2017年06月08日

パソコンどれがいいかというどうでもいい話ですよ

昼寝研究所寝言レポート#1174

いつも通りブラウザで表示される広告がすべてゲーミングノートPCだったのに本日ついにGPD Pocketが出てきて感慨深くなりつつお送りする寝言日記でございます。

=====================

もう毎日のようにとっちらかったパソコンの話をするのはどうかと思うのです。
何を買うべきか絞りきれず、ああでもないこうでもないと思い悩んでいるのはきっと状況が整理できていないからだと思うのです。

よし、ここは一つちゃんと考えてみます。

まず、一番大切なことから決めたいと思います。
デスクトップとノートパソコンのどちらが必要か。

……
……
……ダメだ! 決められない!

……iMacの27インチの巨大画面というのはいままでのパソコン人生でも味わったことのない体験。
……しかし、持ち歩きのできるノートパソコンこそが……

……いや、ここはiMacでしょう。

よし、ちょっとしばらくiMacのことを調べます。

=====================

さて、最近はGPD WinというちっちゃいPCで電車の中でちまちまちまちまキーボードを打って小説を書いています。
ついに慣れてきました。
もう打ち間違いもあまりないです。
いいなあ、このPC。

そうなると、問題となるのはいま注文して到着を待つばかりとなったGPD Pocketです。

……これ本当にいるか?
うーん、どう見てもイルカじゃないよなあ……
しかし、GPD Winは親指打ち以外はできないという。
GPD Pocketは普通の打ち方ができることは多くの人がやっている動画を見たので、まあ、間違いないと。
で、もしもGPD Pocketが親指でもある程度入力ができるようだと、これはもうGPD Winに用がなくなるという……

ということで、その辺りの争いも目が離せませんね。

=====================

まあ、そう思うともはやノートパソコンは必要ないです。
でも、パソコンを使うのに必要な作業はもうノートパソコンで事足りているから、デスクトップパソコンも必要ないんですよ……

……結論として、新しいパソコンはもう必要ないんですよ。

でも、欲しいんですよ。
だから迷い続けているんですよ。
それが人生ってこと。それを結論にしてもいいですか。

=====================

そういえば、わたしの小説がついに全体的に順位が下がってきて『青い月夜の特別なこと』も【SF・ホラー・ファンタジー】の100位から外れてしまいました。
まあ、いままでが異常だったと。
新作でまた頑張ります。

昨日2017年6月7日の自作Kindle本有料版ダウンロード数は1冊。無料版は0冊。
既読ページ数は1795ページでした。ありがとうございました。

むー。ホントに新作がんばらないと。
もうすぐ100枚に達しそうですが、オモシロいのかな……

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』
posted by Red56 at 23:28| Comment(0) | 日記

2017年06月07日

マンガを読んでここまできました

昼寝研究所寝言レポート#1173

いつも通り懐かしいマンガを見つけてネットスゴイデスデスと心震わせながらお送りする寝言日記でございます。

==================

はい、問題はそのマンガの事をこの日記で話題にしたかどうかをすっからかんと忘れていることです。
すっからかんの誤用を交えつつちょっと思い出そうとしましたが、まったくこれっぽっちも思い出せない思い出したくないことばかりなので、もうリンク。
ふくやまけいこ先生の初単行本『ゼリービーンズ』でございます!
https://www.mangaz.com/book/detail/45631

優しさや孤独について考えてしまう作品。そして最後のセリフのカッコ良さ。
この名作が無料で読めるなんて!
お金を出せば宣伝なしのPDFが300円で買えるなんて!

==================

ということで、古いマンガのことを考えていて、ちょっと気になることを調べたら……
白取さん、3月に亡くなっていたんだ……
もう何年もブログを読ませてもらっていました。
ありがとうございました。

==================

いま思ったのですが、iMacを買うというのもありかも。
選ぶとしたら27インチの一番安いヤツかな……

うーむ、いいかも。
で、Radeon Pro 570の性能がよくわからないという……
これでNieR Automataをやった動画が上がるのを待ちたいと思いますが、わざわざBootCampでWindows入れてゲームをやる人がいるのか?
というか、いまその動画をあげれば、きっと気にしている人がみんな見るかと思います!

……でも、持ち運べないのはやっぱりダメかなあ……

==================

今日は短めですが。
昨日2017年6月6日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は0冊でした。
既読ページ数は929ページ。ありがとうございました。
自作小説はそれなりに進んでいます。多分1日原稿用紙2枚ぐらいのペースかと。
……遅い。

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』
posted by Red56 at 23:23| Comment(0) | 日記

2017年06月06日

After The Hardware Rush

昼寝研究所寝言レポート#1172

いつも通りWWDCの次の日ならではの空虚な気持ちを胸やおでこや喉仏に抱えつつお送りする寝言日記でございます。

==================

iPad Pro。結構です。
iMac新しくなりました。年末にはiMac Proも出ます。
MacBook Proも新しくなり、それなりに新しいチップセットがようやく搭載されました。
密かにMacBookとMacBook Airも新しくなってます。

そして、いずれも大変にお高いものとなっております。

……MacBook ProにRadeon Pro 560を載せようとすると最低でも税込み\291,384です。
約30万円。

……高い。高すぎる……
正直、発表されたばかりでRadeon Pro 560の性能がよくわかりませんが、とりあえずモバイル用製品ということで、現状のデスクトップ向け製品から微妙にあれこれ間引かれたグラフィックボードのようです。

30万円にコレか……

この一連の発表を見ても、未だに一番欲しいのがGigabyteのAERO 15というのは変わらないです……変えてほしかった。

でも、MacはMac OSなんだよなあ……小説を書く環境も表紙を作成する環境もMacで揃えてあるんですよ……
まあ、大した表紙でもないし、GIMPなどのフリーソフトでもできるとは思いますが……

結局のところ、Mac OSが好きなのですが……

ああ……

どれもこれも10万安くなってくれよ……

==================

さて、今日はおもしろいマンガを読んでおります。
6巻まで読み返してしまいました……

また『響〜小説家になる方法〜』です。

……えー、か弱そうな女子高生が小説の天才で、初対面の人を殴ったり蹴ったりする話です。
いや、マジで。もうめちゃくちゃ。
6巻のあのシーンはかなり引きます。
が、おもしろい。
……この後、奇矯な行動がインフレ状態になったらちょっと心配ですが……



==================

昨日2017年6月5日の自作Kindle有料版ダウンロード数は2冊。無料版は0冊でした。
既読ページ数は2130ページ。久々の2000超えだ〜! ありがとうございました。

そして、今日はその反動で緩ーいペースになっているようです。

さあ、小説をちょろっと書いておくか。

本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』
posted by Red56 at 23:05| Comment(0) | 日記

2017年06月05日

祭の前の長閑けさ

昼寝研究所寝言レポート#1171

いつも通りWWDCの直前のやや不安を交えた高揚を胸やおでこや膝小僧に抱えつつお送りする寝言日記でございます。

==================

いやあ、どうなるんでしょう。MacBook Pro。
Proを名乗るに相応しい高性能っぷりを見せつけてほしいものです。
もう望むのはそれだけ。

Proがしょぼーんな内容になったときのことを考えて、MacBookがちょびっと高性能になって、お値段そのままでという妄想も進めておきます。
で、10万ぐらいのGeForce1050Tiが載ったノートパソコンとMacBookを買っておお、25万ちょっとに出費が抑えられました。
なんてことがやりたいわけではまったくないのですが、どうしましょうか。

……なにを?

まあ、アレです。いま一番欲しいのは日本で売られていないGIGABYTEのAERO15です!
ダントツです。
どうですか! この大胆な色!
http://www.gigabyte.jp/Laptop/AERO-15
しかし、日本のサイトで見ることができるのに、売ってくれないという……
ちょっとサイズの小さいAERO14でもいいですから!
なんとかしてください!

==================

とまあ、やや挙動不審に浮かれているところへ愛聴しているPodcastのbackspace.fmが久々に西川善司さんのZサイド#15。
ハードウェアに色々詳しい謎のライターさんです。
ついこの間までゲーミングPCにまったくこれっぽっちも興味がなかったのですが、ニワカに気になりだしてからの初Zサイドということで、これまた浮かれて聞いております。今回は善司さんが子供の頃にどのようなマイコン体験をしてきたかが語られるというスゴイ回になっております。

http://backspace.fm/

==================

『響』おもしろいなあ……
昨日、結局最新6巻まで読みました。
あと三ヶ月ぐらいは7巻が出ないようです。

そして、また1巻から読み返し始めてしまって、途中で我に返って止めました。
いやあ、なんじゃこりゃ。
暴力はイカンよ。
と思いつつ惹かれてしまう……



==================

あ、虫嫌いの人の『チョコレートの天使』の感想が……
すんません。
まあ、わたしもあんなニョロニョロした虫は好きではありませんが、書くとなるとそれなりにインパクトのあるものを出さなきゃならないので……
https://bookmeter.com/books/7977538

とにかく、感想ありがとうございました! 次は『青い月夜の特別なこと』あたりを是非!



==================

昨日2017年6月4日の自作Kindle有料版ダウンロード数は3冊。無料版は2冊でした。
既読ページ数は1032でした。ありがとうございました。

そして、上の感想もありましたが、いま何故か700ページもチョコレートの天使が読まれております。
ありがたや〜

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』


posted by Red56 at 23:11| Comment(0) | 日記

2017年06月04日

話題の『響』にやられました!

昼寝研究所寝言レポート#1170

いつも通りの休日がいつも通りに終わっていくことの恐ろしさにおののきながらお送りする寝言日記でございます。

==================

まずは又吉直樹先生にありがとうと言わせてください。
『嵐にしやがれ』でおもしろい本として紹介されたのが……
なんと! 泡坂妻夫大先生のヨギガンジーシリーズ第三弾『生者と死者』ですよ!

いま調べたらAmazonの紙の本ミステリランキングで3位に!
スゴイ!
穂村弘さんの本も一緒に紹介されていて、あの瞬間、テレビを見ていてかなりテンションが上がりました!

っていうか、わたしは『生者と死者』を例によって持っているけど読んでいません!
発売した当時に買ったのですが、いまはどこにあるのかな……
持っていたはずですが、袋とじを開けなければ読めないというあの禁断の書。
二冊買わなきゃな、と思っているうちに書店から姿を消していました。

が、ここへ来てのこの扱い。
これは読まねば。

まあ、作品としておもしろいのかどうかという評価が微妙だったというのも読まなかった理由の一つだったのですが……

どちらかというとヨギガンジーものの第二作目の方が仕掛けとしてはスゴイのですが、それが伝わりにくいというのは確かにあるので。三作目は聞いただけでその奇天烈さが伝わります。

それにしても、なんで又吉先生が泡坂妻夫作品を、と思ったけど、考えてみれば泡坂先生も直木賞受賞されていました!
確か受賞の記者会見で手品を披露したという先生らしいエピソードがあったはず。

……うわ、いま調べたら直木賞受賞作の『蔭桔梗』は新潮社の文庫にありますが、紙の本は入手不可
こちらは紋章上絵紙が家業だった先生ならではの、職人の世界を書いたもの。
はい、未読です。スミマセン……

というわけで、敢えてここは二作目をオススメ!
ヨギガンジーの二作目と三作目は物語が書籍という形態であるところをトリックにしているので、電子書籍にはできません。
紙の本でお楽しみください。



==================

そして、先日の9割ポイント還元キャンペーンで(ポイントの還元が時間差で来ることなど知らずに)買いまくったマンガの色々な1巻を読んでみましたが、本日あの話題作『響〜小説家になる方法〜』を読みました!
そして、いま5巻目を読もうとしています!
やばい! とてもおもしろいです!
正直、絵はまだ未完成かと思いましたが、内容がなかなかスリリング。

今年のマンガ大賞も納得です。

あ、この柳本光晴という作家さんの過去の本『女の子が死ぬ話』と『きっと可愛い女の子だから』って両方とも読んでました。
そうか。これでブレイクしたのか……
おめでとうございます!

……うわースゴイ。
5巻ヤバい。
止まらない……
というか響ちゃんを誰か止めて。

因みに、今のところ「小説家になる方法」は「天才であること」意外にはないような気もしますが……
あ、別にそれで食べていけるかどうかは別なのか。キビシイですねえ……



==================

はい、昨日2017年6月3日の自作Kindle有料版ダウンロード数は1冊。無料版は3冊でした。
既読ページ数は1514ページ。ありがとうございました。

うーむ、5巻を読み終えてしまった……

というわけで、本日もお疲れ様でした。
お休みなさい。

未消化のネタ
・困ったときには自作小説の紹介
・困ったときには詩のような戯れ言を垂れ流すこと
・困った時には今月の本の雑誌
・『無限島』下巻読みたいです
・『徒然チルドレン』もう一回読んでから
・『約束のネバーランド』3巻読んだら
・『蝉時雨のやむ頃』やっぱりすごい
・ついに読みました『AIの遺電子』