠ざからないように自覚する必要はあるだろう。
 前の座席の背中を見る。古い型のバスだ。目の高さに古いプラスティックの手すり。その下に折りたたみテーブル。その下に何かを入れるための網。これもなかなか味わい深いものがある。


未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……

posted by Red56 at 22:57| Comment(0) | Kindle小説の面白いやつ

2017年09月24日

しつこくゲーミングノートについて迷いつつづける日々。そしてバナナ



さていつも通りゲーミングPCの情報に右往左往しつつと書いたところで本当にそれじゃあいつも通りだよと自分にツッコミを入れつつそのことがいつも通りではないということだからいいかと瞬時に妥協しながらお送りする寝言日記でございます。

==================

出ましたよ。
いつの間にやら。
日本のDELLでも新型のInspiron 15 7000ゲーミングノートが販売開始になりました!
http://www.dell.com/jp/p/inspiron-15-7577-laptop/pd?ref=PD_Family

旧モデルとの差はズバリ
・NVIDIA GTX 1060が選択可能
・液晶パネルがIPS

という2点。
これは大きい!

公式ページによればサイズは
高さ: 24.95mm x 幅: 389mm x 奥行き: 274.7mm
最小重量: 2.65kg
だそうです。

最小重量ってなに?

調べてみたら、グラフィックボードが1050だと2.65ですが、1060だと2.85kgだと米国のengadgetに説明が
https://www.engadget.com/2017/08/30/dell-inspiron-7000-gaming-laptop-gtx-1060-refresh/

重い!
重すぎる!

明日には21%セールが終わるAlienware 13 R3のサイズが
高さ: 22mm x 幅: 330mm x 奥行き: 269mm で重量が2.6kgだから

ええっと……Inspiron15が横に5cmでかいと。
そして、250g重いと。

あまり変わらんな……いや、横に5cmはかなり違うか……
そもそもInspironの液晶が15.6でAlienwareが13インチなのに、Alienwareが縦にでかすぎるのです。
冷却システムのせいで。

……まあ、ゲーミングPCで冷却に文句を言ったらバチがあたるので、ここはもうこういうものだと思っておきましょう。


値段はInspironが税込み139000円でAlienwareが187700円(有機ELモデル)

おお、5万円ぐらいの差があるのか……

で、ここまで材料を並べて比較して、さて、持っていて楽しいのはどちらかというと……
そりゃAlienwareでしょうが。

でもなあ、RAZER BLADEは同じGPUで薄くて軽いよなあ……

などと迷っているこの時間のなんと幸せなことか。

このAlienwareセールをやり過ごすと、きっとその先には冷却システムの小型化&有機EL液晶という夢の13インチモデルがどどーんと発表されるに違いないと思っているのです。
が、そのときには値段が25万円ぐらいから、となるのではないかと。
うーむ……

あとはGigabyteが比較できる土俵に上がってくれるといいのですが……

本日もそんなことをぼんやりと考えているうちに一日が終わりましたとさ。

==================

こんな日記がいつまでも続いて良いわけがない!
と思いつつ、購入するまではちょくちょくこんなふうになってしまうんでしょうか。

==================

というわけで昨日2017年9月23日の自作Kindle有料版ダウンロード数は5冊。無料版は8冊でした。いつもよりかなり多いです。
既読ページ数は409ページ。ありがとうございました。

小説は……文章をひたすら修正するという地味な作業。
まあ、ゆっくりと直します……

それでは本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

『スペースシップラプソディ(仮)』第25回
 前の席では三尾と上川が下らない会話を続けている。宇宙船に乗り込むという行為は近い将来、それほど特別なことではなくなるだろうが、いまは君達も周りの様子を見るべきではないのかと思ったけれど、それは{僻|ひが}みか。
「ねえねえ、おやつはバナナに入りますか〜」「おやつとバナナの共通点を列挙してみたまえ」「どちらも三文字でしょ、それからどちらもカバンと胃袋に入るでしょ。それからどちらも頭に乗せることができるでしょ」上川の言葉を聞いて三尾がスナック菓子の袋を頭に乗せて「おー、本当だ。まるでバナナ」と大げさな声を上げる。
 日菜子が小さく笑う。目が合った。うわ、何を話せばいいんだ。
「ねえ、席、替わってあげようか」
 と日菜子。もう何の迷いもなく「ありがとう」と俺は席を立ち上がり通路へ待避。日菜子も一度通路へ出る。俺が窓際に座る。日菜子の体温が残っていた。ちょっと嬉しいけど、いまはそんなことより発射台が近づいていることの方が重要だ。
「あれがわたし達の乗る船かな」
 日菜子が言った。俺に訊ねてくるか。
「うん。そうだね。船体に型番が書いてある」
 一瞬もこの光景を見逃したくないので、振り向きもせず応じる。矢野が「あと五分ぐらいで着くから、荷物忘れないようにな」と皆に告げる。三尾が「特にバナナ」と付け足した。



未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいですとか言って上巻を忘れつつあります……
・『徒然チルドレン』もう一回読んでからとか言っていつ読むのか……
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい。スゴすぎて次が読めん……
posted by Red56 at 22:48| Comment(0) | 日記